<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>













★ Sonic Cigar SL ★


★ Lake El Salt 2012 ★


★ Slapphappy Shad ★


★ Niva ★


★ Vickitan ★


★ Slapphappy Beaver ★


★ NEZUMI ★


★ Brand New Items ★









































★ New Release Info. ★
UTAMARO RECORDS
ANTS MOTOKI - ANY TYPES OF FISHBONE ASIAN SONIC ENSEMBLE
Links
Categories
Archives
Tools
top
摩訶不思議
11/12/10/Sat.

BimbePSL.jpg

 皆既月食ってちらっと見ただけではほとんど普段と変わりなく、俺には何だか妖しいなというくらいにしか見えない。だんだんと欠けていくのを見てこそ価値があるのだろうが、寒過ぎてずっと見ていられないのだ。と言うわけで、間をあけて2度見たら確かに様子が違っていて、ますます妖しく見えたのだった。

 月というのは摩訶不思議だ。ま、普段から空にぽっかりひとつだけ浮かぶその姿というのはそこそこ不思議なものではあるのだけれど。

 本日は合計4本の釣果報告あり。この時期としては多いと思うが、これも皆既月食のせいだろうか。それからハワイはウィルソン湖での釣果も。

Groovin'-High.jpg

Groovin' High

 さて、ビンビのカラーパターンが出揃った。充実の6色は近日公開予定。

 十数色塗ったそのカラーサンプルから6色を吟味する折り、事務所で流れたのはディジー・ガレスピー。なんと戦後間もなくの録音だそうだから、これぞビバップの萌芽である。決してクリアとは言えないくぐもったサウンドの中にこそ、その時代のまさに活気が充満しているのだ。

 そのエナジーが心も体も暖かくするから、これからの季節にはいいかもしれない。
  • (2011-12-11 01:13:39)
Little Wing
11/12/09/Fri.

PickStrap2.jpg

 Django-Pはもちろん、意外とピック、それからピック・ストラップが好評なのである。

 自分自身でもギターを弾くのに使ってみたし、ストラップは俺のiPhoneには付かないので、キーホルダーやバッグのファスナーに付けている。オリジナルのピックだと思うと、これはなかなか嬉しいものだ。グローのピックなんかは暗闇でボーっと光るから、案外便利かもしれない。

 お求めはディーラー、もしくは当オンラインストアで。

 さて、今日も今日とて、Django-Pに続く次回作のルアーのカラーパターン作り。サンプル塗りというのは俺にとってはおもしろくもあり、それだけにかなり消耗する作業である、と言うことに今さら気づく。今日はやたらと疲れた。

 実を言うと、例の硬質発泡ウレタン素材のプロップ・ミノーと4年ぶりのリリースとなるビンビのブランクの納品がほとんど重なってしまうという珍事がこの年末に起こってしまったのである。発泡素材の塗装の手間が読めないからどっちを先にリリースするかが決められない。よってとにかくは両方のカラーパターンをデザインしつつ、とりあえず先に届いたビンビのサンプル塗りをしているというわけなのだ。

The-Sky-Is-Crying.jpg

The Sky Is Crying

 そんな折り、HIYOKOヤマシナから電話が入る。内容は省くけれど、とにかくちょっとした用事で急にやつに会いに市内へ出向くことになった。その帰りの車で流れたのがスティーヴィー・レイボーンのリトルウイング。おかげでどたばたした気分がようやく収束する。

 彼はほとんど天才的ギタリストである。リトルウイングをカバーしてジミヘンを超える人なんているわけはないのだけれど、クラプトンとこのスティーヴィーだけはある部分で肉薄していると俺は思う。それほどスティーヴィーの表現力は凄まじい。

 どれだけ弾いても弾けない俺と天才的プレイヤーの間にはいったい何が横たわっているのか。不条理を思う俺だ。感動は憧憬と嫉妬の果てにある。
  • (2011-12-10 00:57:07)
Great Summit
11/12/08/Thu.

imagine.jpg

Imagine

 ジョンの命日、去年は確か琵琶湖にいたと思う。今年は事務所でルアーのテンプレートをデザインカッターでカリカリと切るのである。

 最近はルアーのカラーパターンを考えるにあたって、ルアーのブランクに直接落書きをすることから始まったりもする。そうすると、あたりまえだけれど、落書きライクなパターンが出来上がって、それはそれでおもしろい。ただ、これをテンプレートにおこすのには苦労する。特に塩ビの型を切り抜く作業、これに骨が折れる。1度や2度は指も切る。

Tom-Bimbe-Mitchell-Cosmo.jpg

 そんなわけで俺はこれが大の苦手なのだけれども、落書きをした成り行きもあって、これを他人にはどうも任せ辛い。ま、そうやって俺が不器用にやることで、他には醸し難い、なかなかの味が出ていると思ってはいるのだけれど。

Duke'sPlace.jpg

The Great Summit

 味と言えば、最近買ったGreat Summitと題された、デューク・エリントンとルイ・アームストロングのアルバムには、噛めば噛むほどの味がある。それはもうもの凄く滋味に満ちている。

 それはそうと、俺はこのアルバムでバーニー・ビガードという人の存在を知ることになった。二人のグレートと絡む、彼のクラリネットがあまりに軽やかで小気味良かったから・・・。どうやら彼はデュークのバンドにもサッチモのバンドにも在籍した、この時既にベテランバイプレーヤーだったようで、二人に負けず劣らずの味を醸す。

 そういう味わいって、何かを生み出せそうな錯覚を俺に催すから不思議だ。いやはや音楽とはおもしろい。

 さて、今晩は寝る前にはイマジンなんて聴いて、明日はまたしてもテンプレートをカリカリと切り抜くのである。
  • (2011-12-09 00:42:34)
犬の散髪の不自然さについて
11/12/07/Wed.

kurara111207.jpg

 愛犬とウェイン・ショーターを聴く。

 うちの犬は散髪をすると、俺にはまるでおっさんのスポーツ刈りのように見える。どこのペットショップで切ろうと、多少の違いはあってもほとんど漏れなくそうである。今日も妻に連れられてカットに行って来た愛犬は例外なくそんな風に見える。

 白色で薄毛、それに耳が立っているという、そもそもミニチュアシュナウザーらしくない特徴がカットする人を惑わせてしまうのか。いわゆるシュナウザーカットはどう見ても似合いそうにないわけだから。

night_dreamer.jpg

Night Dreamer

 そろそろ睡眠モードに入った、スポーツ刈りの愛犬に果たしてウェイン・ショーターがどう響くのかは知れないが、俺は先月買ったこのアルバムが嫌いではない。ウェザーリポートよりはかなり好きである。

 ハードバップでもなくてバリバリのモードでもなくて、まさに過渡期的そのサウンドが、えも言われぬ妖しさを醸しているように俺には聴こえる。また、ジャズメッセンジャーズでグリグリ熱いプレーを聴かせる彼とも、マイルスのバンドでズンズンとストイックにプレーする彼ともちょっとだけ違う彼がいるような気もする。

 彼自身の状態とそれから時代の空気から来る、そういう奇跡的状況が、その瞬間にしかあり得なかった絶妙の音楽を形作ってしまうのだなあ、と思う。あるいは音楽とはそういうものなのかもしれない。犬の散髪が不自然であることと同じくらいに、ほとんど確かと言ってもいいと思う。
  • (2011-12-08 00:51:37)
Workaholic
11/12/06/Tue.

111204BiwakoSunrise2.jpg

 チェット・ベイカーの青臭いトランペットが聴こえる。The Thrill Is Goneのそれなんて彼の歌と同じくらいリリカルで、メロディー以上の何かを歌うのである。

 ワーカホリックでは決してないと思っているのだけれど、今日もばたばたと忙しく、デスク周りはちらかったまま。目下のところ、行きがかり上、次のルアーとその次のルアーのカラーパターンを考えているところ。その上、遅ればせながら今シーズンのスウェットのグラフィックをデザイン中。

 チェットのトランペットはそういうぐちゃぐちゃな思考の隙間にちょっとしたブレイクを作ってくれる。

 さて、今日はこれからフットサル。チェットを聴いた後は体を動かしてリフレッシュするのだ。

The-Chet-Baker-Quartet-With-Russ-Freeman.jpg

Chet Baker Quartet Featuring Russ Freeman
  • (2011-12-06 19:45:53)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275