Information

Categories
Archives
New Release DVD
2014 西表 | ソウルアイランド

01.jpg

 新しい石垣の空港と関空へ向かうANAと関空と、それからJRにて。

 ほんとにまあ、こんなに天候に恵まれた西表遠征は記憶にない。6泊7日中、荒れていたのは到着した日のみで、あとは晴天に次ぐ晴天。というわけで、丸5日全部釣りに出かけました。ほとんどそれだけで幸せである。例えば台風が直撃とはいかないまでも、近くを通過しただけで滞在中ほとんど釣りにならないなんていうこともままあるのだから。

 昨日の最終日はシンタロウとヨウイチに俺、そしてイチとでナカラ川へ。イチと一緒に最後尾からいつものトップウォータープラグで臨む俺は、そもそも釣果をそれほど期待してはいなかったのだけれど、その見込みそのままにボウズ。狭い川だし、うちのトップウォータープラグに出るような比較的大きな魚は割と神経質でもあるので、致し方ないとは言うものの、それはもちろん少し残念な俺なのでした。

 それでも、シンタロウは先頭のVIP席でまたもいろいろなタクティクスを駆使し、何尾かの魚を手にしたから、かなり楽しんだのではないかと思う。おそらくこれからもルアーフィッシングに関わっていくであろう彼にとって、この島の釣りは役に立つ経験であったに違いない。

02.jpg

 実はやつも、普段のトップウォータープラグと普段のタックルで川をやってしまうことも考えたものの、少々悩んだ末にミノーや小さなトップなんかも持って来ることにしたのだそう。短い遠征で確実に魚をキャッチしたいならこの選択は至極まともな考え方で、そういう釣りが普通の釣りではある。

 かくいう俺も、汽水域でSonicmasterを使うのを避けるという意味と(ハンドルの部分はアルマイト処理をしていないので、腐食しないように手入するのが面倒)、最近の他社リールをたまには使ってみるという意味で、今回はSonicmasterの他にABU(外観はヴィンテージのPro Rocket)とシマノ(12カルカッタ200)を新しく買って持参してみた。(ちなみにGTメッキを釣った時に感じたのは、シマノはことにドラグの出がスムースだということでした。)

 それから、ルアーの1/3ほどはスプリットリングを介してシャンクの短いトレブルフックに交換してみたりということも。バイトと同時に大きな口でエサを吸い込んでしまうバスに比べて、小さな口でガツっと噛み付いてしまうだけの西表の魚たちは確実にエサをキャッチすることが下手なので、こうするとフックアップし易くなるから。

03.jpg

 ただし、Lリグやサーフェイスリグにシャンクの長いWフックのセッティングに慣れていると、魚以外に様々な障害物にもより引っ掛かり易いこのセッティングは、マングローブの複雑きわまりない根っこなんかに向かってキャストすることの多いここの釣りでは、反面結構なストレスにもなる。見た目にも違和感は否めない。

 これでマングローブジャック他の魚のフックアップ率を上げること、それからいつもは出るけど乗らないチヌをキャッチする作戦だったのだけれど、今回も残念ながらチヌのキャッチ(シンタロウは確か1本キャッチしたはず)には至りませんでした。Wフックでも乗る時には乗るから、このへんは難しい部分ではあるのです。

 ともあれ、そういう細かなセッティングを含めたルアーのチョイスだとか、リールやロッドのチョイスだとかがボーダーラインとなってそれぞれのスタイルというのはあるわけで、その部分にどんな洒落や遊びやウィット、あるいはやせ我慢(?)を挿入するかがセンスということになるのだと思う。

04.jpg

 一方、あんちゃん(西表での俺の通り名)と釣りに行くことを楽しみにしていてくれたらしいイチは、小さいながらも見事なチヌを2匹も釣ったこともあって、“とうと”に何度か怒られながらも終始ご機嫌で、それは俺にとってもとても嬉しいことでした。

 しょうがないので、やつがとても気にしていた、俺が愛用のカシオのFishing Timerをプレゼント。まるで甥っ子のようなイチには入学祝いもしなかったから。いつまでそうなのかわからないけれど、しばらくはFishing Timerはやつの宝物になりそうだ。(俺は新しいのを買います)

05.jpg

 川に少しの未練を残しつつしばらくの別れを告げた後は、日本最小のホタルを見に出かける。黄色いライトを点滅しながら森の中を浮遊するその群れは、まるで宇宙を象徴するようで、思った以上にミステリアスで、不思議な気分に浸る。子どもの頃以来、久しぶりに見たホタルの群れが、最終日のノスタルジアをより一層深くしたのだった。

 そんなこんなでソウルアイランド西表への旅は終わる。帰りの道中にあって、もう次に行くのが楽しみな俺でした。
  • (2014-06-08 12:25:50)
2014 西表 | 春の豪華極楽大収穫祭

01.jpg

 暑い暑いとつぶやきつつ、時には釣れないと嘆きつつ、それでもぼくらは海に出る。昨日の海は申し訳程度の風しかなくて、そのせいか魚はどうやら動きに精彩を欠いていて、「モワンッ」といちおう出てみるとか、勢い良く出てもそれで食えないならもういいやとか、そんなやる気のなさが感じられたのでした。

 というわけで昨日は海には出てみたものの、結構バイトはあるのにまるで乗ってくれず、シンタロウはダツを1尾、俺にいたってはGTのルアーにグルクンが引っかかったのみ、という釣果に終わる。バイト数とキャッチ数は比例しないということもある。

 それでも西表の海は天気がよろしいと出るだけで気持ちが良くて、釣れなくても「ま、いいか」という気分になれたりするから、その鎮静効果(?)、あるいはヒーリング効果(?)たるや、凄まじいものがあるのではないかと俺は思う。

02.jpg

 そのかわりと言ってはなんだけれど、ヒロシがシャコガイやガサミ他いろいろと食材を調達して来て、それにおととい俺が釣ったミミジャーなんかも加わって、さらには隣のグッドダイブ家からも料理がやって来て、夕べはワンオーシャン春の豪華極楽大収穫祭と相成ったのである。

 Fishing Safari 2008 in Iriomoteを観ていただいた人にはわかると思うけれど、これはいつの頃からか何となく恒例行事となっていて、俺はいつも幸せな気分に浸るのだ。

 ただ、魚介類を全く食さないシンタロウだけはひとり、ほとんどやつのために焼かれた牛肉のみを食ってやり過ごすということにはなったけれど、それでも雰囲気だけは楽しんでいただけたことと思う。

03.jpg

 さてと、最終日の本日はワンオーシャンの一人息子のイチも加わって、川へと繰り出すのである。今日は一段と暑くなりそうだ。
  • (2014-06-08 12:24:12)
2014 西表 | 本日も晴天なり。

01.jpg

 本日も晴天なり。俺がここに来て、こんなに天気がいい日が続くなんて、ほとんど奇跡である。

 三日目の本日はワンオーシャン号で海へと繰り出す。それほど活発とは言い難いが、そこそこの魚が相手をしてくれた。それでも、昨日までの川もそうだったように、いろいろとサプライズが用意されているのがここの釣り。ここに通ってもう十数年になるけれど、未だに未経験のことが多々起こる。

02.jpg

 例えば、シンタロウが釣った冒頭の写真のダツは、ガイドのヨウイチも名前を忘れていたし、ダイビングガイドのいこちゃんも見たことがないそう。もちろん俺も初めて見る種類のダツである。結局ハマダツということで落ち着いたものの、ヨウイチはどうも納得がいかない様子。こっちの通称、あるいは俗称のようなものがおそらくはあるのでしょう。

03.jpg

 それにしてもダツ釣りって面白い。ダツをなめていてはいけないのである。トップウォーターへの反応もスピードもパワーも一流のファイターだ。それ以上の魚がいるのはもちろんではあるけれど、お手軽でそしてライトタックルでぎりぎり楽しめるとなると、ここ西表ではこいつにとどめを刺す。

04.jpg

 おまけにこいつや5kg前後のアジを狙っていると、いろいろなゲストが顔を見せるのも魅力だ。大きめのミーバイ(ハタ)や、上の写真のミミジャー、下の写真のアオチビキ、バラクーダetc.・・・。他で海釣りをやることがほとんどないので、そのあたりに客観性はないのかもしれないが、ま、ともかく面白いということ。

05.jpg

 さすがに三日目ともなると、結構疲れているようで、唐突ですが今日はこのへんで。
  • (2014-06-08 12:22:19)
2014 西表 | テッポウウオ

01.jpg

 今日ばっかりはiPhoneのアプリの「釣りの効率100%」、そしてFishing Timerが昼間に4尾の魚を表示の予測精度は高かったと言っていいと思う。昨日の浦内川から場所を仲間川に移動したこともあるけれど、それにしても魚からの反応の量がまるで違った。

02.jpg

 マングローブジャックはもちろん、メッキにコトヒキ、はてはテッポウウオまで、西表島ならではの魚たちが我々の相手をしてくれた。いつものようにバイトに比べたら、キャッチした数は圧倒的に少なくはあるけれど、それでも掲載の写真以上の魚をフックアップしたのである。

03.jpg

 シンタロウは写真以外にも小さめのトップだとか、ミノーだとか、シンキングのブレード付きペンシル(?)だとか、あらゆる手段を駆使して、どしどしと数をかせいでおりました。ま、しかし、これがここでの普通のやり方ということは言えると思う。俺のスイタイルの方がどちらかと言うと特異ということだ。

04.jpg

 ところで、テッポウウオには実を言うと、十数年目にして初めてお目にかかる。案外大きくて、形はイメージしていたよりお尻側が若干太いような気がする。それに縞模様はもっとくっきりとあると思っていた。目も想像以上にデカい。口ももっと管状に細長いと思っていた。だって、この口で水を水鉄砲みたいに飛ばして、虫を撃ち落とすなんて、ちょっと考えづらいから。

05.jpg

 この大きさのトップウォータープラグに出るのは、たぶんガイドのヨウイチですら発見だったのではないかと思う。俺のキャストしたSlapphappy Shad Mini DPにも着水と同時に出て、そしてフックアップまではしたのだけれど、あえなくバラしてしまった。残念・・・。

06.jpg

 ちなみにテッポウウオは西表でも仲間川水系にしか生息していない、と言うか、残っていないそうです。メッキも正確に言うと、きのう釣れたのはロウニンアジで、今日のはギンガメアジ。パシフィックターポンも仲間川の方が浦内川より多いのだとか。同じ島内にあっても、ふたつの川は、例えば景色も様子が違うし、岩や岩盤なんかも種類が違う。面白いですね。

07.jpg

 少々ルアーブランドらしい話しをすると、昨日から当たっているのはVivo DP他のペンシルベイト、ポッパーはもちろん、変わり種ペンシルベイトのSweepy(ニューヴァージョン・プロトを含む)とSweepy J(ニューヴァージョン・プロトを含む)、その他フラップ付きのSlapphappy Shad Mini DPとかDjango PPF他。

08.jpg

 特にSweepySweepy Jは予想以上に効いていて、これらの持つポテンシャルを再発見したのである。両者ともに持ち込んだニューバージョンには良いテストになった。

09.jpg

 夕べ肉眼で眺めた満月を、今日はイチ(ガイドのヨウイチの息子)の望遠鏡を借りて眺め、ここの家族が全員寝静まった後、こうしてブログを更新して本日はおしまい。今日も早く寝て、明日の海に備えるのである。

 それにしても今回はいつになく奇跡的に天候に恵まれていて、それだけでかなり幸せ。
  • (2014-06-08 12:20:32)
2014 西表 | 西表二日目

01.jpg

 少々風は残っていたけれど、ここに到着した昨日に比べれば数段ましで、何より晴れていて、暑すぎず寒すぎず、今日の西表はいつになく優しかった。

 ただし、iPhoneのアプリが「釣りの効率100%」と表示し、Fishing Timerが昼間に4尾の魚を表示した(最高に釣れるという意味です)わりには、マングローブの川の魚の反応は鈍く、釣りにはなかなか厳しい日和。メインのターゲットであるはずのマングローブジャックはまるでプラグを追ってくれない。

02.jpg

 それでも、シンタロウのキャストしたプラグにまずはホシマダラハゼが姿を見せる。こいつはレアな魚と言えばレアな魚で、狙って釣れる魚ではない。ひとまずシンタロウの口元が緩んだ。

03.jpg

 次は俺、ブレイクあたりを通過したSweepyのニューヴァージョンに爆発的バイト。ドラグをグイグイ出して、やがて観念したのは2kgほどのロウニンアジ、いわゆるGTメッキでした。この魚は出てもなかなか乗らないし、乗ってもなかなか獲れないものなのだ(俺の場合は)けれど・・・。だから、このサイズは俺の記録なのである。

04.jpg

 どうやら今日はアジの日のようで、その後、シンタロウのアカシブランドにも俺のよりはひとまわり小さいものの、これまた美しく強いロウニンアジが。

 川で出るGTは、凄い勢いで静寂を破るので余計に驚きがあって迫力があって、しかもバスタックルでその強靭な体力とやりとりするから、それはそれは楽しいのでした。

 一日に二本もこんなのが釣れるなんて、そんなにあることではないのだけれど、いくら西表だって。(それなのにマングローブジャックやチヌからの反応がないというのも、これまたレアなケース。)

 ジャングルを渡って川面に降りる風は少し強くはあったものの、いつもなら過酷なここの天候が今日は妙に心地良かった。それもそのはず、この時期にここに来るのは初めてなので、またも新しい西表を発見する俺だった。

 23時のニュースでウクライナの情勢を見て、その後ふと外に出てやたらとまぶしい満月を眺め、二年ぶりにここに来れたことをとにかく幸せに思って、やがて今日が終わる。
  • (2014-06-08 12:15:53)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22