Information

Categories
Archives
New Release DVD
Airport
view02.jpg

 ホノルルのエアポートじゅうに無線LANがあって、これは世の中進んだもんだ、と書こうとしたら、有料だしサインアップやらなんやらが面倒だった。ま、それにしてもこんなところでMacからブログを更新する俺がいるのは、以前なら想像し難かったことだ。

54cm.jpg

 名残惜しいのはだいたいどこへ行っても同じだ。だからまた行く。何度も行くのは思い入れが強いと言うことなのかな、やはり。ここにはおそらくまた来ることになると思う。ここだけでなく、ビッグアイランドやカウアイにも行ってみたい。

coco.jpg

 それにピーコックバスが釣れると言うことは魅力的だ。トップウォーターには最高のターゲットだと思う。数はそこそこだけれど、キャッチしたのは40upばかりだし、最終日には54cm!をキャッチして千野氏やもうひとりのガイドのハワード、日本人のお客さんを驚かせた。

view03.jpg

 そんなこんなで旅は終わる。
  • (2008-10-22 06:36:44)
North Shore
shower.jpg

 凄いところだと思う。とてもダイナミックで美しく、信じられないような光景があたりまえのように広がっている。ただドライブしただけなのに、それらはググッとビビっと心に訴えかけるのだった。サーファーがここで波に乗りたいと思うのは、何も波の良さだけではないだろう。

 朝出かけて、東側からぐるりと島を巡った。寄り道をしても夕方には帰って来れたから、千野氏も言うようにお手軽なドライブコースだ。海だとか山だとか高原だとか何だとか、途中で何度も止まって写真を撮った。昼飯は道路沿いでエビを食った。炎天下にひとりで列に並ぶのはなかなかきつい。こんなに順番を待って飯を食ったのはいつ以来かさえわからない。旨かったのだけれど、これだけ空腹でこれだけ待たされればそりゃ旨いっちゅうねん。いったいほんとに旨いのか、難しい問題だ。

aloha_surf_hotel.jpg

 帰ってMacに写真を読み込もうとしたら、どうもUSBのコードのせいで(そうでなければえらいこっちゃ!)何べんやってもうまくいかない。ホテル近辺でコードを探してみたものの、どこにもない。困った。帰れば何とかなると思うんだけど。と言うわけで、今日の写真はおあずけに。

 それにしてもドライブしてみて良かった。ハワイの、しかもオアフがこれほどのもんだったとは少し驚きだ。また必ず来るだろうと思う。と言うより、もう帰りたくない。
  • (2008-10-20 16:38:53)
Cloudy Sky
cloudy_sky.jpg

 いやな予感がしたよな、朝起きて空を見た時に。今日は釣りを休む日なのに、丁度ええ感じの曇り空なのだった。案の定、夕方、千野氏に連絡を入れると「今日は凄かったです」だと。行きたかった。

 ダラーでレンタカーを借りて、今日はアウトレットとスリフト巡り。9時の迎えを待つが忘れていたらしく、フロントに問い合わせてもらってようやくダラーへ。赤いPTクルーザーに乗り込み、借りたカーナビに住所を入れて出発したはいいが、案内の彼女が中国語を話すのでどうも困る。どうにか設定を変えようとするもわからず、結局ダラーに戻って設定し直してもらった。今日の不運を暗示か?

fishin_bucket.jpg

 まずはWaipahuのアウトレットへ。これが期待したほどではなく、SUBWAYで昼飯を食って、そしてスタバでカプチーノを飲んだら、今度はスリフトへ。スリフトは初めてだけれど、やっぱり俺にはこっちの方がワクワクする。古着の臭いが鼻をつく。おっ、何やらジャンクも家具もあるぞ。この小汚い感じがなかなかいいのだ。

 今年行ったロングビーチのアンティークショップのように決して洒落てはいない。本当に地元のリサイクルショップ然としていて、地味で散らかっていてチープだ。アジア系のおばちゃんとばあちゃんが取り仕切る、最後に行ったスリフトなんてかなりファンキーだった。

salvation_army.jpg

 本日の買い物はシャツが数枚。洋服はSサイズとMサイズが極端に少なくてちょっと残念。こっちのやつの体型を見ていたら、まあこれはしょうがないけれど・・・。レインスプーナーが3着とRJCが1着とどっかのTシャツが1着。高いので20ドル、ほとんどが10ドル以下だったと思う。

rainspooner.jpg

 レインスプーナーもいいが、やっぱり今日は釣り日和だったね。昨日の厳しさを思うと残念無念だ。明日も釣りは休み。さて明日はどこへ行こうか。

 千野氏ブログはこちら
  • (2008-10-19 13:16:47)
Dinner
chino.jpg

 閑静な住宅地の千野邸はとても雰囲気が良いし、海もごく近くてまことに羨ましい。夕べは千野家で夕食をごちそうになったのだ。それどころかハワイアン(?)マッサージの免許を持つ奥さんに一丁揉んでもらったりもした。奥さんの友だちもいて、楽しいひと時を過ごした俺だ。皆さん、ほんとうにありがとう。何でもいいが、俺以外は全員サーファーである。

 コストコで買ったおかずはこちら独特のマグロの刺身の和え物、同じく貝、タコと海藻とかの和え物、タロイモの葉っぱでいろんな肉を包んだやつ。そして自家製のサラダと玄米ごはん。タロイモの・・・は?だったが、あとのはおいしくいただきました。

chino-house.jpg

 マッサージはホテルで頼んだやつと同種のオイルを使ったもので、リラクゼーションとアロマテラピーもミックスしたようなとても心地いいしろもの。一時間たっぷりみっちりで、これはおいそれと出来るもんじゃないと思った。

 しかし、それにも増して俺の肩と腕はパンパンだ。メキシコでもここまでひどくはなかったな。明日と明後日は幸い釣りは休みだけれど、残すところ釣りは一日のみとなりやはり寂しくはある。
  • (2008-10-18 14:07:11)
Lake Wilson
attention.jpg

 クワズイモとかモンステラなんかも自生していた。持って帰れたらね・・・。これらはおそらくネイティブだと思うが、実はここは移入種の宝庫。例えばピーコックバス、スモールマウスバス、ラージマウスバス、プレコ、レッドデビル・・・それからマングース!・・・。おもしろい。

proto-pen.jpg

 ピーコックバスはバタフライと言う種類らしい。ブラジルからやって来てもう五十数年。ブラジルの何種類かいるピーコックバスの一種あでる。ここでの最大サイズは60cmほど。

proto-ss.jpg

 朝の7時くらいから2時くらいまで釣りをする。この三日間は釣りをしている間中、ベイトにくっついているやつのボイルが湖の真ん中で見られた。凄い迫力のボイルで、これがかなりわくわくする。しかし、こいつらはとてもセレクティブで、たまにしか俺のルアーを食わない。まるで海の鳥山みたいにパニックになって補食していても、ほとんど食う相手を間違わない。たいしたもんなのだ。

bird.jpg

 これらが岸に寄って来ると事情がどういうわけか変わって、津波ルアーズを食う確率が上がる。それからあとは集団ボイルとは関係のない単発ボイル、これはグンっと食う確率が上がる。岸際のそういうのを拾って行く、ブラックバス同様ベジテーション、ストラクチャーを打つのがいいと思う。タバコ、ソニック・シガー、プロト・ペンシル、プロト・シングル・スウィッシャー、プロト・ライブリーに反応よし。どういうわけか、俺のルアーを食ったのは51cmを含む40cmUPのみで千野氏もびっくり。

 ただしむらが激しい。昨日は最高に良かったのに、今日は朝一がまるでダメで、その後いくらかバイトとチェイスがあり、ピーコック、ラージともに50近いのを1本づつばらしたものの、最終的にボウズ。

 それにしても、トップに反応はいいし、バイトも強烈、引きはラージよりスピード、トルクともに強いと思う。トップウォーターのターゲットとしては最高の部類と言っていいと思う。

view01.jpg
  • (2008-10-18 13:08:27)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22