<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>













★ Sonic Cigar SL ★


★ Lake El Salt 2012 ★


★ Slapphappy Shad ★


★ Niva ★


★ Vickitan ★


★ Slapphappy Beaver ★


★ NEZUMI ★


★ Brand New Items ★









































★ New Release Info. ★
UTAMARO RECORDS
ANTS MOTOKI - ANY TYPES OF FISHBONE ASIAN SONIC ENSEMBLE
Links
Categories
Archives
Tools
top
Crazy German
11/08/03/Wed.

Early-Morning-Migration.jpg

Early Morning Migration

 Early Morning Migration、クレイジージャーマン=クリスチャンがプレゼントしてくれたCDのタイトルである。この際だから「早朝の回遊」とでも訳してしまおうか。

 個人的にはブライアン・イーノのアンビエントを彷彿とさせる。サンプリングで織りなすアナログライクなリズムに歪んだミニマルなメロディーは悪くないと思うのだ。

 ベルリンのデザイナーでヨーロッパでは未だレアなサーフェイスプラッガーはさすがに意表を突くのである。

110802-chr1.jpg

 琵琶湖にしてみても突然のクレイジージャーマンの来訪には意表を突かれたのか、いつになく高活性で俺たちを迎えてくれた。フロリアンといい、外人には優しい琵琶湖である。「I'm really happy !」とはクリスチャンの弁。

110802-chr3.jpg

 最近はプロップ・ミノー(プロト)に反応がすこぶる良かった。ところがこの日、これにも増して反応が良かったのは俺が使うSlapphappy Shad Grande Propと、クリスチャンに貸した後、メモリアルにプレゼントしたピンクのSlapphappy Shad Prop(これは相当に気に入っていて、実を言うとプレゼントするのをためらったりもしたのだが)だった。

110802-chr2.jpg

 クリスチャンは小さいのも入れると4〜5本は釣ったのではなかったか。最大はでっぷりと太った45up。本当に嬉しそうで、こっちも嬉しくなった。

 俺はと言うと、釣るには釣ったが、グランデにドバンっと(バイトは激しいのが多かった)出た、それよりデカいのを2本バラしてしまった。両方ともおそらくは50upはあったと思われて、ガイドしていたのも忘れて悔しがる俺だった。

110802.jpg

 帰り道「Fishing is a language.」ということで意見の一致をみた。そう、釣りは言葉だ。十数時間をかけてドイツからやってきた男と、まったくもって不思議なことに、ごく簡単に共感出来てしまうなんて。
  • (2011-08-03 19:15:38)
アイデア
11/08/02/Tue.

Little-Creatures.jpg

Little Creatures

 マーク・リボになってトーキングヘッズでギターを弾いている夢を見た。

 それにしても、俺がマーク・リボになるかどうかは別にして、彼がトーキングヘッズに参加することはエイドリアン・ブリューとトーキングヘッズのコラボレーション以上におもしろいアイデアだと思う。実現は決してしないだろうけれど。

sunglass2011Motoki2.jpg

 そんな興奮を未だ引きずりつつ、今日はドイツ人のクリスチャンとこれから琵琶湖へ行く予定。さて、いかなることになりますやら。
  • (2011-08-02 13:44:07)
Marc Ribot
11/08/01/Mon.

The-Prosthetic-Cubans.jpg

Marc Ribot Y Los Cubanos Postizos

 8月になったばかりの月曜日、近年最高のライブを観る。

 マーク・リボがLos Cubanos Postizos(偽キューバ人)を率いて来日したのは、もう10年も前なのだそうだ。俺はこのユニットがラウンジリザーズと同じくらい好きである。あの時、俺は大阪にいなかったとか、確かそんな理由で今日と同じ心斎橋クアトロに行くことがどうしても出来なかった。

 あまり同じところにとどまる印象のない彼のこと、もう二度とLos Cubanos Postizosとのパフォーマンスは観ることが出来ないと思っていたし、あれから10年、彼を観ることが出来たのはソロのパフォーマンスだけで、それも決して出来がいいとは言えないものだった。

Muy-Divertido!.jpg

¡Muy Divertido!

 彼を観ることが出来るのならどんなシチュエーションでも(例えば最低のパフォーマンスでも)実は良かったが、Los Cubanos Postizosを率いる彼として観ることが出来たのは、本当に幸運である。しかも最高のパフォーマンスだった、少なくとも俺には。

 ラテンのリズムをあんなに生き生きと誰とも違う方法でフェイクする男はマーク・リボだけである。自らの中にある情動と、そして狂気を、あれほど生々しくギターで表現出来るのも彼だけだ。それをまざまざとライブで観ることが出来た。興奮は未だ覚めやらない。

 凄いオヤジだなあと思った。もう髪の毛はほとんどシルバーで頭の頂は禿げかかっているというのに、放たれるエネルギーが尋常でない。俺も負けてはいられないと思う。
  • (2011-08-02 00:31:32)
目が回る
11/07/31/Sun.

Shoot-Out-The-Lights.jpg

Shoot Out the Lights

 リチャード & リンダ・トンプソンの「Shoot Out the Lights」。ここを見ていただいている人の中にいったい彼らのことを知っている人がどのくらいいるのか、はなはだ疑問ではあるけれど、俺にとっては最近の日本の音楽を聴くことよりは彼らの音楽を聴くことの方がよっぽど重要ではある。

 彼らが元夫婦、つまりはもう別れてしまった二人だからということでもないだろうけれど、そのハーモニーは聴くごとに少し物悲しさを誘う。明日から8月なのである。8月となると、もう夏は終わるということで、それは秋の訪れということだから、と言うと気が早いだろうか。

 それはさておき、昨日は午前中にフットサルで、傷めた左の足首を蹴られてまたも痛い思いをしたものの、馬鹿みたいに暑くはなくて暑い夏をそこそこ楽しめた。午後からは新しいサンダルが欲しくて東奔西走。

 もう8月なのだからこれからサンダルを買うということになると、これは遅きに失した感は否めないけれど、秋には今年も西表に行くつもりだし、まあいいのだ。たった今欲しくなったわけではなくて、夏の初めから欲しいとは思っていたのだけれども、欲しいサンダルがなかなか見つからなかったのだし。

110723yodogawa2.jpg

 先日ジュンヤが履いているTevaのサンダルを見て懐かしくなり、これはいいかもしれないと下駄箱の奥にしまっておいたTevaを取り出すも、これがなかなかボロボロでちょっと履く気にはなれなかった。

 と言うわけで、Tevaを履くジュンヤが次に「買いたい」と思っているというChacoを探してみることにした。Tevaはマジックテープでベルトを留める(しかも2点)方式で、マジックテープに砂やゴミが付着したりとか、案外これを留めるのが面倒だったり、そのへんが欠点ではあった。思い出してみると、だからあまり履かなくなったのだ。

 その点、Chacoは同じくベルトで足を固定するのだけれど、留める方式がマジックテープではなく、しかも全部繋がっているから留める箇所は1点で済む。それにヴィブラムソールだからグリップも安心だ。

 いろいろと見てまわった挙句、時間切れとなって、結局はインターネットで購入してしまうというのは最近ではありがちなパターン。でも、ま、とにかく購入。さて、このChacoを愛用ということになるのか否か。

 そんな風にして休みを過ごすと、今日はまたしてもやること満載。シュウタの急襲にも、やつとのセッションは30分で切り上げて、いざ、次回作「麒麟」のパターン作りを遅くまで。明日も続くのである。

 と言いつつ、明晩は遂にマーク・リボのライブがクアトロで。明後日はドイツ人のクリスチャンと釣り。いやはや、楽しみではあるけれども、こりゃ目が回る。
  • (2011-08-01 00:46:50)
Surface Angle
11/07/29/Fri.

SurfaceAngle1.jpg

 オリジナル偏光グラスのネーミングを「Surface Angle」としてみた。

 例によってプロダクツを更新する前に下記に詳細を公開。ご予約はディーラーによって異なりますが、だいたい8/3前後まで。当オンラインストアでも8/4まで受け付けます。

SurfaceAngleTop.jpg

SurfaceAngleLogo.jpg
オリジナル・クラシック・サングラス(偏光)

Made in Japan

Color
Frame : Tortoiseshell
Lens : Dark Green

Material
Lens : CR-39
Frame : Acetate

Size : Free

with Soft Case

¥19,950(Tax Include)

透過率:22%
偏光率 98%

レンズの横幅53mm
レンズの縦幅32mm
全体の横幅140mm
全体の縦幅39mm

 クラシカルでシンプルなオリジナル偏光グラスが欲しいと常々思っていた。巷のこってりしたスポーツグラスは、どうもトップウォーターのスタイルに似つかわしくない。

 そこで作ってみたのが、フィールドばかりではなく、普段にもかけていたいと思えるこのサングラスSurface Angle。スタンダードに見えて、少しエスプリの効いたデザインのフレームは津波ルアーズ・オリジナルである。

 今回の2ndヴァージョンはまるでフェンダーのピックガードにも似たべっ甲調。フレームの厚みを1 stよりも少し厚くすることで、耐久性はもちろん、ルックスにもヘビーデューティー感を増した。


 また、1 stに同じく、眼鏡で有名な鯖江の職人によるハンドメイドだから、作りもかけ易さも折り紙付き。頃よいサイズ感で様々な頭に幅広く対応するので、大きな頭にも小さな頭にも安心。ヒンジには7枚蝶番を使用し、ロゴおよび「MADE IN JAPAN」の文字には刻印に色入れの技法を用いるなど、細部にも鯖江らしさを見せる。

 レンズには傷がつき難く、高い透明性があり、しかも歪みの少ないCR-39を、さらには歪みの少ないクラシカルな4カーブを採用し(今回装着のダークグリーンは陽射しの強い季節および時間帯にも安心なオールラウンドタイプ)、見え易さ及び偏光性能に申し分なく、目にも優しい仕様となっている。

SurfaceAngleFlyer.jpg
  • (2011-07-29 21:29:30)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275