<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>













★ Sonic Cigar SL ★


★ Lake El Salt 2012 ★


★ Slapphappy Shad ★


★ Niva ★


★ Vickitan ★


★ Slapphappy Beaver ★


★ NEZUMI ★


★ Brand New Items ★









































★ New Release Info. ★
UTAMARO RECORDS
ANTS MOTOKI - ANY TYPES OF FISHBONE ASIAN SONIC ENSEMBLE
Links
Categories
Archives
Tools
top
Tee !!
12/06/25/Mon.

ENS-mgm.jpg

 最近タピオカココナッツミルクという飲み物が、そして去年あたりからソルティライチという飲み物がコンビニに置いてある。これらとジンジャエールを合わせて、俺は世界三大ジュースと呼んでいる。

 飲料がすすむ今日この頃、ようやくTシャツのサンプルが出来上がる。

 今回のはメキシコ(と言うと、ついこの間、フットサル用にパラメヒコ=PARA MEXICOっていうシューズを買ったな)のフォークアートにヒントを得た、Everybody Needs Somebodyというタイトルのグラフィックと、古いロックのポスターをイメージしたWith A Little Help From My Friendsというタイトルのグラフィック。Macでラフをおこした後、それをペンで手描きしてスキャナーで取り込んでデータ化する、昔からよくやる手法で今回もデザインした。

ENS-Sld.jpg

 Everybody Needs Somebodyはブルースブラザーズもカバーしたソロモン・バークの「Everybody Needs Somebody To Love」のタイトルから。グラフィックともリンクする、その意味は想像に任せます。

 With A Little Help From My Friendsはビートルズの曲のタイトル。ジョー・コッカーがカバーしていることは、先日紹介したかな。「友達の少しの助けがあれば・・・」というような意味。

ENS-Heather.jpg

 見ていただければおわかりのように、カラーバリエーションが少々多いです。これよりもさらに多くのサンプルを作ってしまって、まるで絞り切れず、結局このバリエーションで完全受注製産ということに。というわけで、レディースサイズはもちろん、With A Little Help From My Friendsの6.2ozコットンにはキッズサイズもあり。

LittleHelp5942-2.jpg

 一昨日あたりから、曇り空の中に晴れ間を見つけてこれらTシャツの写真を撮ったり、編集したりして、注文書、およびwebページ作りに奮闘中である。しばしお待ちを。締め切りは7月初旬、リリースは中旬以降の見込み。

LittleHelp-Heather2.jpg

 With A Little Help From My Friendsの方のグラフィックのソースとなったのは、Jefferson AirplaneとBig Brother & The Holding Companyのライブを告知する古いサイケデリックなポスター。と言うわけで、Jefferson Airplaneの持ち合わせはないので、今日はBig Brother & The Holding Companyを。

Cheap-Thrills.jpg

Cheap Thrills

 音楽はもちろん素晴らしいが、このジャケットにしてもその手描き調のポスターにしても、ラフでピースフルでソウルフルなその内容をよく表現していると思うし、それだけで独立して既にアーティスティックだ。

 こういうポスターなんかを集めた「The Art Of Rock」という本があって、それはしばしば俺のデザインのヒントとなる。俺はやっぱりサイケデリックなのが好みで、そういうのって、もう字なんて読めなくてもいいや、とにかく見て、そして感じてちょうだいと、見るものに激烈に訴える。60年代や70年代のポップアートって、どうしてあんなにパワーに満ち溢れているのでしょうか。
  • (2012-06-25 18:01:02)
鼠とVivoと琵琶湖
12/06/23/Sat.

Nezumi-MSC.jpg

 今日が「」の予約締め切りです。取扱店では予約を締め切ったところもあるでしょうが、TSB以外はおそらくいくらかは在庫が出来ると思うので、ご注文は今からでも間に合います。

 尚、同時リリースのヴィーヴォももちろん在庫しますので、これからのシーズンにひとつと言わず、ふたつ、みっつ、どうぞ。

120622Kamiya.jpg

 昨日は雨上がりの琵琶湖へ。増水、濁り、晴天・・・良い要素はあまり見つからなかったものの、風裏、濁りの少ないエリアを選んで出船。

 すると、ボディーウォーターに大きな流れが発生したのが幸いしたか、岸よりのシャローの魚の活性は高いとは言わないまでもまずまずで、バイトがぽつぽつと。菱藻のあるエリアでは夕まずめにボイルも散見出来た。アフタースポーンから回復しつつありそうな、勢いのあるバイトも。

120622Sue52.jpg

 そんなわけで、スエヒロさんは52cmを釣り、前回に続いて連チャンで50upを獲って気を吐いた。ちなみにルアーは禁断のDjango-P改である。

 他にスエヒロさんは40upを1本。カミヤさんはバラし数度。俺は1尾をスラップハッピー・ビーバー(プロト)で、あとヴィキタンでバラし。と言うような案配で、終わってみればそこそこと言っても良い釣果なのでした。

 いつもの琵琶湖なら、そろそろ本格的なシーズンに突入というところである。

 琵琶湖と言うと、やっぱりライブリーは外せない。うちでいうところのSlapphappyシリーズ、Django-PCosmo、このあたりは自分で言うのも何だけれども、あまりにユニークで、他にはあまりない種類のライブリーであることがアドバンテージであると思っている。

120614-65-1.jpg

 他にももちろんいろいろとあるのだけれど、今年のこれからのハイシーズンのお薦めは、何と言ってもVivo del Plasticoである。斜め浮きのプラスチック・ペンシル・ベイトは定番でありながら、トップウォーター・プラッガーが実際に使う、この手のプラグにそれほど種類は多くない。

 Vivoは見た目にも、アクションさせるにも面白く、しかもカラーにサウンドにバリエーションも豊富で、ふたつ、みっつと持っておいて、本当に損はないと思うのです。

 それからVickitan(ヴィキタン)は言わずもがな。Vivo同様、トップウォーター・プラッガーのための中空フロッグがひとつ増えたのは、俺自身にとっても朗報だ。

kurara120623.jpg
  • (2012-06-23 18:08:54)
雨上がり
12/06/22/Fri.

SonicmasterMM-4600SD2nd2.jpg

 遂にSonicmaster MM-4600SD 2nd、それからVickitanの予約を開始。どちらとも既にProductsページにUPしてます。Sonicmaster MM-4600SD 2ndは7月初旬、Vickitanは7月中旬のリリース。

 ソニックマスターは現時点で既に抽選必至の状況。いつももっと作れば良かったとは思うのだけれど、ま、いろいろとそうはいかない事情があるのです。

VickitanBox.jpg

 ヴィキタンは量産するので、抽選なんてことにはならない、と思っていたけれど、現状を見るとそうも言っていられない勢い。問い合わせやらフライングが多いので、少し早めに予約開始にした次第。抽選か否か、何とも言えない状況です。これは嬉しい誤算。

MEI1206CZY.jpg

 MEIの小型ショルダーは8月下旬に入荷予定。お値段はおそらく1万円を切るあたりになるでしょう。コーデュラの1000Dを使っていて、オリジナルで、この質感ならば、コストパフォーマンスは高いと思うのだけれど。

 さて、雨上がり、早速MEIを持って釣りに出かけるのだ。濁りは心配だけれど。
  • (2012-06-22 14:48:23)
MEI
12/06/21/Thu.

MEI1206GRGY1.jpg

 本格的梅雨を宣言するかのような、しっかり、しとしととした雨の木曜日、ボニー・レイットのアルバムが届く。

 急にボニー・レイットが聴きたくなって探していたら、ミッチェル・フルームとチャド・ブレイクのコンビがプロデュースするこれを見つけた。買わないわけにはいかない。

 デヴィッド・イダルゴ(ロスロボス)のコーラスがポンッと飛び込んで来たのには意表を突かれたが、一聴するにパンチが足らない。もちろん全然悪くはないが、彼女自身のキャラクターもミッチェル&チャドのキャラクターも立ってはいないという気がした。俺が昔聴いていた頃のボニー・レイットではない。

Fundamental.jpg

fundamental

 そう言えばあの頃、彼女のライブを厚生年金会館で観て、ああ、この人なら結婚してもいいと思った。リッキー・リー・ジョーンズを観た時にも同じことを思ったが。

 Wikipediaによると、1989年に「Nick of Time 」で初となる全米アルバム・チャートのトップを記録した、とあるから、ミーハーな俺のこと、おそらくはこのあたりで彼女が好きになったのだろう。(聴いていたのはおそらくカセットテープで、それが何だったか記憶にないのです。観に行ったくせに。)というわけで、「Nick of Time 」を注文した。それからもっと古いやつも。

MEI1206CZY.jpg

 写真のバッグは「music for every Fisherman」つまりは津波ルアーズとMEIののWネームである。ひょんなことで機会をいただいて、俺が気に入っているバッグをアレンジしてデザインしたら、アメリカのMEIから許可が下りた。(と言うわけで、今のところ探してもMEIにはこんなバッグはありません)

 いやはや、さすがにMEIで、1stサンプルでほとんど俺が思っている通りのものを上げて来た。普段、財布やら眼鏡やら薬やら、必要なものを入れて持ち歩く、小型のショルダーである。

MEI1206.jpg

 肩に回してアジャスターを締めれば(簡単に締められる仕組みです)歩くにも、自転車に乗るにも邪魔にならない。前側に回しても体にフィットする。ファスナー部分は生地でカバーされているし、裏地も付いているし、ちょっとやそっとの雨にも負けない、そんなわけで、陸っぱりの釣りや、カヤックの釣りなんかにも重宝すること間違いなしである。

 ちなみに生地には摩耗、引き裂き、すり切れに強い、丈夫な素材=CORDURAの1000Dを使用。

 リリースをお楽しみに。
  • (2012-06-21 12:24:14)
台風、フットサル
12/06/20/Wed.

120619ManiaVivo.jpg

 台風が微妙に逸れた夕べのフットメッセ大正。演奏出来る歓喜に溢れた、モンクの「Misterioso」を聴きながら少し遅れて到着すると、3面あるコートのひとつだけに人影があって、7人の男がボールを蹴っていた。

 俺を入れるとまるで荒野の八人、あるいは八人の侍、あるいは八人のバカ。実際はそんなに雨も降ってなかったし、風なんて心地いいくらいではあったとは言え、こんな日にフットサルをやるなんてまったくアホだと思う。

Misterioso.jpg

Misterioso

 ただ、そういうアホが俺は嫌いではない。たがだか趣味に男はどういうわけかついつい打ち込んでしまう。そういう馬鹿げた姿には、時々感動すら覚えるものだ。

 そもそもそういう馬鹿げた行為の末に今の俺はあるのだし。

Waltz-For-Debby.jpg

Waltz for Debby

 帰りにはビル・エヴァンズの「Waltz for Debby」が不意を突いて鳴り始めて、気持ちの良い汗をかいた後の気持ちの良い疲労感がまるですうっと解放されるような、不思議な感動を覚える。車中で少しヴォリュームを上げてこれを聴いていると、すぐ目の前でスコット・ラファロが弦を弾いているような錯覚に陥った。

 まったく、このトリオって凄いと思う。

Vivo_del_Plastico_MB.jpg

 フットサルに行っている間にメールが届く。

「台風通過後の夕方に行ってきました。
ゴミも多くさすがの濁りに全く期待はしていなかったものの、ヴィーヴォ(マラカス)に貴重な一尾が出てくれました。
風で波がある時や濁り等の状況下ではラトルやダイブのアピールがやはり効果的だと感じます。」

 准テスター君も立派な馬鹿のひとりである。彼も言うように、イレギュラーな、あるいは意図したダイブというのは、ヴィーヴォの大事な要素のようだ。

 今シーズンのヴィーヴォの活躍が楽しみだ。

MEI1206GZY1.jpg

 速報!たった今、MEIとのコラボレーションのバッグのサンプルが届いた。思った以上の出来映えだ。バイクや自転車に乗る時、陸っぱり、もちろん普段にも便利。早速、俺は使ってみるのだ。

MEI1206GRGY
  • (2012-06-20 14:44:59)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275