<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>













★ Sonic Cigar SL ★


★ Lake El Salt 2012 ★


★ Slapphappy Shad ★


★ Niva ★


★ Vickitan ★


★ Slapphappy Beaver ★


★ NEZUMI ★


★ Brand New Items ★









































★ New Release Info. ★
UTAMARO RECORDS
ANTS MOTOKI - ANY TYPES OF FISHBONE ASIAN SONIC ENSEMBLE
Links
Categories
Archives
Tools
top
アナログ感
11/11/13/Sun.

Charlie-Christian-With-The-Benny-Goodman-Sextet-Solo-Flight.jpg

LIVE!WITH THE BENNY GOODMAN SEXTET-

 空気ということなら、ここには1939年から1941年にかけてのアメリカの空気がある。サウンドはそれほど鮮明ではないけれど、鮮明ではないからこそ見えるものだってある。このアナログ感は素晴らしい。

 チャーリー・クリスチャンのギターを始めとする彼らの演奏はごきげんきわまりない。技術がどうのこうのとか言うよりは、とにかくごきげんにスウィングする。いやはやなんてごきげんなんだろう。

DjangoP3.jpg

 DJANGO-P(未だ仮名)のお尻だってアナログ的にごきげんにスウィングするのである。プルプルムリムリ・・・これが気持ち良く動いた時には俺も実は「お〜!」なんて歓声をたったひとりで上げてしまったものだ。それこそこのアルバムの中にも収録されている、誰かの雄叫びのごとく。

 明日はこれのPVの撮影ということになった。さて、うまくDJANGO-P(未だ仮名)のお尻のスウィングを捉えることが出来ますかどうか。

TsunamiCupVol.13.jpg

 遅ればせながら津波カップVol.13の結果報告へリンクを貼っておきましょう。チャリティーTeeへのご協力もどうかよろしく。

DVD-Baccarac2011.jpg

 それから、それから、今年のメキシコの模様を収めたDVD「TOP WATER GAME Lake Baccarac」の発売もいよいよ18日に迫っております。こちらも売り上げの一部は東日本大震災へのチャリティーにあてられるので、どうかよろしく。
  • (2011-11-13 22:27:45)
REBEL Box
11/11/12/Sat.

DjangoP2.jpg

 俺がアメリカのゴミ屋と親しみを込めて呼ぶ、週末しか開いてない、例のお店に商品が入荷しているので尋ねてみたのである。

 「どこにあるんですか?」と聞かれることもあって、めんどくさいのでこの際教えてしまう。イレクターズという、アメリカのアンティークショップさながらの、アメリカン釣具およびアウトドア用品等の中古を扱うお店は中津の高架下にある。(URLはhttp://ameblo.jp/erectorsjp/ 道を挟んだ向かい側には家具等を扱うお店もあり)ジャンクからヴィンテージまで掘り出す楽しみのあるお店というのはきょうびなかなかないものだ。

RebelBox.jpg

 そこで本日買ってしまったのは写真のレーベルのタックルボックス。レーベルにこんなにいかしたタックルボックスがあったなんて俺は知らなかった。ま、ヴィンテージには全然詳しくはないので、知らなくてあたりまえではあるが、雰囲気から察するに80年代くらいのものではないでしょうか。ちょっと小さいのが実用的ではないかもしれないとは思ったものの、ほとんど一目惚れ。

 案の定、いつも持って行く分のルアーはまるで入り切らなかったけれども、まあいい。今日コーティングの上がったDJANGO-P(未だ仮名)のサンプルをその上に載せて写真を撮ってみたりするのである。

 いかがだろうか、このルアーの出来映えは?近日中においおい詳しく紹介しようとは思っている。それにしてももう今月リリースなのだから、急いで名前をきめなくては。

sonny_rollins.jpg
A Night At The "Village Vanguard"

 今日聴いていて「ハッ?!」としたのはソニー・ロリンズ。特にこの「A Night At The "Village Vanguard"」はやっぱりどうも気持ちが良くてしょうがない。

 何とも言えない空気感がいい。ピアノレストリオということの自由度に加えて、ヴィレッジヴァンガードという場所の持つ音響が、それにもちろん時代がその空気を形作っているのだと思う。それがソニー・ロリンズを始めとするトリオのこんなにもソウルフルなプレイをより引き出すわけだ。

 音楽にはそういう空気が宿る。レーベルのボックスにだって立派に空気は宿っている。
  • (2011-11-12 21:42:42)
事務所にて
11/11/11/Fri.

Someday-My-Prince-Will-Come.jpg

Someday My Prince Will Come

 今晩は一週間ぶりの事務所で「Someday My Prince Will Come」を聴きながら。未だに短パンにTシャツで過ごせる西表に比べると、いやはやすっかり冷える大阪である。夕暮れを過ぎると特に足下が冷えるのだ、うちの事務所は。

111110Canoe.jpg

 となると、琵琶湖も相当に冷えるんだろうなあ、などと帰る早々、いつものフィールドに思いを馳せてしまう俺だ。

 さて、久しぶりの事務所にはいろいろ荷物が届いていた。

 Dos Cactusの#0も遂に。前にもここで書いたが、#1では小さいし、#1/0では大き過ぎる、ということがルアーによってはあって、これらの間のサイズが津波ルアーズの場合はどうしても欲しくなって作ってしまったのだ。実際、来春リリース予定のプラスチック・ペンシルにもこの#0が採用されることになっている。

 これを7本入りと50本入りにパッケージングし終わるとリリースとなります。しばしお待ちを。

ConclaveUniform2.jpg

 それから我らがフットサルチーム「FC Conclave」のユニフォーム。ポリエステルにのみプリント可能な昇華プリントという方法で、斜めのラインからチーム名、背番号、それから参加メンバーの仕事上の屋号(もちろんTsunami Luresも、うちの会社名であるTombstoneも)までを全面にプリントされた上に、オリジナルのワッペンまで付けてしまった贅沢な仕様のこのユニフォーム、安価な割にはなかなか良い出来なのだ。

 早速自分の分を取り出してハンガーにかけて飾ってある。来週のデヴューが楽しみだ。

tsunami-cup13tee.jpg

 さて、西表に行く前にお知らせした通り、津波ルアーズ元木デザインの津波カップVol.13のTシャツ(上の写真)がワイルドフィッシュを通じて受注販売される。これの利益は東日本大震災で被害に遭われた方々へ寄付することになっているので、どうかご協力をよろしく!詳しくはこちら

 写真ではわかり難いけれども、イラストから文字に至るグラフィックのほぼ全部が俺自身の手描きをスキャンして構成されております。力作です。

OneOceanTee.jpg

 Tシャツと言うと、西表では例によってOne Oceanのをデザインするはめに。ヨウイチがチャリティーTeeのデザインを気に入ったようなので、これを自分自身でパクることにして、出来上がったのが上の画像。これももちろん俺の手描き。(ベースカラーとかプリントカラーは未定)
自分で言うのも何ですがなかなかの出来映えだ。

randonneur111111.jpg

 とかなんとか書いてるうちにランドナー部部長ハシQがやって来て、俺のランドナーをレストアし始めたので、俺もやることにします。
  • (2011-11-11 20:36:24)
マングローブジャックの目
11/11/10/Thu.

111110Leaf.jpg

 マングローブジャックのあの透き通るような大きな目はいったい何を映すのか。タコの足のようなマングローブの呼吸根の隙間から、タンニン色の水を通して見る世界はいったいどんなだろうか。

 今年もあの魚に彼の地で出会えたことに感謝したい。果たして次はいつ出会えるのか?と思うと、率直にありがたいと思うのだ。

111110JackEye.jpg

 ちょっとした嵐のような悪天候をついて、ヨウイチと浦内川の河口へカヌーを出す。下流の岩盤あたりは風がまともにあたって釣り辛かったものの、波風の中でもバイトがあって一尾のジャックをプロトのプラスチック・ペンシルでものにした。とりあえずこの魚を釣ることが出来たなら今日の目標は半分達成したようなものだ。

111110Jack.jpg

 橋のちょっと下の支流へ入るとそこは風裏で、ようやく普通の釣りらしくなる。思いがけずここでは結構な数のチェイスとバイトがあって、プロトのプロップ・ミノーで3尾ほどジャックを釣った。午前中3時間ほどの釣果としては充分だ。

 関空へは嫁に迎えに来てもらって、一緒にそばを食って、エチオピアのサイケデリックなジャズ(?)を聴きながら帰路につく。

ethiopiques.jpg

Ethiopiques 4

 時々紹介しているこのエチオピアン・ジャズは、西表の自然のように、人々のように、強烈な、しかし少し懐かしいような個性をもって、俺のような人の心の扉を開けてしまう。そしてそれはやがて癖になる。それはあくまで俺のような人にはと言うことではあるけれど。
  • (2011-11-11 00:49:47)
前線
11/11/09/Wed.

111109view1.jpg

 前線の通過する直前の海へようやく出てはみたものの、小雨の中、うねりを避けつつでは、満足のいく釣りは出来ずじまいで、昼過ぎには上がったのだった。相変わらずうねっているようで海には出れないのだけれど、夕方にはちょっと晴れ間が見えたのは救いだった。

111109view2.jpg

 そんなわけで今回はほとんど釣りらしい釣りが出来ないでいる。明日の夕方には帰りの飛行機に乗ってしまう俺なので、明日の午前中はちょっとだけ浦内川へ行こうということになった。さて、釣りの神様は少しは微笑んでくれるのか。

 ま、しかし、西表で一週間過ごせただけでほとんどは満足なのだけれど。
  • (2011-11-09 22:25:23)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275