<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>













★ Sonic Cigar SL ★


★ Lake El Salt 2012 ★


★ Slapphappy Shad ★


★ Niva ★


★ Vickitan ★


★ Slapphappy Beaver ★


★ NEZUMI ★


★ Brand New Items ★









































★ New Release Info. ★
UTAMARO RECORDS
ANTS MOTOKI - ANY TYPES OF FISHBONE ASIAN SONIC ENSEMBLE
Links
Categories
Archives
Tools
top
Struggling Man
11/08/29/Mon.

Kirin-FL-TP.jpg

 昨日も書いたけれど、新しい麒麟は写真のようにベリー部分を削り取っている。これはBeat Stcikから用いている手法で、と言うほど大袈裟なものではないけれど、一番にはデザイン的なアクセント、それからフラッシングの効果、さらには過剰なロールを抑えて姿勢を安定させること(フラッシングとは矛盾するけれど)を期待してのもの。

 麒麟の場合はフロント側の浮力を少し抑えたいという意図もあった。結果、バスウッドでは前が突っ込み過ぎたので、今回は浮力のあるアユースを素材に用いている。23gから25gくらいと大きさの割に軽いのはその副産物だ。

 竿先をひょいっと持ち上げるだけで、小気味よいジャークが出来る。ショートもロングも思いのまま。スローからファストまでのただ曵きもOK。

 と、珍しく小難しいことを並べてみたのも、とにかく使ってみて欲しいから。もちろん使ってみたくなるようなデザインに仕上げたつもりではあるけれど。

 来週あたりにリリースです。

Struggling-Man.jpg

Struggling Man

 今日は事務所で「これってこんなに気持ち良かったっけ?」と思いつつジミー・クリフの「Struggling Man」(=世に認められようと奮闘する男?)を聴いている。レゲエにとどまらず、R&Bっぽい雰囲気があったりと、あくまでポップシンガーであるところが彼の魅力ではある。

 それにしてもその奥底から確かに聴こえて来るのはジャマイカで、さらにはやっぱりアフリカであったりする。

110629Biwako3.jpg

 さて、これから久しぶりの(でもないか)の琵琶湖である。病み上がりにもかかわらず、スエヒロの急な誘いに乗ってしまった。

 麒麟の写真を撮って、あわよくば麒麟で1本穫りたいところだ。
  • (2011-08-29 14:42:44)
アフリカのキリン
11/08/28/Sun.

Sex-Machine-[Live].jpg

Sex Machine

 暑苦しい8月の午後にJBなんて聴いていると、すべての起源はアフリカにあると思えてくるのだ。

 ファンクの帝王はひたすら熱く、いなたく、ぎんぎらぎんである。しかし、それがJBで、それこそがファンクだ。JBがファンクで、ファンクはJBだ。このアルバムしか持っていない俺が言うのも何だけれど、このアルバムを聴けば誰だってわかることだと思う。

 アフリカが聴こえる。ファンクにはアフロが充満している。アフロキューバンにももちろんアフロはあるし、ブルースにもサンバにも・・・。暑い8月の午後に音楽を聴けば、人は生まれ故郷を思い出すのだ。

Kirin-FD-NR.jpg

 とかなんとか言っていると、ルアーだって妙にアフリカっぽく見えてくる。アフリカのトンボかナナフシ、それとも狩猟の道具・・・。

 あの頃、俺はとても気負っていた。今も時々気負っているけれど、今以上に気負っていた。とにかく違うものが作りたくてうずうずしていた。

 とても細長いプロペラをとても細長いルアーにくっつけて、ともかく不器用で融通の利かないルアーを作ることにした。これなら他にはないだろうと。しかし、シェイプはシンプルに、しかもユニークに。それが麒麟である。

Kirin-PF.jpg

 分厚くて長いプロペラはとても効率がいいとは言えない回り方をしたし、ルアーはまっすぐにしか動かなかった。それでも、それはそれにしかない、何とも言えない音を奏でてくれた。

 それはそれで良かったのだけれど、長い間にああしたいこうしたいということが自ずと現れて、麒麟の再リリースは頓挫したまま、そのまま8年が過ぎたということ。

 そのああしたいこうしたいを何とか集約したのが今回のニュー麒麟である。プロペラは薄くなり、曲げ角度が変わり、効率良く回る。ベリー部分を削ることで姿勢が安定し、それとは矛盾するという意見もありましょうがこれはフラッシングにも効果的。相変わらずまっすぐにしか動かないとは言え、一番実現したかった容易なジャークはもちろん、スローなただ曵きだって何の問題もない。

 少し優秀になった、それでもユニークと津波ルアーズが自負する、ニュー麒麟はもうすぐリリース。そう言えば、キリンはアフリカの動物だなあ。
  • (2011-08-28 21:59:04)
Online Store
11/08/27/Sat.

MAM-TSB.jpg

 Slapphappy Shad Grande(カラーによっては欠品もあり)とかMighty Eddy(1個のみ)をオンラインストアにUPすると同時に、倉庫の奥に眠っていた在庫を発掘してUPしました。本日よりオンラインストアにてご購入可能!どれも少量です。

Slphp-Shd-GRD6.jpg

 それから、昨日出荷したSurface Angleですが、Black & OrangeはSold Outとなりました。Khaki BrownとCrazy Boneは少量残ってます。

SurfaceAngleKB.jpg

 実を言うと、一番にKhaki Brownが売れると踏んでいたから、ちょっと意外。Khaki Brownは画面を通じてだと、色味がわかり辛いということもあるかもしれません。文字通りカーキっぽい茶色でミリタリー・ライクと言っていい渋めのカラーです。Crazy Boneともどもぜひ。
  • (2011-08-27 14:47:18)
Let Me In
11/08/26/Fri.

Let-Me-In.jpg

Let Me in

 気がつけば月末で、今日は鼻をすすりつつ、暑苦しいジョニー・ウィンターを聴きながら、トップ堂の原稿を書くのである。7月に行った九州は3日間と決して長くはなかったものの、とても充実した旅だったということを、おおよそ1600字に渡って書いた。これが写真とともに次号のトップ堂に掲載されるわけです。

 ところで残暑厳しい折のジョニーは相変わらず歌にギターに吠えまくるのだ。91年のこのアルバムは良く聴いた。80年代から90年代初め頃に、こんなにも熱気のこもった、しかも荒々しく疾走するブルースを演奏したのはこの人だけだと俺は思う。

 ウィキペディアで彼のことを調べたら、今年の4月に初来日していたことを知った。90年に彼の来日公演のチケットを買ったものの、中止になって払い戻しという憂き目に遭っている俺としては愕然の事実。その頃俺はメキシコにいたからどのみち観ることは出来なかったにしても。

 初来日のはずの21年前、払い戻しに行った梅田の小さなイベンター事務所に貼ってあったポスターを無理を言ってもらって帰り、今も大事にしているのだ、俺は。そんなわけだから危うくウィキペディアを見て涙しそうになった。今も元気(ではないかもしれないが)に演奏しているということが何だか涙チョチョ切れそうに嬉しい。

 来日公演のその場にいたとしたら、泣いただろうな、たぶん。俺のように泣いてしまう人で会場はきっといっぱいで、あちこちですすり泣く声が曲の合間に聞こえたに違いない。

Kirin-FR-LZ.jpg

 さて、予想外に時間がかかってしまったけれど、どブルースを奏でるジョニーと同じくらいの気持ちを込めて、次回は予定通り麒麟というルアーをリリースする。

 1回目のリリースと今回のリリースにも相当の時間(8年!)が空いた。ここ数年で津波ルアーズを知った人には見たこともないルアーなのかもしれない、と思うと、俺も結構長くやっているんだなあと感心してしまう。

 装いも新たになった麒麟のリリースはもうすぐです。

randonneur1108.jpg

 時間がかかると言うと、俺のランドナーである。上の写真が俺のデスクの前に鎮座ましましている今現在のランドナー。もうお忘れの人もいらっしゃるかもしれないが、今年の初めに買ったぼろぼろのランドナーを、ほとんど他力本願でレストアし始めてもう半年以上が経った。

 フレームが奇麗に再塗装されているから、写真だけ見るともう少しで完成か?と思われるかもしれないが、未だ先は長いと言わざるを得ない。ま、しかし、形にはなって来た・・・と思う。
  • (2011-08-26 21:38:05)
Surface Surface
11/08/25/Thu.

Ella-&-Louis.jpg

Ella & Louis

 今夜はElla & Louisを聴きながら。

 前にも書いただろうか、何年か前、梅田で有山さんと偶然会って、彼がどういうわけか自分自身で「ぼちぼちいこか」(上田正樹と有山淳司)の再発CDを買うのにタワレコへ付き合って、俺はこれをジャケット買いしたのである。このアルバムはそれ以来の愛聴盤だ。そう言えば、有山さんともひょっとするとそれ以来会っていないかもしれないなあ。

 さて、夏風邪は喉の痛みがおさまって、声がかすれ、遂には鼻水が出始めた。どうやら一通りの手順は踏みそうで、先が思いやられる。

futsal-uniform.jpg

 ところで高知へ行く前にフットサル・チームのユニフォームのラフ・デザインをようやく上げた。(ちなみにConclaveがチーム名。Gardenに意味はなくはないのだが、ややこしいので説明はやめておく)レトロな雰囲気で気に入っているけれど、インターネットを調べているとユニフォームのサイトに出て来る昇華プリントとやらでほんとうに出来てしまうのか、ただ今ほうぼうで見積もり中である。

R_and_Reel_Surface.jpg

Rod and Reel Surface

 「ようやく」と言えば、ナカムラ編集長の長年に渡る構想であったロドリ「Surface」がもうすぐ発売になる。これで俺の西表島取材もようやく日の目を見るわけだ。西表島取材を始め、津波ルアーズもいろいろと取り上げていただいているし、バイトシーンを集めた付録のDVDにも登場するはずなのでぜひ。

SurfaceAngleBO.jpg

 Surface Angleは明日の出荷予定。べっ甲はSold Outですが、今回リリースのは在庫がいくらかずつあります。べっ甲もいいけれど、今回の3色もとてもいい雰囲気なのでぜひ。
  • (2011-08-26 00:00:09)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275