<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>













★ Sonic Cigar SL ★


★ Lake El Salt 2012 ★


★ Slapphappy Shad ★


★ Niva ★


★ Vickitan ★


★ Slapphappy Beaver ★


★ NEZUMI ★


★ Brand New Items ★









































★ New Release Info. ★
UTAMARO RECORDS
ANTS MOTOKI - ANY TYPES OF FISHBONE ASIAN SONIC ENSEMBLE
Links
Categories
Archives
Tools
top
休日
12/06/30/Sat.

NezumiSF-CSB-SM.jpg

 昨日、あんなことを書いておいてなんですが、Sonicmaster MM-4600SD 2ndは抽選です。しかもかなりの競争率。申し訳ないですが御了承を。

 そもそもあまり作れていないのが原因と言えば原因なのだけれども、もう少し作っておけば良かった、と言うのはいつも結果論なのである。

 Vivoは本日店頭に届いたはず。あるお店からはVivoについて「みんな、手に取って、振ってみて、買っていかはるわ」との報告が。そう、ぜひ振ってみて、サウンドの違いを聴いてみて欲しい。

 Vivoには、嬉しいことに、早速、数件のお店から追加注文をいただきました。どんどん伸びてくれるといいのだけれど。

Vivo_del_Plastico_All.jpg

 昨日、出荷が終わって一段落したので、夕方から琵琶湖へ。しかし、どうやら放水量が150㎥/sから50㎥/sに転じたタイミングだったらしく、それに見た感じ、濁りも未だ残っていて、これが災いしてか魚の反応は乏しいものだった。どうも琵琶湖の魚はハイシーズンにもかかわらずナーバスです。

 そんなわけでこのところ好調のスエヒロさん、俺、ともにノーフィッシュ。

 そのストレスを解放すべくというわけでもないけれども、今日は久しぶりに真っ昼間にフットサルに興じる。新しいシューズ=パラ・メヒコは軽くてコントロールもし易い。ただ、いかんせん足に馴染んでいなくて、後半は親指の先っちょが少々痛く苦戦を強いられた。それにしても今日も気持ちのいい汗をかいたのだった。

1206ENS1.jpg

 この頃、嬉しくて、毎日のようにできたてのTシャツのサンプルを着る。ちなみに今日着て行ったのは、Everybody Needs Somebodyのハードウォッシュ・バインダーネックTのウォッシュト・ネイビー。洗い晒したような風合いが心地良し。

 今日はそのまま直帰して家でだらだらと休養。こういうこともまたいつ以来かわからないくらいに久しぶり。

 TVのバラエティーなんかをぼうっと観ていたら、TVを消して音楽が聴きたくなった。

 イエルバ・ブエナの「President Alien」は愛聴盤のひとつ。ま、最近はわざわざこれを選んで聴くことはあまりないとは言え、こいつはいつ聴いても何かしら体に訴えるものがある。じんじんと体の芯を揺すぶって熱を持たせるのである。

 2004年の作品だから、もう8年も前の作品だけれども、ラテン・ミクスチャーの進行形として、これを超えるものが果たしてあるのかどうか。

 実を言うと、昨日事務所のMacもこれを鳴らして、今日は今日で自宅のMacBookがこれを鳴らした。偶然とはあるものだ。

President-Alien.jpg

President Alien
  • (2012-06-30 22:37:43)
Vivoと鼠
12/06/29/Fri.

Nezumi-NZM.jpg

 今日、Vivo del Plasticoディーラーに向けて旅立って行くのである。

 Vivoが遅くなり、鼠と重なってしまってご迷惑をおかけしました。買いたいけれども両方いっぺんには買えないという人もいたでしょう。申し訳なかったと思ってます。

 でも、そこはご安心あれ。プラスチック量産型(と言ってもうちくらいのレベルの量産はミニマムロットなので、大きなメーカーのようにはいきませんが)のVivoはもちろん、ウッド製の鼠にしても限定のTSB以外の在庫はあります。在庫してくれているお店で買うなり、店頭に在庫がなければ取り寄せてもらって下さい。

 ほとんど店頭に並ぶことなく売り切れてしまうのも、それはそれで人気があって、すなわち希少で、よろしいことだとは思うけれど、店頭に並んだ商品を見て気に入ったら買う、あるいはどこかで聞いて気になって店頭で確かめて買う、というのもまた正しい姿でしょう。ネットで通販するにしても、今じゃなくて来月買うというのもあり。店頭に在庫がある=人気がない=しょうもない、と言うようなバカバカしい図式はそろそろ払拭されてもいい。

 そもそも、プラスチック製の量産ルアーを作るのは、ウッドの製産キャパを超えて需要があった少し前の時代に、誰もが店頭で見て手に取れるという意味もあったことだし。

 店頭の誰も目にとめないルアーに自分なりの価値を見いだす、あるいはお店の奥で埃をかぶるデッドストックを掘り出して気に入ったものを見つける、そういう楽しみがあってもいい。

Vivo_del_Plastico_SF-BG.jpg

 昨日の晩から今日事務所に来る間にはChet Baker Quartet Featuring Russ Freemanが鳴っていて、事務所に来てMacを立ち上げて、iTunesをプレーしたらば、Baba Zulaというトルコのバンドのダブの後に鳴ったのが、これまたChet Baker Quartet Featuring Russ Freemanだった。

 こういう偶然がちょくちょく起こる。iTunesには2万曲近く入っているにもかかわらず。こういう偶然にさして意味はないと思うのだけれど、「はてさてこれはどういうことなのか?」と何かしら意味を見つけようとするのが人間である。人は神秘を求めたがるものだ。と言うわけで、俺はチェット・ベイカーには縁があると思うことにする。

 俺は彼の歌が好きで、実を言うと、長い間彼のトランペットにはそれほど興味が持てなかった。ところが四十も半ばを過ぎてジャズを聴くようになり、彼のトランペットも聴かねばなるまい、と言うような気持ちになった。彼のくぐもった音質のトランペットが歌う時、何とも言えない青臭い匂いがする。それは彼の歌も同様だと言うことに、四十も半ばを過ぎて、はたと気づくのだ。

 さて、出荷を終えたので釣りに行こう。今日はなかなか天気もいい。

The-Chet-Baker-Quartet-With-Russ-Freeman.jpg

Chet Baker Quartet Featuring Russ Freeman
  • (2012-06-29 15:09:13)
フライング
12/06/28/Thu.

120627VivoJunya.jpg

 一昨日いきなり事務所にやって来て、Vivoの入荷まで時間を潰し、フライングで買って行ったジュンヤから昨日「釣った」と電話があった。ま、フライングであるのだから、そのくらいの仕事はしてもらわないと困る。リザーバーで47cm、今年初フィッシュだそうだ。

「コメントですか(笑)

風があったり流れがあるところでも(釣ったのは流れ込みの流心)斜め浮きのおかげで首振りん時に頭がしっかり水叩く音がアピール抜群です!
今日のも着水から4、5アクションでドカンでしたよー。

てな感じですかね(^_^;
なんせ使い甲斐のあるペンシルやからこれからも愛用します。
で、今度はサイレントも購入予定です。」

Vivo_del_Plastico_FD-BR2.jpg

 どうやら好印象のようで、ふたつみっつと持っていて損はない、ということのようだ。ちなみにやつが買ったのはFD-BR、これはボーン素材でノッカー・タイプである。サイレントにはTG-CLとBN-TSBがある。

 念のため断っておくけれども、うちは事務所であってお店ではなく、基本的にはうちでものを買うことは出来ません。悪しからず。

 本日はメッキのBBS-MRと、運送屋が間違えて他所へ送ってしまったPF-RLが届く。検品して梱包だ。

 さて、覚えが悪く、しかも勘の鈍い俺は、たった今流れているアルバムについてのディティールをいちいち調べ直すことが多々ある。例えばバンドのメンツだとか、エピソードだとか。それはどういうわけかジャズであることがほとんどではあるけれど。

 ソニー・ロリンズのこのアルバムを車の中で何気なく聴いていたら、モンクのピアノが聴こえて来て、「あれ?そう、そう、ここにはモンクが参加していたなあ」と思い出して、他のメンツが気になり始める。そうするともうどうしようもなく、早速調べるのだ、今日も。どうせまた忘れるくせに。

 J.J.ジョンソンというトロンボーン・プレイヤーがおりまして、本日は彼のプレーに少しの間、耳を奪われた。ソニー・ロリンズとの掛け合いからテーマに移って、カウンターを入れるあたりなんて、実に堅実で美しい。

 しかし、どうして人は時にトロンボーンなんていう、わりと地味でマイナーな楽器を選んでしまうのか。なかなか表に出ることが出来る楽器ではないと思うのだけれど。ま、それでも、ここまで極めてしまえば、その労苦も報われて、反対に際立ってしまうということもないではない。

Sonny-Rollins_-Volume-Two.jpg

Sonny Rollins Vol.2
  • (2012-06-28 14:00:20)
温故
12/06/27/Wed.

Vivo_del_Plastico_SF-BG-box.jpg

 Vivo遂に入荷!まだかまだかと待っていたら昨日の夕方ようやく。

 ただし、これは実を言うと全数ではない。工場の移転が原因でほとんど一月遅れで入荷したVivoには、さらにドタバタ劇が付属しているのである。工場のメッキの機械がこの期に及んで故障してしまい、違う業者に外注されてしまったり、無事税関を通過して運送業者に託されたと思いきや、運送業者がパッキンのひとつを他所に送ってしまったり、そういうわけでその1パッキンとメッキのパターンは明日の午後遅くに、神戸の商社の若社長自らがうちに届けてくれることになっている。残りは来週だ。

 ま、どのみち検品は一日では終わらないし、明日には今回の出荷分は揃うので、怖々ながらもとりあえずは胸を撫で下ろしている。

 流麗でシンプルなシェイプ、艶やかに塗られたオリジナルパターン、お腹に入った「Vivo」のロゴと「TL」のマーク・・・出来上がって少々風変わりなボックスにおさまった誇らしげなVivoを見ると、ようやく俺の何年越しかのデザインがここに帰結した感慨と合わせて、何やら少々感動的である。少しでも多くのVivoが旅立って、そして誰かを喜ばせてくれることを願う。

 Vivoはいよいよ金曜日に出荷です。いやはやお待たせしました。

LittleHelp5942-3.jpg

 Tシャツには早速いろいろと反応をいただいた。概ね好評である。リリースが遅いとの向きもないことはないでしょうが、俺がいざTシャツを買おうと思うのはこれからのシーズンだということもあり、ファッション業界の先取り過ぎる動きにはついていけないスローなデザイナーがいたって、まあ、いいでしょう。Tシャツはオールシーズン活用出来るアイテムであるし・・・、それに、そもそも流行がどうのこうのというデザインでもないことだし。

 プロダクツページに詳細をUPしました。サイズスペックはこちらにも。

 オンラインストアにもUPしたので、ご予約はオンラインストア、もしくは各ディーラーで。

 事務所に着いて、ばたばたととりあえずのやるべきことを済まして、それからブログを書こうと思っていたら、アート・ブレイキーが終わって、ビートルズが過ぎ、マイルスを通り越えて・・・今はバッファロー・スプリングフィールドが鳴っている。

 チャンポンもいいところだとは思うけれど、やっぱりこういうのが俺には性に合っている。共通項を強いて上げるならば、それは古いということか。アート・ブレイキー A Night in Tunisia(1960)、ビートルズ With The Beatles(1963)、マイルス Round About Midnight (1955) 、バッファロー・スプリングフィールド Again (1967)、確かにみごとに古い。

 こうしてみると、どうやら俺は流行に疎いということになる。新しいのが悪いとは言わないが、どっちがいいかと言うと、概して古いのがいい。新しくてもそれは実は新しくはなかったりするから。

A-Night-in-Tunisia-(The-Rudy-Van-Gelder-Edition).jpg

Night in Tunisia

With-The-Beatles.jpg

With the Beatles

'Round-About-Midnight-(Remaster).jpg

Round About Midnight

Again.jpg

Again
  • (2012-06-27 16:15:30)
Tee & Vivo
12/06/26/Tue.

Vivo_del_Plastico_FD-BR.jpg

 梅雨の晴れ間の陽光を愛犬と浴びながら散歩する。いつになく気持ちの良い、まるで貴石のような天気。

 こんな日に釣りが出来たら、これはもう釣れなくたって幸せであると本気で思う。しかし、実際に行ってしまうと、そうではないのだろうなあ。などと考えながら歩くのだ。

120626Aigawa.jpg

 さて、現実は釣りに行くことはかなわない。今日は遂に遂にVivoの入荷の日なのだ。ただ今、首を長くして待っているところ。これから検品、そして出荷作業が始まる。いやはや恐ろしい。

 さて、Tシャツの予約体制が整いました。本日よりディーラー当オンライン(まだオンライン・ストアにはアップロードで来てませんが、とりあえずはメールにて受け付けます)にて予約受付開始です。受注製産です。

 詳細は下記。

ENS-A.jpg

ⒶEverybody Needs Somebody
Hard Wash Binder Neck Tee Shirt
Color : Light Gray, Washed Navy
Size : S, M, L
Material : Cotton 100%

ⒷEverybody Needs Somebody
4.4oz Vintage Heather Tee Shirt
Color : Heather Brown,Heather Purple,
    Heather Blue
Size : Girls Free, XS, S, M, L, XL
Material : Cotton 38%/Polyester 38%
Rayon 24%

Price : 4,935 yen (Tax Include)

 メキシコのフォークアートにヒントを得た、Everybody Needs Somebodyというコピーが入ったアーシーなグラフィックT。

 ハードウォッシュ・バインダーネックTはコットン100%、首部分のリブが文字通り生地に挟み込まれて縫製された丈夫な作りで、少々細身のシェイプ。ハードウオッシュによる色味と合わせて、着心地、雰囲気ともに良し。サイズはS、M、Lのみです。

 4.4ozヴィンテージ・ヘザー・Tはコットンにポリエステルとレーヨンがミックスされたテロっとした肌触りのヴィンテージライクなボディー。サイズはGirls FreeからXLまで。

LittleHelpD.jpg

ⒸWith A Little Help From My Friends
4.4oz Vintage Heather Tee Shirt
Color : Heather Blue, Heather Purple,
Heather Red, Heather Brown,
Size : Girls Free, XS, S, M, L, XL
Material : Cotton 38%/Polyester 38%/Rayon 24%

ⒹWith A Little Help From My Friends
6.2oz Cotton Tee Shirt
Color : Baby Pink, Light Blue, Lime Green
Size : 80cm〜XXL
Material : Cotton 100%

Price : 4,935 yen (Tax Include)

 古いロックのポスターをイメージしたグラフィックT。 With A Little Help From My Friendsはビートルズの曲のタイトルで、ジョー・コッカーなんかもカバーしています。「友達の少しの助けがあれば・・・」というような意味。

 4.4ozヴィンテージ・ヘザー・Tはコットンにポリエステルとレーヨンがミックスされたテロっとした肌触りのヴィンテージライクなボディー。サイズはGirls FreeからXLまで。

 スタンダードな6.2ozコットン100%のボディーは3カラー。サイズはキッズが80cmから10cm刻みで130cmまで、アダルトはXSからXXLというサイズ展開。

Flyer.jpg

 4種類のTシャツそれぞれにA) B) C) D)の記号がふってあります。ご注文は「A)のLight GrayのSを2枚」とか「C)のHeather Blue」を1枚とか、そんな風にしていただけると幸いです。

 サイズスペックは下記を参照あれ。

SizeSpec.jpg

 ところで、Vivoを待つちょっとした緊張感と、「Nefertiti」のピーンっと張りつめた空気感が妙にマッチしていて、おかしな感覚を覚える。

Nefertiti.jpg

Nefertiti

 マイルスのアルバムにはいつもそうした緊張感があるけれども、「Nefertiti」のそれはまた格別だ。何かが起こりそうな、そんな予感さえはらむ。その空気はアルバム全体に及んでいて、それがまるで固まりでゴゴゴっと押し寄せて来るようだ。

 それにしてもまだVivoは来ない。いったいどうなっているのでしょうか。
  • (2012-06-26 15:07:55)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275