<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>













★ Sonic Cigar SL ★


★ Lake El Salt 2012 ★


★ Slapphappy Shad ★


★ Niva ★


★ Vickitan ★


★ Slapphappy Beaver ★


★ NEZUMI ★


★ Brand New Items ★









































★ New Release Info. ★
UTAMARO RECORDS
ANTS MOTOKI - ANY TYPES OF FISHBONE ASIAN SONIC ENSEMBLE
Links
Categories
Archives
Tools
top
Sea Boon
11/07/15/Fri.

110712biwako2.jpg

 今朝の淀川もフロリアンには微笑んだようで、ドイツの雑誌の取材(彼は釣り雑誌にコラムを持っているらしい)のため事務所にやって来た彼は終始ご機嫌なのである。

 ちなみにランチに訪れた回転寿司ではまぐろとサーモンがお好みらしく、ぱくぱくとたいらげておりました。苦手なのはうなぎと納豆とウニ。関係ないが、どれも俺の好物ではある。俺は遠慮したが、この後はブライトリバーの案内でとり平だそうだ。

 さて、明日から九州である。明日はSea Boonの一日店長、あさっては大会参加ということになっている。お近くの方はぜひいらっしゃい!
  • (2011-07-15 19:45:00)
スイス人フロリアン
11/07/15/Fri.

110714florian1.jpg

 でっかいスイス人と釣りを介して通じるということは悪くないことである。しかも、その釣りというのは世界的に決してポピュラーとは言えない、日本発のトップウォーターゲームなのだ。

 とにかく彼は日本のトップウォーター事情通である。下手をすると俺より詳しいのではないかと思うようなことまで知っていた。

 さて、俺の案内で初めて琵琶湖にやって来たフロリアンである。右も左もわからない外国人にだって、釣りの神様はチャンスを与えてしまうのだ。

110714florian3.jpg

 と言うわけでほらこの通り、スラップハッピー・プロップにブシッと小さく鋭い水しぶきを上げて襲いかかったこの魚、やつがあまりに大き過ぎるので魚が小さく見えてしまうけれど、痩せ形ながら55cmもある。

 彼の釣りはお世辞にも上手いとか器用とか言えるような種類のものではなかったけれど、とにかくお見事。巨漢のわりには小さな声で「すごい!すごい!」と彼が連発すると、俺も嬉しくなってしまった。

 彼をきっかけに日本のトップウォーターブランドがヨーロッパへ進出してしまうと言うのは、既にわずかながらもファンはいるということだから、まんざら夢でもないとは思うのだけれど・・・。

 夜には、アカシブランドご一行も交えて王将での大夕食会。餃子とチューリップとビールを旨そうにやるフロリアンであった。その後、深夜に梅田のホテルへとお送りしたが、果たして今日のブライトリバーがガイドする淀川はいかがなものだったか。
  • (2011-07-15 13:40:05)
夕暮れの期待
11/07/13/Wed.

110712biwako.jpg

 昨日の午後はY・STYLEチームと釣りをするべく琵琶湖へ。

 息を呑むような美しい夕暮れに(だからと言って釣れるのかと言うと、決してそうではないと思うのだけれど)膨らむばかりの期待に反し、それほど釣果に恵まれたとは言えないけれど、彼らは午前中にいくらかの魚を手にしたらしく、夕べのアカシ工房でのBBQ、本日の摂津ビルヂングへの訪問なんかも含めて、それはそれなりに楽しんでいただいたようだ。またやって来るとも宣言していたことだし。

 それにしても、ここ2〜3日のタフ過ぎる暑さは、魚ばかりでなく、人間のコンディションにだってネガティブな影響を及ぼすはず。集中力も削がれるっちゅうもんだけれど、それでも彼らは(もちろん俺も含めて)一投一投に夢を馳せるのだ。自嘲気味に釣果を冗談めかすなんちゅうことがあったとしても、暑さのわりには、いやはや何と清々しいと思う。

 さて、明日はスイス人アングラー(?!)フロリアン(彼の正体はスイスで日本の雑貨やトップウォーターのタックルを輸入販売する変わった外人)と琵琶湖である。おそらく涼しいに違いない彼の国からやって来るフロリアンは、この暑さにいったいどんな声を上げるのか?集中は持続するのか?魚のコンディションは?

At-the-Five-Spot,-Vol.-2.jpg

At the Five Spot 2: Rudy Van Gelder Series

 その後、今週末にはSea Boonのお客さんたちと九州で釣りをすることになっている。このところいろんな人たちと釣りに出かけているのだ、俺は。

 ところで、そういうセッションの緊張感ではおよびもつかないような、天地左右に張りつめたテンションがEric Dolphy At The Five Spotにはある。比べるべくもないけれど。

 ずうっと前に俺はLPレコードで、この「2」ではなくて「1」の方に接している。どうしてわかるのかと言うと、LPレコードが俺の手元にあるからなのだけれど。当時はあまり気にしなかった、あるいは気づいていなかった鬼気迫る空気が「1」にも「2」にもあることに、今は聴く度感銘を受ける。あの時と違うのは歳を重ねたと言うことだけなのに。

 このアルバムが録音された時代(1961年周辺)のジャズには、それこそ時代の空気が違うのかと思わせるほど、ぐっと引き締まった密度の濃い緊張感がぴんぴんと漂っているよなあと、この頃思うのだ。

Fishbone2nd3.jpg

 遅ればせながらご報告。Fishboneの詳細をプロダクツページにUPしております。予約締め切りは7/17です。
  • (2011-07-13 18:59:26)
コンプレックス
11/07/11/Mon.

fishbone2ndEnd.jpg

 俺が一貫して表現し続けているのは「下手くそで何が悪い?」ということである。つまりはコンプレックスの解放だ。俺には山ほどのコンプレックスがあって、だから表現することをやめられない。

 「少し足らない」ということは表現することの動機ではある。足りないから作ってみる。足りていたら作る必要なんてない。

 完璧なんてものは幻想で、あるとしたら恐ろしいくらいにつまらないはずだ。どんな天才もパーフェクトではないと思う。それなら大幅に足らないと言うことも滋味としてある程度は容認されてしかるべきだ。

 そんなわけだから、儚くて、危ういことを我々は美しいと思ったりするのだろう。

 と言うようなことも時々考えたりする、暑いので脳みそが沸騰しない程度に。

I-Want-to-Be-Happy_-I-Got-Rhythm.jpg

I Want to Be Happy/ I Got Rhythm

 オスカー・ピーターソンは完璧か?完璧でもあり、そうでもない。あるいは、そうでないという点で完璧である。

 この時代にあったからこそジャズは美しい。オスカー・ピーターソンはがりごりと時代を削り取ってピアノを弾いた。今なおスウィングする音楽がその証しだ。

 今晩はどうもあまりうまく書けないのでまたにすることにする。これからBasserの電話インタヴュー(次号にマイティー・アロウを取り上げてくれるそうだ)もあることだし・・・。

 ま、こんな風にあまり上手に文章表現出来ないということも、コンプレックスのひとつではある。
  • (2011-07-11 21:09:49)
青空
11/07/10/Sun.

 パタゴニアがシーシェパードの支援をしていることを遅ればせながら知り、軽いショックを覚えている今日この頃なのである。

 環境保護活動は評価されていいだろうし、捕鯨に反対するということもあっていいのかもしれない。ただし、シーシェパードのテロ的行為のように、暴力に訴えることをはたして是認してもいいのか。

110709BlueSky.jpg

 そんなわけでもないのだけれど、昨日新調したショートパンツはパタゴニアではなく、前々から気になっていたKAVUのクレイジーパターンのやつ。しっかりした厚みのコットンの風合いも良く、なかなか履き心地もよろしい。愛用することになりそうだ。

 クレイジーパターンとは言え、わりに渋い色合いなので、これにはうちのポロTシャツも合わせ易いと思うのです。

11SS-T-Oyako2.jpg
(新潟のヒデキが親子でうちのTシャツを着用した写真を送ってくれました。とてもいい笑顔です。)

 ポロのパープルは既に入荷、Lのみ2枚の在庫があります。その他のカラーも随時入荷予定で、若干の在庫がありますので、今からでもご購入、予約可能。また、Tシャツもサイズによっては在庫あり。

110710BlueSky.jpg

 昨日も今日も見事に晴れ渡って、あんまり空が青いのでiPhone(未だに3G)のシャッターを何度か切る。それほどいいのは撮れなかったけれど、いよいよ夏本番という気分にはなった。

 そんなことだから、昨日の午前中はフットサルに出かけたものの、あまりの暑さに熱中症気味。午後は夫婦で買い物をしたけれど、疲れたのなんのって。

 それでも晩に行った、(先日ラーメン通のミヤワキと行きそびれた)「無限」の煮干し出汁スープのラーメンはあっさりしていてなかなか旨かった。おそらくは家族で、軽く夫婦喧嘩などもしつつ営むお店は、まったく小じゃれていなくて、入口の自動ドアが不似合いで、まるで少しタイムスリップしたかのようなたたずまいでした。二席ほどが段ボール箱置き場になって、潰れていたりするのも、とても効率が悪そうで、ご愛嬌。

fishbone2ndScrew.jpg

 さて、先日お知らせしたようにFishbone 2ndの予約がいよいよ始まった。細部に津波ルアーズの思い入れが詰まった、このロッドハンドルをぜひあなたのスタッフに。

 カラーはもちろん、シングルかセミダブルかも意見が分かれるところだろう。シングルハンドでキャストするのならシングルをチョイスするのがいいけれど、素材のマグネシウムが軽いのでセミダブルでも容易にシングルハンドでキャストが出来てしまうというのはアドヴァンテージ。ちなみにどちらもキャスト時に左手を添えられる長さに設定してある。

 俺の場合はセミダブルを使うことが多いです。

Interplay.jpg

Interplay

 ハービー・ハンコックの「Maiden Voyage」のフレディ・ハバードが良くて、しかもここにはビル・エヴァンズもジム・ホールもいるということでこれを買ってみた。

 いや、しかし、この頃ジャズを聴くようになって、アルバムを買うこと、音楽を聴くことが余計に楽しくなった。

 貧乏だったバンド時代には(今だって裕福ではないけれど)どうやっても買えなかったから、その反動ときょうびCDが安いということもあって、CDはどんどんと場所を占拠して行くのである。
  • (2011-07-10 17:57:37)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275