<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>













★ Sonic Cigar SL ★


★ Lake El Salt 2012 ★


★ Slapphappy Shad ★


★ Niva ★


★ Vickitan ★


★ Slapphappy Beaver ★


★ NEZUMI ★


★ Brand New Items ★









































★ New Release Info. ★
UTAMARO RECORDS
ANTS MOTOKI - ANY TYPES OF FISHBONE ASIAN SONIC ENSEMBLE
Links
Categories
Archives
Tools
top
Harris Tweed
11/12/26/Mon.

111225walking.jpg

 本日はブライトリバーと共同で出すLowBite(フリーペーパー)の広告を、えいやっ!と作ってしまう。ほとんどノープランで勢いのまま大方の部分は出来上がるも、真ん中に入れようと思うコピーがなかなか思い浮かばない。

 ようようひねり出したのが「Try to enjoy surface pluggin'. If you do so, your life will be more happy.」・・・悪くないかもしれない。

TweedBookCover.jpg

 悪くないかもしれない、と言えば、古着バイヤー・バンバが作るハリス・ツイードとレザーのシステム手帳&ブックカバーはなかなか洒落たプロダクトである。俺の場合はシステム手帳を持たないので、ブックカバーを使ってみるつもり。興味がおありのあなたはHey Gentleman Cafeを御覧あれ。

 これと同じハリス・ツイードのクレイジーパターンで、うちのジェットキャップの最終サンプルを製作中。言わばリメイクということになる。これにポロシャツでも使った刺繍の魚を色を変えて後側にいれようと思う。ユーズドデニムのクレイジーパタンもあり。こちらは左横にプリントを入れる。年明けに詳細をお見せ出来そうだ。

Sonny-Rollins_-Volume-Two.jpg

Sonny Rollins Vol.2

 今晩はソニー・ロリンズの「Vol.2」を聴く。豪快かつ繊細なアート・ブレイキーのドラムに乗って快活に力強く吹くソニー・ロリンズがいい。弾く(2曲だけ)と空気を一変させるモンクのピアノも思わぬアクセントとなって素晴らしい。

 もっと書こうと思うが、今晩も少し早めに瞼が重くなってきた。もう少しソニー・ロリンズを聴いて寝てしまうことにする。
  • (2011-12-27 00:39:37)
変化
11/12/26/Mon.

111225walking.jpg

 珍しく午前中に更新しているのは、夕べはあまりに眠たくて珍しく早くに寝て、今朝は珍しく早起きしたから。あくまで俺にしてはということではあるけれど。

111225zinho.jpg

 夕べはクリスマスだったから、嫁と恒例のZinhoディナー。クリスマスコースはイクラとウニのパスタなんかを始め、ちょっとした贅沢なのである。

 Zinho夫婦とひとしきりしゃべった後、ビル・エヴァンスの「At Shelly's Manne Hole」を聴きつつ嫁のスーパーでの買い物を待つ。数年前まではギル・エヴァンスとビル・エヴァンスの区別もあやしかった男が、冷える夜はビル・エヴァンスって滲みる、と思う。

 スコット・ラファロ(B.)とポール・モチアン(Dr.)とのトリオでセンセーションを巻き起こしたビル・エヴァンスは、スコット・ラファロ(B.)の死を越えて新たな自分の音楽を構築しなければならなかった。この「At Shelly's Manne Hole」を始め、その後のアルバムはセンセーションを巻き起こしたトリオのよりは多少落ち着いていて、それはそれで素晴らしいと俺は思う。

 基本的な理念は変わらずとも、人は変わらなければならない、あるいは成長することを余儀なくされるものなんだろう。

111226kurara.jpg

 犬は小型犬ではなくて、それはもちろん大型犬だ、と思っていた男が、今は小型犬との散歩を日課にしている。十数年前にはオールレンジでバスフィッシングをしていた男が、今やトップウォータープラグのメーカーを主宰する。

 例えば一部のサーフェイスプラッガーたちは最新の道具を使うことを敢えて止め、ローテクで釣りをする。もちろんその逆もあってしかるべきかもしれない。津波ルアーズの場合にも当然変遷はあり、誰かが見ればぶれている、と言うことがあるのかもしれない。ただ、基本的には、好きなことを、あるいはやりたいことをやるというスタイルは変わらないという自負だけはある。これだって結構難しいのだ。

At-Shelly's-Manne-Hole.jpg

At Shelly's Manne Hole

 いつもより少し早めに、小型犬である愛犬と、寒い朝にはありがたい暖かな朝の陽光を浴びつつ、そんなことを想う。

 おっと、そう言えば、夕べ、マニア谷口からもクリスマスのささやかな、いやとても立派なプレゼントをいただいた。それにしてもDjango-Pは、今の津波ルアーズが贈る、とてもとても良いルアーだと俺は思っている。多くの人がそう思ってくれればいいのだけれど。
  • (2011-12-26 11:19:24)
フライタイイング
11/12/24/Sat.

Cosmo-AF_BF.jpg

 バモノスのジャケットデザインに再び取りかかって、夕方はRose et Noirへカットに行き、その後フライショップに出かけてマテリアルをちょっとだけ買い足し、夜には事務所へ帰って買ったばかりのコールマン・ホーキンスを聴きつつ、久しぶりにフライを巻いてみる。

 もう何年も巻いていないから巻き方を忘れてしまっていて、しょうがないのでネットで検索したエルクヘアカディスの巻き方を見ながら。それでもすぐに思い出して勢いで5~6本巻いた。

 通販で買った格安のコータックのバイスとマテリアルのセットが今日届いたので巻いてみることにしたのだが、いざ巻いてみると、ちょっとした道具が足らないことに気づいて、買ってくればよかったと悔やむ。

Hawkins!-Alive!.jpg

Hawkins! Alive!

 どうしてこうなのかと言うと、数年前の火事でフライタックルもタイイングの道具もマテリアルも全部焼いてしまったからで、こういう時にそれを思い出して悲しくなる。どうして今さらまたしても思い出すのかと言うと、それはあの時にそれらを焼いてしまった残念な想いを記憶の外にいったんシャットアウトしてしまったからだろうと思う。ひとつ思い出してしまうと、それだけではなくて、へら釣りの道具も、ABUやシェイクスピアやヘドンやなんかのヴィンテージのリールとかロッドとか、フェンダーのギターアンプだって焼いてしまったことを次々と思い出してしまう。

 ま、またぼちぼち欲しいものから買い戻していく他はないなあ、と思うクリスマスイブで、今日のフライ道具の買い物は自分へのプレゼントということにしよう。

 そう言えば、昨日、各取扱店Cosmoの案内を送ったら、早速数件のお店から予約があった。どうもいつもより反応が良いような気がして、これもささやかなプレゼントだと思うことにする。
  • (2011-12-25 00:59:33)
Cosmo
11/12/23/Fri.

joao.jpg

JOAO VOZ E VIOLAO

 VISヤマガミが生クリーム入りの美味しいパンを抱え、ちょっとした用事(その内容はおいおい知れることとなりますが)で久しぶりにやって来た。いろいろとしゃべって何時間かが過ぎる。やつのスワローランドナーを羨ましく(早いこと俺のランドナーも乗れるようにしたいものだ)眺めつつ見送った後、事務所では91年にリリースのジョアン・ジルベルトが流れていた。

 これを聴いたら、00年にリリースのが聴きたくなってしまった。どうやら俺にとっては、91年のアルバムにはあるバックのストリングスなんかは不要で、彼の歌とギターだけが聴ける00年の方が心地良いようである。なにせこのアルバムで彼の良さをようやく理解した俺なので。

 ふわふわとゆりかごの中で、あるいは子宮の中で揺られているような、そんな気分さえする心地良さとは別に、静かに迫り来る迫力のようなものが、彼の歌とギターの宇宙にはある。そう宇宙である。

 と言うわけで強引にCosmo(コズモ)。例によってプロダクツの更新に先駆けてここでその詳細を。



 いかがでしょう?PVにはシュウタとその相方、それから俺のつたない演奏も生かされることになったのだ。ま、ここにも立派に小宇宙は形成されておるのである。

-----------------------------

Cosmo-Manuel.jpg

Cosmo
コズモ

Size
107 mm
3/4 oz class

硬質発泡ウレタン製
ウレタン・フィニッシュ

Color
Paisley [PL]
Black Bone Shad Red [BBS-R]
Aztec Fish Chartreuse [AF-CH]
Birds & Fish Lake Biwa Blue [BF-LBB]
Crazy Fish [CF]
Floating Lizard Rainbow [FL-RB]

税込定価¥5,985 (本体価格¥5,700)

 コズモはそもそもスウィッシュ音をともなうダイブをメインに使うつもりで作ったプラグである。ダイブしつつトウィッチも出来るし、ゆらゆらと水面直下をスウィムさせることも出来る。

 さらには、リトリーブすることでアロウジーニョ・プロップに特徴的な、あの軸と擦れるサウンドを発しながら、ロールしつつ軽くS字を描くようにアクションする。

 コズモは主にこの2種類のアクションを使い分けるといいと思う。ダイブ&トウィッチは09年のエル・サルトなんかでは良く効いたし、これがはまるシチュエーションは少なくないけれども、やっぱり必殺技はリトリーブだろうか。魚が低活性でまるで反応のない折りにも、これをやっていると「うそ?!」みたいに出ることが多々あるから、ぜひお試しいただきたい。

 素材は津波ルアーズ初の硬質発泡ウレタン。形状の自由度が広がり、比重も調整出来て、ゆえに重量にばらつきが少ないという長所を存分に生かした。ただし、強くぶつけると割れる可能性もあるのでご注意を。

Cosmo-flyer.jpg

----------------------

 発泡樹脂ということもあり、ウッドに比べて少し低価格に設定しました。リリースは来年早々の予定。取扱店によっては予約出来るところもあります。さて、あなたはCosmo(コズモ)によってどんな宇宙をデザインすることになるのでしょう。
  • (2011-12-23 19:51:40)
Goin' Fishin'
11/12/22/Thu.

Cosmo-All4.jpg

 ボビー・チャールズの歌詞に「Oh what a good day to go fishing」(曲は「I Must Be In A Good Place Now」)とあって、マニア谷口は12月のある日、まさにそんな風に思ったらしく、その勘は見事的中するのである。5本という釣果はこの時期には驚異的だ。(User's Galleryを御覧あれ)ボビー・チャールズが歌っているのはこの頃のような寒い日ではおそらくないとは思うけれど。

111221-1.jpg

 ボビー・チャールズは件の曲も収録の'72年の1stがあまりに良くて、その後に買った「Last Train To Memphis」と言う編集盤は、曲数も多いこともあってか、俺にとっては霞んでしまっていた。相変わらず1stは最高ではあるけれど、最近これを聴き返してみて、やっぱりこっちもいいなと思う。

 決して器用でない彼の歌ではあるのだけれど、そこには確かにソウルがある。リラックスしてレイドバックしたサウンドにやがて心は和み、場合によっては涙してしまうのだ。

 そう言えば、この「Last Train To Memphis」にも「Goin' Fishin'」というとてもいい曲がある。ボビーもよっぽど釣りが好きだったと見える。

Last-Train-To-Memphis.jpg

Last Train to Memphis

 本日も引き続きCosmoのフライヤーとか、web用のグラフィックとかを製作中。明日には出来上がるはず。PVの編集もたった今上がって来た。もうすぐ案内出来ると思うのでお楽しみに。
  • (2011-12-23 00:38:39)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275