<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>













★ Sonic Cigar SL ★


★ Lake El Salt 2012 ★


★ Slapphappy Shad ★


★ Niva ★


★ Vickitan ★


★ Slapphappy Beaver ★


★ NEZUMI ★


★ Brand New Items ★









































★ New Release Info. ★
UTAMARO RECORDS
ANTS MOTOKI - ANY TYPES OF FISHBONE ASIAN SONIC ENSEMBLE
Links
Categories
Archives
Tools
top
ガシャポコと
11/09/15/Thu.

Someday-My-Prince-Will-Come.jpg

Someday My Prince Will Come

 鳴り始めたSomeday My Prince Will Comeに促され、疲れた体に鞭を打って帰り道を急ぐ。いつものチェロキーではなくて、借り物のダイハツ・ネイキッドは小さくて勝手が違うが、これはこれで日本車にしてはおもしろい車だと思う。

110914sakaeso-wood.jpg

 昨日はY・STYLE店長、ハマグチ君、タカシ君と琵琶湖へ。俺と丸一日同船したのはタカシ君。何年か前、俺が愛媛のとあるダム湖に撮影に行った際、陸っぱりをしていたひとりの人に覚えがあって、実はそれがタカシ君だったというエピソードもある。

110914kite.jpg

 午前中は俺がちょっと遅刻したことも手伝ってか不調ではあったものの、宿でのシェスタ後、夕方にポイントを移動、夕闇間近になると状況は一変した。バイトの数もそこそこ、しかも強烈なのがそれぞれにあって、バラしたり、ようやくキャッチしたり、この日の王将での遅い晩飯時の話題に充分はみ出るくらいの成果があったと思う。

 ハマグチ君に至ってはそこそこのサイズの魚とファイト中、興奮で力が入り過ぎてしまい、リールが外れてしまったのだそうだ。それぞれの手にロッドとリールを持って、ほうける彼の姿を想像すると、しばらくは笑えたのである。

110914takashi1.jpg

 そんな中、案内役にもかかわらず最も釣ってしまったのは俺で、54cmを含む40upを5本と気を吐いた。遠慮なしということだ。

 この54cmは凄かった。使用していない杭だけのエリ周辺でSlapphappy Shad Propを曵く。ボートのコースを修正するのに、エレキに手をかけ、もう一度リトリーブを始めた瞬間にルアーがひったくられた(気がした)。魚はぐいぐい俺を引っ張って、ビューッビューッと2度、3度ドラグを逆回転させた時には、60だと思ってしまったくらい。そんな最高の抵抗を試みて、やがて上がって来てくれたのが、丸々と太ったその魚である。

110914-54.jpg

 この日はSlapphappyシリーズに加えてNeo Beatsシリーズに反応が良かった。特にローライトコンディションでのNeo Beatsシリーズは効果抜群である。

 もちろんこれは随分前からわかっていることではあるけれど、この日、俺が主にSlapphappy Shad、それからSlapphappy Shad Grande、タカシ君が主にNeo Beatsシリーズ(Beat Jack[ウッドプラ]、Beat Queen JBeat King Jなど)を使っていてわかったのは、Slapphappyシリーズに出ない魚がNeo Beatsシリーズに出る、あるいはその逆があるということ。

110914takashi2.jpg

 最近の俺は琵琶湖ではどちらかと言うと、Slapphappyシリーズに絶大な信頼を置いていたから、連発するNeo Beatsシリーズへの激しいバイトにこのルアーの力を再確認するのだった。この前のカミヤの63cmもBeat Jackだったことだし、オオクボ君もこのルアーのデル・プラスティコを絶賛してくれていたし。

 大久保君の場合、初めてこれを見せられた時はちょっとした衝撃だったようだ。ちなみに彼はこれをナマズ用にも多用するとか。

BeatJackDP-RB.jpg

 そう言えば、最近釣りを始めたばかりのスエヒロも、最初に気に入ったのはこのルアーの見た目と動きだった。おもしろいもんね、このルアーって。まさかこんな形の、こんな動きの得体の知れない物体で魚が釣れるとは思いもしないから。

 そんなわけで、この頃は、ガシャポコガシャポコとまるでポリリズムを奏でるNeo Beatsシリーズへの評価を再度高める俺なのだった。

 琵琶湖へ来て、さて何を使ったら?という人は、SlapphappyシリーズとNeo Beatsシリーズ、この二種類のルアーをとにかく曵き倒してみて欲しい。必ずや結果が出るでしょう。
  • (2011-09-15 18:22:57)
名月に麒麟
11/09/13/Tue.

110911moon.jpg

 夕べは中秋の名月だったようで、どうりで今日も月が奇麗だ。

 月の光を浴びて、摩訶不思議な気分に浸ったら、TVばっかし見ていないで、ニコがジャケットになった、ビル・エヴァンスのMoon Beamsなんかを聴くのがロマンチックというものかもしれない。

Moonbeams.jpg

Moon Beams

 明日はY・STYLEチームと琵琶湖である。それにしても、この頃、彼の湖に浮いていることがとても多い。明日も琵琶湖の月を眺めることになりそうだ。

 前にも書いたけど、いったいどのくらい釣りに行ったら満足するのか、こうなったらそうなるまで行くのである。

Kirin-FL-TP3.jpg

 麒麟の出荷完了!FL-TPはSold Outです。
  • (2011-09-13 20:50:07)
切なさ
11/09/12/Mon.

110911child.jpg

 琵琶湖で偶然Rottonシゲとその息子と遭遇する。「今日は息子の琵琶湖デヴュー」なのだそうだ。微笑ましくてしばらく見ていたかったが、夕まずめが迫るので早々にボートを出す。

 オオハタ君と琵琶湖で釣りのつもりが、この日はアチャコ・タマイ、それからアローヘッズのカミヤ&ユキちゃんが後から合流し、同じ場所からエントリー。少し賑やかな釣りになった。

 それにしても、車が壊れるアクシデントが尾を引いたような、ここ最近では一番の悪コンディションだったと思う。

Kirin-kng2.jpg

 粘ってはみたものの、オオハタ君が風邪ということもあり、これ以上粘ってもしょうがないなあ、とギブアップ、ちょいはみ出しで粘るやつら3人を尻目に我々は先に退散したのだった。釣果はオオハタ君がプロト・ペンシル・デル・プラスティコで釣った1尾のみの寂しい結果。

 アカシが金曜日か土曜日に入った折には、ベイトが回っていて、しかもボイルが結構あったという同じ場所周辺だったのだけれど、台風後、堰は全開放流だったので、状況も変わり易いと言うことだ。

 ところでいよいよ明日は麒麟の出荷日である。ちなみに今回の人気カラーはFL-TP、二番人気はFD-NR。

The-Chet-Baker-Quartet-With-Russ-Freeman.jpg

Chet Baker Quartet Featuring Russ Freeman

 チェット・ベイカーの青臭く湿っぽいトランペットを聴く。ついでにラス・フリーマンのピアノも何だか湿っぽい。ただ、それはネガティブな湿っぽさではなくて、どうも暖かくて優しいと感じる湿っぽさではある。

 湿気を帯びた音というと、だいたいはネガティブなもののはずが、どうしてこうも心地良いのか。例えば、ギターの音は乾いているに越したことはないとされているのだけれど。

 ところで湿気のない最近の気候はとてもいい。湿気の多い日本にあっては一年のうちでも数少ない日々だろう。どうもそういう希有な、例えばチェット・ベイカーの湿った音だとか、日本における湿気のない日だとかは、何となく切なかったりもする。
  • (2011-09-12 16:43:08)
白昼夢
11/09/11/Sun.

110909biwako3.jpg

 「白昼夢のようです」と福島の非難区域の街を訪れた姜尚中が、雑草の生えた無人の学校のグラウンドで言った。非難した人たちは口を揃えて「忘れないで」と言う。今朝のTVである。

 あれから半年、なるほど福島の街にはまるで一瞬にして消えてしまったかのように、人々の姿がなかった。雑草を別にすれば、食卓には食事の痕があり、鍋は湯気をたてていそうだった。まるでSF映画を見るようだ。

 TVでも言っていたけれど、そう言えば9.11の同時多発テロからも10年である。あれだって忘れるべきではないと、今年の震災のことを思うにつけ、余計に思うようになった。

 我々は決して忘れない。そこから遠く離れていようとも、程度の差こそあれ、震災の被害や原発の事故や9.11や、そして今回の台風被害とも、向き合って生きて行かなければいけないことに変わりはないと思っている。

Kirin-FL-TP2.jpg

 ただし、俺は、楽しいこと、少しでも励みになるようなことを発信しつつ生きることが出来れば、と考える。その方が俺自身の精神衛生にもよろしいと思う。都合が良過ぎるかもしれないが。

 さて、そんなわけで、今日も釣りに出かけよう。それから麒麟は明後日の出荷予定です。

Bird-And-Diz.jpg

Bird and Diz

 釣りや音楽を忘れることはいけないと思う。必要ないことのようで、実は力になるのは釣りや音楽だから。

 Bird and Dizを買った。チャーリー・パーカーとディジー・ガレスピーの共演盤である。おまけにここではセロニアス・モンクだってピアノを弾いている。それだけでうきうきしてしまう。

 音楽を別にして、と言うと語弊はあるけれども、俺はディジー・ガレスピーのたたずまいが昔から好きである。ほっぺた、と言うのかリンパ腺あたりを異常に膨らませながらトランペットを吹くあの姿、人当たりが柔らかそうなその一方でやんちゃそうなその雰囲気、そういうのが何となく昔から好きなのである。

 このアルバムにはそういう想像通りの彼がいる。革新的できっ先鋭い、しかも優しい音楽だ。
  • (2011-09-11 13:28:23)
いたずら
11/09/10/Sat.

110909biwako.jpg

 ショッキングな出来事がふたつ。

 昨日は釣りに出かけたはいいが、帰り道はレッカー車に乗っていた。愛車チェロキーに異音がしていたのは数日前から気づいていたものの、月曜日あたりにでも見てもらえばいいと思っていた。それがそもそもの間違いで、行きの高速で煙を吐いた愛車は、パワステオイルが駄々漏れで、遂にはハンドルを切ると筋肉痛になるくらいステアリングが重くなってしまい、異音は大きさを増し、あからさまに異常を伝えるのだった。

 そんなわけで帰りはレッカー車。しかし、せっかくオオハタ君も遠くからやって来たことだし、そんな珍事に迷惑を被ったスエヒロもカミオカも釣りはしたいわけだし、もちろん俺も釣りたいわけで、しっかり釣りだけはして来たということ。

110909biwako.jpg

 昨日もそれほど状況は良くはなくて、それでもとにかくそれぞれに釣ったり、バラしたりを楽しんだ。トラブルを相殺するような目覚ましい釣果は得られなかったが・・・。

 ただし、あの男は違ったのだ。先日、一日で58cmと63cmを釣り上げてしまった男は未だに神がかっている。

 別のポイントに知らぬ間に入っていた、イノウエ&カミヤ・ペア、まるでバイトはなかったと言うのに、一発だけ、それも目の前でカミヤに出たバイトが何と64cmなのだった。いやはや恐ろしい。これがついこの間まで自己ベストが50cmだった男の仕業である。

 あまり使いたい言葉ではないけれど、ともかくやつは「持っている」と言っていいのだろう。今年、それもここ最近こそ釣行回数はまずまず多い、釣り歴数年のカミヤではあるものの、どれだけ苦労しても、どれだけ願をかけつつ琵琶湖に通っても60に届かない人は大勢いるのだから。かく言う俺だってもう二十年以上バス釣りをしているが、国内で60を釣ったのはやつと一緒の2本、しかもやつの2本よりも俺のは小さいわけで・・・。

 例えば俺とよく行くバンバ(57cmが自己ベスト)にしても「そんなん無いわ〜〜〜〜」という感想をメールでよこしたり・・・。ま、俺やバンバと同じく感嘆と嫉妬の声を上げている人は少なくないだろうなあ。

 「羨ましい」という感情をとりあえずどこかにうっちゃってしまったら、それにしてもだから釣りっておもしろいとつくづく思う。頑張れば確率は上がるけれど、それでも尚、二十年選手にも子どもにも同じくチャンスはあるわけだ。釣りの神様はいたずら好きである。
  • (2011-09-10 15:39:39)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275