<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>













★ Sonic Cigar SL ★


★ Lake El Salt 2012 ★


★ Slapphappy Shad ★


★ Niva ★


★ Vickitan ★


★ Slapphappy Beaver ★


★ NEZUMI ★


★ Brand New Items ★









































★ New Release Info. ★
UTAMARO RECORDS
ANTS MOTOKI - ANY TYPES OF FISHBONE ASIAN SONIC ENSEMBLE
Links
Categories
Archives
Tools
top
ラーメン人生JET
11/07/02/Sat.

110629Biwako2.jpg

 夕べは40日ぶりにRose et Noirで散髪をして、その後Rose et Noirカワバタ、それからラーメン通の古着バイヤー・ミヤワキと福島の「ラーメン人生JET」で晩飯。一番に目指した店はスープ切れで支度中の看板が上がってしまっていたのだけれど、「ラーメン人生JET」だって鰹だしの効いたスープが旨いのである。

 大男ミヤワキは、この津波タイムズではお馴染みのバンバを伴ったりして、例えば京都あたりまで有名店を食べ歩く男で、一晩に2食なんちゅうこともあるそうで、立派な中年のくせになかなか無茶なのである。昔の彼女には「ラーメンしか知らんのか?!」と言わしめたのだそうだ。

 それにしても食後に男3人、うちふたりは立派なおっさんがミスドでドーナツ片手にコーヒー飲む姿は、よくよく考えると異様でした。

Maiden-Voyage.jpg

Maiden Voyage

 帰宅して買ったばかりの「Maiden Voyage」でも聴きつつブログを更新しようかと思っていたのだけれども、聴き入ってしまって更新するのを断念。

 噂に違わぬ名演だと思う。うまい言い方は見つからないが、張りつめた緊張感が尋常でない。それに、緻密に計算したかのような、まるで隙のない音と音との滑らかな繋がり。見事にデザインされた空間演出とでも。

 未だこういうインプレッションが得られてジャズはおもしろい。小さな幸せというところ。最近の巷の音楽を聴いたところでこうはいかない、ごく個人的にはということだけれど。

 ところで昨日、つり人社のBasserから取材依頼の電話があった。お気に入りのプロップ付きルアー、つまりはスウィッシャーをこちらから送付後、それについて電話インタヴューということらしい。

 Basserからうちに取材依頼が来るなんて珍しい。間違えてうちに電話をしてしまったので、あまりに恥ずかしく、勢いで取材を申し込んでしまったのか、と思うくらい意外だった。

 それにしても、プロップ付きと言えば、うちのマイティー・アロウと言うことになったらしく、そのあたりは率直に嬉しいのである。しかし、それなら「お気に入り」ではなく逆指名と言えなくもない、俺もマイティー・アロウをプッシュしようと思ってはいたにせよ。

 ともかく次号あたりにリリース間近のマイティー・アロウが載ることになりそうだ。

 そのマイティー・アロウエディのマイティーブラザーズは月曜日の出荷予定。
  • (2011-07-02 20:05:27)
バックラッシュ
11/06/29/Wed.

110629Biwako.jpg

 昨日は摂津ビルヂング周辺の住人スエヒロのトップウォータープラッギング・デヴュー戦。

 フットサルでは器用にボールを操るやつも、ロッドやルアーはそうはいかず、なかなかの苦戦ぶりでした。練習している際に目の前でルアー目がけて魚が浮いて来たのに、あまりの突然のことに何が起こったのかまるでわからぬようで、驚くのも忘れて半ば呆然とリールを巻くというリアクションは、そう言えば、初心者にはありがちのリアクションなのかもしれない。

110629sue.jpg

 釣果は俺が1バラシの1キャッチ。スエヒロはその1チェイスのみ。幾分風が吹いた後、夕まずめのべた凪の湖面に期待は膨らんだものの、結果は芳しくはなかったのでした。

 去年の6月に割といい思いをしたエリアの近く、去年まではあまり来なかったエリアに割と奇麗なウィードを見つけ、最近は通ってみているのだけれども、そうそう思ったようにはいかないのが釣りっちゅうものだ。

110629.jpg

 それでも、梅雨の晴れ間の湖面は暑いながらも爽快で、なかなか気持ちの良い時間を過ごしたのである。

 最後は俺がかつて見たことのないようなバックラッシュをスエヒロがやらかして終わり。

110622kame.jpg

 余談ではあるけれど、今日、事務所にやって来たうちの嫁が、それをほどくのを買って出た。ぶつぶつ言いながら、しかしどういうわけか少し楽しげに、かなりの時間をかけてほどいた後「2千円」(スエヒロへの請求額)と呟いた。

 一方のスエヒロは「まずはバックラッシュの克服ですね」と懲りずにリベンジを誓っているのである。

I-Want-to-Be-Happy_-I-Got-Rhythm.jpg

I Want to Be Happy/ I Got Rhythm

 さて、今日はオスカー・ピーターソン。アニタ・オデイやビリー・ホリデイのバックでの彼のバンド、彼自身やバーニー・ケッセルの演奏が気に入ってこれを買ってみた。レスター・ヤングのサックスも入っております。

 本日届いたばかりのこれを何度か聴きつつ、今日は今まで仕事。感想を述べるのはまた今度にしましょう。
  • (2011-06-30 22:20:33)
チャンポン
11/06/29/Wed.

talk_is_cheap.jpg

Talk Is Cheap

 多少の筋肉痛を抱えつつ、今日はキースの「Talk Is Cheap」が鳴る愛車チェロキーで事務所へ。

 ストーンズはもちろんだけれど、どうしてかキースのこのアルバムは他のどのメンバーのよりもお気に入りである。サウンドはラフに見えて、プロデュースワークが緻密で、キースの凄みが際立つ。

 夕べは一週とばしてフットサルに復帰した。体調に少し不安があったものの、動いて汗をかくのはやっぱり爽快だ。

 ほんでもって今日はこれから釣り。摂津ビル周辺の住人でフットサルも一緒にやる、時々セッションするシュウタのオヤジである、スエヒロが今日の同船者。やつから「連れて行って下さい」と頼まれた。トップウォーターどころかバス・フィッシングが初めてのこの男が果たしてこれを気に入るのか否か・・・。

jimi_bbc_sessions.jpg

BBC Sessions

 さて、今日もジャズとその界隈について。

 夕べのフットサルの行き帰り、車の中でジミヘンの「BBC Sessions」がかかる。ビル・エヴァンズの「I Will Say Goodbye」の後だったから、少し違和感はあったものの、そういうチャンポン具合が俺の真骨頂ではある。

 ま、しかし、内面にあるパッションをこれほどまでに、あるいはこんな風に表現出来る人はいない。聴いていると心臓あたりがぶるぶると共振を始める。不意に、しかし絶妙のタイミングで鳴るギターが、歌が、感性のつぼを踏む。

 嘘かまことかジミヘンとマイルスの共演の企画があったとか。ジミヘンはもちろん、今ではマイルス好きの俺としては、ぜがひでも実現していて欲しかった。いったいどんな演奏になったのか、ま、想像するだけでも楽しくなくはないのだけれど。

M-Arrow-FD-RB.jpg

 それと同じようにと言うと多少の語弊はあるが、マイティ・ブラザーズはさてこれを使うとどんな結果が引き起こされるのか、そんな楽しげな想像をかき立てられつつ作ったプラグである。

 より回転し易い特性とこのくらいのデカさのプロップとボディーによるアピール、その両方を持たせるのが開発の意図だった。

 あの頃はよりデカいルアーというのはちょっとしたステータスのような感があった。もちろんデカくても釣れたし、それだけではないデカいならではの優位性ということも自ずと学んだ。何より、デカいので釣れる!?という驚きが楽しかった。

 結果、特にマイティ・アロウに関しては、Wスウィッシャーの概念を少しは揺るがせられたのではないか、と自負もしている。マイティ・エディだって地味ながら愛用者も多い、と付け加えておく。

 予約締切は本日、リリースは月曜日あたりです。

11SS-T-Kid1.jpg

 ところで、大分のKINN君が愛娘の写真を送ってくれた。いやはや可愛い。本人達も気に入っていただいたようで俺は嬉しい。

11SS-T-Kid2.jpg

 こんなに可愛い娘がいたら、釣りに行く機会も減ってしまうと思うのだけれど、それでも釣りに出かけるお父さんたちって、やっぱりよっぽど好きなのだろうね。
  • (2011-06-29 14:51:49)
Nefertiti
11/06/27/Mon.

M-Arrow-BN-TSB.jpg

 先日、取材時に「バスと釣り人」に貸していたら、突然動かなくなったモーターガイドのエレキ(トローリングモーター)のヘッド部分を開けて中を見ると、修理してもらったはずのコードの接合部分が熱で焼けて外れていた。圧着端子で繋いで最修理する。

 去年までこれを使っていたのだけれど、無段階のスピードコントロールの調子が悪く、去年の秋にミンコタの新しいモデルに買い替えた。モーターガイドはスウィッチをバイパスして修理した後、今では予備である。

 ついでにミンコタのプロペラを外してみると、案の定ラインが絡まっていた。なんだか遅いと思ったらやっぱりこういうことか。

 一緒に巻き付いていた腐敗したウィードからドブの臭いが漂うと、ムンムンした空気がいっそうムンムンする。この程度の作業でふつふつと汗が吹き出す。

Nefertiti.jpg

Nefertiti

 そんな蒸す月曜日、ルーファス・トーマスの「Walking The Dog」もXTCの「Black Sea」も悪くはないけれど、ルーファス・トーマスは少々暑苦しいし、XTCもぴったりとははまらない。

 そのうちかかった「Nefertiti」がクールで良ろしい。最後のアコースティックなマイルスである。コルトレーンかロリンズかわからない俺でも、マイルスの吹くトランペットはわかるかな、たぶん。

 ホットかつクールな静寂と言うと矛盾はある。あくまでナチュラルに進化し続けたマイルスの音楽には、静かに広がる必然性の地平とでもいうような、今でこそ理解出来る方向性があって、それが我々を虜にしてしまうのではあるまいか。

 ところで、すっかり夏のそんなうだる週頭にもかかわらず、よく寝たせいか、胃腸の調子も体のだるさも少しまし。明日のフットサルと明後日に予定している釣りには、どうやら行けそうだ。

 さて、新色も好評のマイティーブラザーズ(Arrow & Eddy)の予約締切は明日、もしくは明後日の取扱店が多いと思います。予約しようと思っているあなたはどうかお忘れなく。
  • (2011-06-27 21:22:48)
とんぼ返り
11/06/26/Sun.

hikawamaru.jpg

 若い頃から妙に落ち着いていて、とても溌剌とは言い難い俺だったとは思うけれど、それでもライブハウスのテーブルの上に飛び乗ってギターソロを弾くなんてこともしょっちゅうやっていて、その程度には元気があったということだ。今はそんなこと出来るかどうか。

 このところ疲れが溜まっていて、横浜からとんぼ返りするとさらに胃腸の調子が悪く、さらに酷く疲れてしまっていて、結婚式はとても良かったし、うちの奥さんの親戚とも初対面したりしてとても貴重な時間を過ごしたとは思うのだけれど、相変わらず身体的には少々ネガティヴである。

 さ、しかし、この疲れを何とか乗り切ってしまいたい。今週も釣りには行きたいと思っているし。



 マイティー・ブラザーズの動画が完成!

 若干、エディーもアロウもスローリトリーブをスローに弾けていなくて、少々反省しております。そのへんは少し差し引いて、どうか御覧あれ。来週リリース!

Tenor-Madness.jpg

Tenor Madness

 「Tenor Madness」はソニー・ロリンズとジョン・コルトレーンの唯一の共演が聴けるアルバムだ。しかも表題曲の1曲のみ。

 知らなかったけれども、ロリンズよりコルトレーンの方が年上なんですね。ちょっと意外に思えた。

 ところで、ふたりのサックス・ソロを聴いても俺にはどっちがどっちだかわからない、と言うことをこの際正直に告白してしまおう。こっちがたぶんそうかな?程度でまるで心もとないし、どうやら数あるレヴューを見るところ、若い方のロリンズが貫禄勝ちということのようだけれど、それだってもうひとつわかってない。

 しかし、まあ、これがとても気持ち良くて、好きであることは確かで、パッションのようなものを感じ取れるなら、そのくらいの気分でジャズなんて聴いてしまっていいと思っている。

 それにしても、四十も半ばを過ぎてジャズが聴けるようになったということは、ライブハウスのテーブルの上に飛び乗ってギターソロを弾いていた頃にはなかった感性を身につけたということで、それは年を取ることの意義であるのかもしれず、そのうちロリンズかコルトレーンかさえもわかってしまうのではないかと期待してはいる。
  • (2011-06-27 00:03:47)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275