<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>













★ Sonic Cigar SL ★


★ Lake El Salt 2012 ★


★ Slapphappy Shad ★


★ Niva ★


★ Vickitan ★


★ Slapphappy Beaver ★


★ NEZUMI ★


★ Brand New Items ★









































★ New Release Info. ★
UTAMARO RECORDS
ANTS MOTOKI - ANY TYPES OF FISHBONE ASIAN SONIC ENSEMBLE
Links
Categories
Archives
Tools
top
BAD AS ME
11/12/05/Mon.

BadAsMe.jpg

BAD AS ME

 トム・ウェイツの新譜が届く。豪華ブックレットとボーナスCDの付いたやつ。新譜を聴くなんてことはこの頃なかなかない。ほとんどは古いのを探したり掘り起こしたりして買うわけだから、俺の場合。

 ただ、しかし、これはやっぱり買わないわけにはいかない。トム・ウェイツのアルバムであるということはもちろん、マーク・リボとデヴィッド・イダルゴがほぼ全面的に参加しているということはそれだけで充分買う理由になる。

 既に3回ほど仕事をしつつ流した。やるべきことでとっちらかった俺の脳みそにも心地良い。いつまで経ってもポピュリズムに陥ることのないしごく誠実な狂気。
  • (2011-12-05 21:40:18)
ミッチェルとレ・ネグレス・ベルト
11/12/04/Sun.

111204BiwakoSunrise.jpg

 今日のもうけものは見事な朝日と虹。

 今朝の琵琶湖西岸はパラパラと小雨は降ったものの、風やうねりにもそれほど悩まされることなく、つつがなく釣りをすることが出来た。久しぶりの早朝の釣りは、多少の寒さはあっても、清々しいのである。同船のスエヒロ親子にも良い休日となったことでしょう。ただし、魚の反応は皆無だったけれども。

111204BiwakoRainbow.jpg

 昼飯に3人でお好み焼きをたらふく食って、油断すると閉じてしまいそうな瞼を必死でこじ開けつつ、名神を走って事務所に戻る。

 夕方に郵便でリールが届いた。このオフシーズンにはもう何年も御無沙汰の管理釣場にでも行ってみるか、と買ってみたオールド・ミッチェルである。何と愛らしいリールなのだろうか。リールとはこうあるべきだ。

GarciaMitchell1112.jpg

 管理釣場にはフライで行くのが常ではあったのだけれども、残念ながら数年前の火事でそれ用のタックルやタイイングの道具も全部焼いてしまった。去年か一昨年にも管理釣場に行くつもりで買ったフライロッドとハーディーはあるものの、それ以外にもいろいろと揃えなければならないものがあって、フライはフライでぼちぼち買い足して行くことにして、この冬はまずスピニングタックルで挑もうというところ。周りにも初挑戦したいと言うやつがいることだし。

LesNegressesVertes.jpg

Les Negresses Vertes

 昨日の実にワールドミュージックらしいバロジに続いて、今夜は真のワールドミュージックと言ってもいいレ・ネグレス・ベルトの2ndを聴く。

 彼らの音楽は実によく聴いた。「遅れている」とこの間も書いたその例に漏れず、俺が彼らに衝撃を受けたのはヴォーカルのエルノが死んでしまった後ではあったのだけれど・・・。フランスならではのミクスチャーセンスに溢れた彼らの音楽は、猥雑で粗野でありながら、小粋で理知的で、しかもその疾走感にはただならぬ気配があった。

 リールが愛らしくあるべきなのと同じく、ワールドミュージックとはこうあるべきなのだ。そう言えば、ミッチェルもレ・ネグレス・ベルトもフランス産。
  • (2011-12-04 21:29:39)
ルンバ・ロック
11/12/03/Sat.



 なんと小粋な音楽なのでしょうか。これはバロジというコンゴ出身のベルギー人ラッパーが、故郷のコンゴはキンシャサで、地元のミュージシャンと録音したアルバムのPVということ。

 いわゆるラップはどちらかというと苦手ではあるのだけれど、こういうミクスチャーならどちらかというと歓迎だ。彼の強烈なエナジーを感じるし、故郷に戻って自分なりのアイデンティティーを模索する姿にも好感が持てる。

Kinshasa-Succursale.jpg

Baloji

 キンシャサはコノノNo.1(このアルバムにも参加)やスタッフ・ベンダ・ビリリなんかを輩出し、もっと昔にはルンバ・ロックを生み出した土地柄で、そもそもミクスチャーの坩堝である。パロジのもう一方のPVでも垣間見れるのはそういう凄まじい土地自体のエナジーだ。

 というわけで、ルンバ・ロックがもっと聴きたくなった。ちょっと探してみよう。

101208biwako2.jpg

 さて、明朝はスエヒロとその息子のシュウタを連れて琵琶湖で釣りなのである。去年の写真を見ると、最後に釣ったのはジョン・レノンの命日だった。今年はどうだろうか?
  • (2011-12-03 21:32:02)
Sukiyaki
11/12/02/Fri.

111122yodogawa4.jpg

 先々週だったか、フットサルのユニフォームが出来たこともあって、参加したメンバーで写真を撮った。「フットサルのチームみたい」と誰かが言ったけれど、こうしてユニフォームを作るとまさにぐっとチームらしくなる。気分も盛り上がるから不思議と言えば不思議だ。

 ちなみに火曜日の夜に集合するうちを入れて3チームの面々は20代と30代が中心で、45upとなると俺しかいない。そんな中で、つまりはぶっちぎりで最年長の俺が20代や30代に混ざって、スポーツをさせてもらうと言うのは、これがなかなか楽しい。

 これを続けようと思えば、最低限のトレーニングも続けなければならないわけで、今のところそれは体力維持のちょっとした励みにもなっているのだ。

111122futsal.jpg

 さて、そろそろ鍋が旨い季節であるから、と言うわけでもないのだけれど、来年早々、春までにはSukiyaki60に新しいアクションを登場させようと思っている。

 Sukiyaki60Hのティップを柔らかくしたような、60Hよりもう少し繊細な感じ、つまりはペンシルベイトなんかを水に絡めてスウィーッとより思うままにコントロール可能な、目指したのはそういうアクションである。正確に言うと、ティップを柔らかくしただけではなくて、Sukiyaki60Hとは全体のテーパーが違うのだけれど。

 ここ数ヶ月テストしてきたサンプルは思った通りのアクションで、あとはカラーとスレッドのデザインをするばかりとなった。これもまた悩ましくはあるが、もうひとつ迷っているのはアクションを表すコードである。Sukiyaki60Hよりは柔らかくはあるけれど、Mよりは硬く、しかもファーストテーパーであるから、FH(ファーストテーパー/ヘヴィー)もしくはFMH(ファーストテーパー/ミディアムヘヴィー)あたりでしょうか。

 それにしてもこの頃はいろいろと名前を考えなくてはならなかったり、デザインしなければならないことがあまりに多くて、それが仕事なのだからあたりまえとはいうものの、ちょっとたいへんであります。
  • (2011-12-02 21:59:13)
砂漠のブルース
11/12/01/Thu.

111122yodogawa3.jpg

 引っ越したはいいが、前の大家が自己破産して、返ってくるはずの敷金が返ってこないことがほぼ確定となった。カーナビも壊れた。その上、師走に突入の本日はスピード違反で捕まった。弱り目に祟り目・・・ろくなことが起こらないと、ろくなことが起こらない。つまりこういうことって続くものだ。なかなか世の中が俺に手厳しい年末である。

 それでも悪いことばかりでもない、と思う。今日の救いは妻のご両親のおごりで夕方に神戸でおいしいご飯を食べたこと。楽しい時間を過ごせた。

tinariwen.jpg

AMAN IMAN

 今晩はブリティッシュトラッドのフェアポート・コンベンションに続いて砂漠のブルース=ティナリウェンを聴く。音楽はどんな時にも優しい。

 砂塵舞う空気を振るわせてサハラ砂漠から世界へ向けて歌われる、エスニックなエレキギターのしらべと魂の叫びは、どこまでももの悲しく、しかし力強く響くのだ。

 世界にはこんなに素晴らしい音楽があるということを知っている、ということは幸せなことであると思う。
  • (2011-12-02 00:30:49)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275