<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>













★ Sonic Cigar SL ★


★ Lake El Salt 2012 ★


★ Slapphappy Shad ★


★ Niva ★


★ Vickitan ★


★ Slapphappy Beaver ★


★ NEZUMI ★


★ Brand New Items ★









































★ New Release Info. ★
UTAMARO RECORDS
ANTS MOTOKI - ANY TYPES OF FISHBONE ASIAN SONIC ENSEMBLE
Links
Categories
Archives
Tools
top
ライフワーク
12/07/30/Mon.

120729VickiKado.jpg

 まずは早速好評のヴィキタン、記念すべき一番乗りの写真が届いた。なかなか良い写真である。嬉しいコメントは下記。

---------------

お久しぶりです、徳島の香留です。

今朝がた旧吉でVickitan使ってきたんですが最高です!

これまでフロッグは大好きで色々と使ってきたんですが、これは別格に使いやすいし、なんせほんまにノりますね!

今は手元に1個しかないんですが追加でまた購入決定しましたwww

次回の琵琶湖でも活躍してもらいます!これからもワクワクさせて下さいね♪

---------------

こちらには今回は二番乗りのお馴染みマニア谷口の投稿も。

120730Shintaro_with_UV-T.jpg

 それから、カスケットのシンタロウからもヴィキタンやヴィーヴォの追加注文と一緒に一枚の写真が。

---------------

UV Cut & Dry T-Shirtsを着てジギングに行ってきました。
強烈な暑さでしたが速乾性が高く快適に過ごせました。
日焼けもしないのでやっぱり疲れが違いますね!

---------------

とのこと。紫外線対策、熱中症対策はもはやスマートな大人の身だしなみといったところだと思う。UV Cut & Dry T-Shirtsは若干の在庫ありです。

120730YatoChild.jpg

 こんな可愛らしい写真も。このTシャツもサイズによっては若干の在庫あり。

120729Biwako58.jpg

 さて、俺はと言いますと、このUV Cut & Dry T-Shirtsをインナーに着込み、怪しい雷雲に覆われそうで覆われない夕方の琵琶湖へ。雷にびびりつつ、時々避難しつつ、釣ったのは58cm。ルアーは来年リリース予定のCosmo del Plasticoのプロトタイプ。

 今年始めにリリースした硬質発泡ウレタン素材のCosmoとはセッティングを変えることになりそうで、ただ今試行錯誤中である。バシュっと小気味良くこのプロトに出た58cmがこのセッティングを押し進めることになるか否か、というところ。

 おもしろかったのは、これを取り込む際にネットを構えたいっちゃん。大きな魚の頭を見て動転してしまったのは俺ではなくていっちゃんで、ラインを出しっ放しの自分のロッドを慌てて置こうとしたら、俺が魚とやり取りするロッドと交錯するわ、ネットを取ろうとしてドタバタするわ、船上はてんやわんやとなってしまって、あわやバラしてしまうところだった。

Miles-In-Tokyo-[Live].jpg

Miles in Tokyo

 今日は「Miles In Tokyo」を聴く。’64のライブ。同時代の「Four & More」や「My Funny Valentine 」があまりに気持ち良くて、所有していなかったこのアルバムを最近仕入れた。今のところ、50年代の終わりからこのあたりのマイルスが俺には一番刺激的である。

 例えばロックを聴き始めの頃のようなあの興奮や、でっかい魚を見た時の興奮を追い求めることがどうやら俺のライフワークということのようだ。
  • (2012-07-30 18:02:40)
性能は二の次
12/07/29/Sun.

120729flow-2.jpg

 最近ではオリンピックとか、サッカーのユーロとか、夜中ましてや朝方まで見てしまう気力なんてないのだけれど、例の食用蛙の巨大な携帯電話のバイブレーションのようなうなり声が朝方まで続くので、夜中におしっこで目を覚ましたりしようもんなら、そのせいと暑さとでしばらくは寝付けなかったりして、どうも眠りが浅いというような気がする。

 あの夜中のうなり声に関して、周辺の住民の方々はどのように感じていらっしゃるのでしょうか。うちは去年の秋に越して来たばかりだから慣れないものの、その辺意に介さずいつものことと平然と熟睡していらっしゃるのでしょうか。興味は沸かなくもない。

 そんな鬱陶しい陽気の今日この頃、一服の清涼剤のような写真が届く。新規ディーラーflowさんよりVivoでの一尾。なかなか奇麗な写真で、思わず載せてしまいました。

Smokin'-At-The-Half-Note.jpg

Smokin at the Half Note

 熱いけれども清々しい、まるでウェスのギターのようと言うと言い過ぎか。ウェスのギターが聴きたくて、買ったばかりの「Smokin at the Half Note」を聴きながら。

 静かにこれが聴こえるくらいにやっと落ち着いたけれど、今日は実はこれから釣りに出かけようと思っているのに、ヴィキタンの追加注文の出荷etc.で中くらいのどたばた具合だった。それにしてもヴィキタンは早速の好評があちこちから聞こえて来て嬉しい限り。

randonneur1207-2.jpg

 嬉しいと言うと、1年数ヶ月の時間をかけたあのランドナーのレストアが、そろそろ完成に近づいている。

 写真のあたりの見栄えなんて、これはもう何とも言えない色気を放っているではないか。

 フランスのパーツメーカーにユーレーと言うのがある。写真にも写っているディレーラーという変速機がそれ。このディレーラー、ものの本には「性能は二の次・・・」なんちゅうことが書いてあった。「性能は二の次」とはなんて素敵な言葉なのだろうか。

randonneur1207-1.jpg

 おっと、忘れてはいけない。イッサンブギー製のフロントバッグも既に仮装着済みである。
  • (2012-07-29 15:07:10)
オリンピック
12/07/28/Sat.

120727Biwako.jpg

 オリンピックの開会式でポールが出て来て声を発した瞬間に涙をこぼしそうになった。アイドルを見た女の子があまりの感激で泣いてしまう、あれと同じ心理状態がおっさんにも起こりえるということを身をもって知る。

 さて、昨日はスエヒロと琵琶湖へ。その前の水曜日、そこそこ反応があったと聞いたので、そこそこ期待を抱いて目当ての場所へ入る。相変わらず、いつものこの時期ならぼうぼうと繁茂しているはずのウィードはほとんどないけれど、それでもこの場所は先週の撮影でも何とか反応を得た場所で、梅雨明け後いきなり夏に突入して動けなかった魚たちもそろそろ落ち着きを取り戻しているのではとの推測。

120727Biwako51.jpg

 案の定反応はまずまず。スエヒロは3本、俺は5本の魚をフックアップ。うち3本が50upでした。

 俺の場合、ルアーはテスト中のCosmo del PlasticoともうすぐリリースのSlapphappy Beaver(50up2本はこれ)、スエヒロは同じくレンタルのSlapphappy BeaverとSlapphappy Shad、それからDjango-P改だったかな。

120727Biwako50.jpg

 Slapphappy Beaverは予想以上に釣れるルアーです。ゆっくり曵く必要はあるけれど、ゆっくり曵くだけに、リップの金属音とテールのコトコト音が、ヴォリュームは小さいながらも短い距離でハイピッチでハイアピールしてしまうという仕組みではないかと推測するのです。

120727Biwako53.jpg

 他のSlapphappyシリーズにもよくあるようにバイトはえてして地味(なぜかグランデだけは派手なバイトが多いけれど)。ガボっとか、ズバンっとかではなく、印象的にはパクっとくわえ込むような、そんな感じのが多い。迫力には欠けるかもしれないけれど、これにはこれで驚きがあるのだ。

 リリースをお楽しみに。



 フックアップには至らなかったけれども、昨日出荷したヴィキタンにも良いバイトがあった。そのヴィキタンのPVが遅ればせながら完成。ショートヴァージョンとコメント入りのヴァージョンがあります。



 早くも「カラーによっては売り切れてしまった」との嬉しい報告もとあるお店から。「あるうちにこうときや」とは、その昔、大阪は心斎橋にあった知る人ぞしる中古レコード屋の名コピーである。ま、うちの在庫がなくなってしまうのはまだ先だとは思うけれど。
  • (2012-07-28 13:59:59)
アンビエント
12/07/27/Fri.

VickitanGL-BGP.jpg

 ヴィキタンとTシャツ(Everybody Needs SomebodyWith A Little Help From My Friends)とUV Cut & Dry Tシャツ他の出荷をたった今終えて一段落、ブライアン・イーノのアンビエントを聴いていたら、少々眠たくなって来た。

 以前は「何だこりゃ?退屈・・・」と思っていた「Music for Airports」も、この頃は心地よく響く。成長したか、歳を取ったか、それとも俺の中で何かが変わったか。

 ちなみにアンビエントってブライアン・イーノが最初に提唱したのだそう。つくづく摩訶不思議な人だ、この人は。

 ところで、遅くなったけれど、もう少しでヴィキタンのPVが出来上がる。買おうか、どうしようか、考えている人もいるかもしれないので、そういう人にはこれを見ていただくのがいいかもしれない。もう少々お待ちを。

120725Kamioka.jpg

 ヴィキタンの次のリリースはSlapphappy Beaver。これのプロトをカミオカに貸してやりまして、早速その日に届いたのが上の写真。先日、俺が撮影に行った日にはそれほど活性は高くなく、それでもなんとか魚を連れて来てくれたのもこのルアー、それに6月に65cmを釣ったのもこのルアーなのだ。

 例えば琵琶湖ではライブリーが効くと言うのは知っている人は知っていると思うのだけれど、それはもちろんいろいろな人がいろいろなライブリーを使うわけで、中でもどれだけユニークなものを使うのか、というところが鍵を握る、と俺は思っている。

Ambient-1-Music-For-Airports.jpg

Music for Airports: Ambient 1/Remastered

 さて、昨日発売になったロッド&リールにカラー5Pで津波ルアーズが紹介されているので、ぜひ見ていただきたい。それから同じく昨日発売のロドリサーフェス(元木も出させていただいている巻頭の企画は元Basserの三浦氏が編集されてます)にも津波ルアーズは登場するのでこちらも。
  • (2012-07-27 15:20:14)
Small Change
12/07/25/Wed.

VickitanBoxes.jpg

 「Small Change」とは「小さな変化」だとばかり思っていたら、実は「小銭」とか「ちっぽけなやつ」という意味らしい。ま、考えてみれば「小さな変化」よりは「ちっぽけなやつ」の方がトム・ウェイツらしくはある。

 「Small Change」は1949年生まれのトム・ウェイツが1976年に出したアルバム。ゆっくりと熟成して発酵して旨味が噴出したかのようなそのサウンドからは27歳の若者をイメージするのはなかなか難しい。二十代後半にして、トム・ウェイツは既に恐ろしくおっさん化していたということか。驚異的。

small-change.jpg

Small Change

 エアコンはオンなのに、気がつくとまとわりついてしまっているねっとりとした空気の中、そんなひねた若者の音楽に時に癒されつつ、ヴィキタンの検品は粛々と進むのだ。

 ありがたいことにB品があまり出ない。B品が後から後から見つかってしまうと、どうも気分が滅入ってしまう。

 明日には梱包して、明後日には出荷という運びです。
  • (2012-07-25 21:48:41)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275