<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>













★ Sonic Cigar SL ★


★ Lake El Salt 2012 ★


★ Slapphappy Shad ★


★ Niva ★


★ Vickitan ★


★ Slapphappy Beaver ★


★ NEZUMI ★


★ Brand New Items ★









































★ New Release Info. ★
UTAMARO RECORDS
ANTS MOTOKI - ANY TYPES OF FISHBONE ASIAN SONIC ENSEMBLE
Links
Categories
Archives
Tools
top
Brown Metallic
12/02/16/Thu.

The-Bridge.jpg

Bridge

 ソニー・ロリンズの「The Bridge」。サックス、ギター、ベース、ドラムというカルテットは割に珍しい。だからだろうか、これがかかると「ん?」となってまた聴きたくなる。そんなわけで、今日これを聴くのは4度目。

 「A Night At The "Village Vanguard"」のトリオのあの自由奔放な隙間も素晴らしくいいが、このアルバムの隙間はあれとはまた別種の緊張感があって捨てがたいのである。ソニー・ロリンズはもちろん、ジム・ホールの繊細かつ柔軟なギターワークに依るところは大きいかな。

120215yodo.jpg

 唐突だけれど、この春には新しいSukiyakiと新色のSonicmasterをリリースするつもり。

 Sukiyakiは60HF。つまり6フィートで、ヘビーでファーストテーパーなのである。Sukiyaki60Hはほとんど万能であると俺は思っているのだけれど、唯一、繊細なコントロールフィールを多少犠牲にしたきらいがないではない。ここを補うために、たとえばペンシルのスケーティングなんかをより気持ち良くコントロールしたいがために、バットがSukiyaki60Hと同じくらい強く、しかしティップはそれよりも柔軟なロッドを作ってみた。

 結果、これが抜群のフィーリングである。思った通りに仕上がった。嘘だと思うなら使ってみるがよろしい。

 ブランクは前から決めていたブラウンメタリック。渋みがあって、かつエキセントリックな雰囲気になると思う。

 SonicmasterはMM-4600SD、つまりナローヴァージョン。仕様は去年リリースしたモデルとほぼ同じになる。問題はカラーなのだけれど、これもブラウンメタリックと、それから、そう、冒頭の「The Bridge」のジャケットにも似た薄いブルーメタリックがいいかなあ、と思っているところ。

 どちらもお楽しみに。
  • (2012-02-17 01:04:56)
初釣り
12/02/15/Wed.

120215yodo.jpg

 今日はお昼から淀川へ繰り出す。トップウォータープラッギング2年目を迎えたスエヒロに誘われまして・・・。わずか2時間足らずだったけれども、よくよく考えると、これって俺の今年初トップウォータープラッギングである。魚の気配はみじんもなかったとは言うものの、何となく清々しくはありました。

 初めて聞いたかもしれないが、オルタナティブたれ、というのは俺のモットーである。それに、釣れても釣れなくても、スタイリッシュであれば、そして気持ちよければそれでいい、ま、でもちょっとは釣りたいんですけどね、と言うのが俺の釣りではあるから、そのへん今年も貫きつつ釣りをしてみたいなあと思う。

 どのみちテストには出かけようと思っていたので、タックルボックスの中身は塗装されていないプロトタイプのみで出かけて、終始これらをとっかえひっかえキャストしてはアクションを確認する。ペンシルもポッパーも、出来れば4月のメキシコまでにもう少し煮詰めたいね。

 さてと、今日は恥ずかしながら俺自身が、直にリリースとなるスウェット&ロンTを着用して撮影をしてみた。以下に載せるのでご購入の際の参考に。

1202SweatZU.jpg

 これはジップアップパーカ。サイズはL。170cmで体重70kgの俺が着ると、少しゆったりめ。俺は最近パーカを少しゆったり目に着たりもする。

1202SweatPO-OM.jpg

 プルオーバーパーカ(オートミール)のLサイズ。これも少しゆったりめ。

1202SweatPO-WH.jpg

 こちらは同じくプルオーバーパーカのホワイトのMサイズの上にエディーバウアーの古着のベストを着てます。Mサイズはぴったりです。ホワイトのスウェットもいいなあ、とこの頃思うのでラインナップしてみました。

1202SweatCN.jpg

 これはクルーネック、サイズはM。クルーネックはぴったりの方がいいね。このくらいしっかりした、つまりはヘビーデューティーなクルーネックって案外ないかもしれない。

1202LT-LG.jpg

 ロンTのライムグリーンの上にジップアップパーカとダウンベストをレイヤード。ロンTはM、ジップアップパーカはLです。

1202LT-SK.jpg

 ロンTのサンドカーキ。少々お腹が目立つくらいの、俺にはぴったりのサイズ。

1202LT-BK-WH2.jpg

 ロンTのブラック×ホワイト。これLサイズですが、俺には実は少しデカい。だから実際に着るのはMにします。

1202LT-WH-BK.jpg

 これはその逆パターンのホワイト×ブラックのレイヤード。これもサイズはLです。

 ちなみに163cmでやせ形(9号)のうちの妻はSサイズのプルオーバーパーカをちょっと大きめに好んで着てます。

 参考までに。
  • (2012-02-16 01:53:21)
BIMBE 2012 ver. 衝撃のデヴュー!
12/02/14/Tue.

120214bimbe55.jpg

 この人ばかり載せないようにしようとは思うのだけれど、今日の投稿はタイミングは抜群で、しかも何よりパンチが効いていて、これはやはり載せないわけにはいかないのだ。ビンビ2012の初投稿は真冬の55upである。いやはやこの男には驚かされる。凄い。ビンビって釣れる!

 フットサルの帰りの車中、心地よい疲れをアレサ・フランクリンの歌にまかせ、そして彼からのメールを受け取ると、今年は何だか良いことが起こるのではないか、という予兆のようにも思えた。それくらいのことは思ってみてもよいでしょう、この際。

 それにしても俺のフットサルも1年を越えて続いている。これはもう「フットサルをやってます」と言ってもいいのではないか。四十八にしては立派だと自分では思うのだ。今年はもう四十九歳、さていつまで続けられるだろう。

Live-At-The-Fillmore-West.jpg

Aretha Live at Fillmore West

 今晩聴いた70年代初頭のアレサ、バックにはキング・カーティスを始めとして、バーナード・パーディー、コーネル・デュプリー、ビリー・プレストン、メンフィスホーンズ・・・、しかもゲストにレイ・チャールズとあっては悪いわけがなく、フットサル前に気分を十分にウォームアップしてくれ、そして終わってはリラックスさせてくれた。しかし、このメンツは奇跡的と言ってもいいね。

 ところで春のスウェットロンTの詳細をProductsにUPしました。今日もサイズについての問い合わせが数件あったけれども、それぞれのページからサイズスペックにリンクしているので、どうかご確認を。その他、わからないことはメールでもお答えします。
  • (2012-02-15 01:14:51)
2012 Spring Sweat Shirts & Long Sleeve Tee
12/02/13/Mon.

1202LT-All.jpg

 2012 Springのスウェット&ロンTの詳細を発表!後日、ProductsのページにもUPしますが、まずは下記で。facebookにも写真を置きました。

 ご予約は最寄りのディーラー、もしくは当オンラインストアで2/26まで。ただし、事情で一部数量に限りがあるので、それ(Full ZipのXL、Pullover OatmealのM、L、Crew NeckのL)については予定数量に達し次第締め切りです。リリースは3月上旬。

 スウェットにしてもロンTにしても、普段から俺が特に好んで着ているボディーを使っているので、着心地は折り紙付き。スウェットはリバースウィーブタイプで見た目も良く、ヘビーデューティーで暖かい、ロンTは肌触りが良くて、それに着回しも利くので、どちらもお薦め。

1202SweatFlyer.jpg

2012 Spring
Sweat Shirt & Parka

12.0oz Sweat Full Zip Parka
Reverse Weave Type
Color: Mix Gray
Material: 95% Cotton / 5% Polyester
Size: S / M / L / XL / XXL
Price : ¥9,450 (Tax Include)

12.0oz Sweat Pullover Parka
Reverse Weave Type
Color: Oatmeal / White
Material: 99% Cotton 1% Polyester [Oatmeal]
100% Cotton [White]
Size: S / M / L / XL / XXL
Price : ¥7,980 (Tax Include)

12.0oz Crew Neck Sweat
Reverse Weave Type
Color: Oatmeal
Material: 99% Cotton 1% Polyester
Size: S / M / L / XL
Price : ¥7,350 (Tax Include)

 music for every FISHERMANがお贈りする、2012春のスウェット・シャツ&パーカは、シンボリックでシンプルなグラフィックのラバープリントと袖口には例の王冠をかぶった魚の刺繍入り。

 ベースとなるボディーは12.0ozの身生地を横に使い、脇にはリブの切り替えがあるなど、リバースウィーブタイプを踏襲したヴィンテージ調のヘビーデューティーな作り。アームホールおよび全体的なシルエットは若干細身、裏起毛は柔らかで暖かく、着心地も良好。

*半受注生産です。事情により一部(Full ZipのXL、Pullover OatmealのM、L、Crew NeckのL)数量に限りがありますので、予定数量に達した時点でご予約を締め切らせていただきます。ご了承下さい。

1202L-TeeFlyer.jpg


2012 Spring
Long Sleeve Tee Shirt

5.6oz Long Sleeve Tee Shirt
Color : Lime Green, Sand Khaki
Size : Girls S〜XXL
Material : Cotton 100%
Price : 5,460 yen (Tax Include)

5.0oz Raglan Long Sleeve Tee Shirt
Color : White × Black, Black × White
Size : S〜XL
Material : Cotton 100%
Price : 5,460 yen (Tax Include)

 2012春は久しぶりにロンTeeをリリース!シンボリックでシンプルなグラフィックのグラデーション(ラグランWhite × Blackは単色)・ラバープリントと、袖口には例の王冠をかぶった魚の刺繍入り。

 ロンTeeは冬のインナーにも、それから夏の日除けにも良くて、オールシーズン重宝すること間違いなし。肌触りよく、着心地も良好な100%コットンです。

*半受注生産です。ご了承下さい。
  • (2012-02-14 00:54:17)
Test & Test
12/02/12/Sun.

120212soshi2.jpg

 とある人が送ってくれた写真は一服の清涼剤のような、それはもう微笑ましい写真なのである。リリースしたばっかしの大人用キャップを彼のような小さな子どもが気に入ってくれたということは喜んでいいのかどうかわからないけれど。

 さて、今日は先日から作り始めたプロトタイプのルアーを数本、淀川でテストして来た。毎年のこと、メキシコまでに何度かこっちでスイムテストして練り直し、さらにそれを向こうで実釣テストするのである。ひとつはペンシル、もうひとつはポッパー。どちらもコンセプトははっきりしていて、もっと前からやるつもりではいたのだけれど、間際になってようやく本腰を入れ始めたところ。目指すアクションが出るまでは何度か削ってはテスト、削ってはテストを繰り返す。

 ペンシルはもう何本も作って来たので、今回のはまずまずのアクションで、これで目処がついた・・・と思う。スライド幅の大きい3Dタイプのルアーである。

 ポッパーはポップ音重視ではなくて、スプラッシュ重視、まっすぐに動いて暴れない、しかもスピーディーに探れる、そういうルアー。つまりはうちのカエルのような感じではあるけれど、ペンシルのアクションも兼ね備えるのではなくて、スプラッシュ専門。

 とまあ、こんな風に、これ以外にもプロトはあと数種類、メキシコに持ち込む予定。

 それにしても寒風吹き抜ける淀川は手がかじかむほどに冷えた。

1202Sweat2.jpg

 淀川から帰ったら、スウェットとロンTeeの案内やwebページの製作。こちらはもう少しで完成してお見せ出来る予定。キャップに続いて、これもなかなか雰囲気がいいです。冒頭の写真の彼が着るようなちっちゃいサイズがないのは残念だけれど。

It's-Uptown.jpg

It's Uptown

 今晩は珍しくジョージ・ベンソンの60年代のアルバムなんか聴いてみる。

 これはとにかくジャケットが気に入った。俺が思う、70年代以降のジョージ・ベンソンのゴージャスでしたたかなイメージからすると、ここにいるその人は好青年極まりなく(ギラギラの片鱗がその眼光に宿っていなくもないが)、ジャケットのデザインだってシンプルで趣味がいい。

 内容はファンキー・ジャズと言うのか、これがなかなか気持ちのよい(いささか気持ち良過ぎる感はなきにしもあらずだけれど)ジャズである。決して嫌いではない。ジャケットの雰囲気そのままに、来るべき人生に希望を見い出そうとするかのような、生き抜く決意の現れのような、そんなサウンドだ。
  • (2012-02-13 00:37:14)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275