<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>













★ Sonic Cigar SL ★


★ Lake El Salt 2012 ★


★ Slapphappy Shad ★


★ Niva ★


★ Vickitan ★


★ Slapphappy Beaver ★


★ NEZUMI ★


★ Brand New Items ★









































★ New Release Info. ★
UTAMARO RECORDS
ANTS MOTOKI - ANY TYPES OF FISHBONE ASIAN SONIC ENSEMBLE
Links
Categories
Archives
Tools
top
Tsunami Cup Vol.9
 ワイルドフィッシュのHPに早くも結果&写真がアップされてます。
  • (2008-07-30 05:01:09)
Galとルアー
gal_costa.jpg

 と言うわけで、疲労の残る今日ではあるけれど、やっぱり夜更かしだ。いったい俺の体はどうなっているのだろう。ちなみにコレステロールの値は割と高いらしい。最近、卵断ちをしている俺だ。

 このアルバムは90年代の始め、ワールドミュージックのかじり始めに聴いたガル・コスタの「チャシャ猫の微笑」である。タイトルの意味はわからないが、とても印象的で忘れられない。思えば、プロデュースのアート・リンゼイのギターサウンドに触れたのもこの頃かな。彼女の歌声には惚れずにはいられない、まるで魚が思わずルアーに幻惑されてしまうような?そんな魅力がある。

 俺はマリーザ・モンチも好きだ。声が若干似ているせいもあるのだろうか、両者に魅かれる理由はそれだけではないだろうけれど。聴いた瞬間に、す〜っとごく自然に琴線をプルプルと震わせる。リズムだって、メロディーだって、アレンジだって、たぶん歌詞だって、とてもいい。しか〜し、最終的にそれらは彼女らの歌を際立たせるだけでしかない。結局、屈する、そして包まれる以外に方法はない、母性のような、そんなタレントがあるからこそ、音楽的な素晴らしさが集結してしまうのかも。

 話しは少し変わるけれど、ルアーには「こりゃ何だ?!」と思わせる、あるいは「これで魚が釣れるのか?!」と思わせる魅力がある。見た瞬間に魅きつける、そうでなければルアーではない。魚なんてたいして釣れなくても、そう思わせるのなら、それはルアーなんだ。そういう自由な発想が可能だからこそ、俺たちはルアーを作ることに魅せられた。

 極端(でもないかもしれない)な話し、浮いている木片でも魚は釣れてしまう。でも、浮いている木片がどうあるべきか、に執着することがおもしろい。適当だっていいんだ、実は。だから、俺のような適当なやつが生き残って来れた、そういう遊び、ゆとりのような場所がルアーという分野にはある。もちろん、そこには試行錯誤もあるにはあるが、偶然なんちゅうことが思わぬ効果を発揮したりして、凄く釣れてしまうルアーも作れちゃうのだ、俺にも。

 100円のルアーにうちのルアーが釣り負けても、何ら不思議はない。でも、言ったように、浮いている木片がどうあるべきか、に執着することがおもしろいのだ。
  • (2008-07-30 04:55:48)
Event
tamatama.jpg

 「開催は9月の14日。会場&スケジュールについては候補地の中から天候等のコンディションに合わせた場所をお問い合わせ頂いた方に事前に連絡します」だそうだ。島根のタマタマ吉野が宮城でやるイベントに半ば無理矢理参加させられることになった。とは言え、そのおかげでサンリバーが取扱店になっていただいた。それにそうでもしないと、なかなか東北に行く機会はない。楽しみではあるのです。

 おっと、大事なことを忘れてた。参加費の一部は岩手・宮城内陸地震の義援金として寄付されるそう。タマタマもやるもんだ。
  • (2008-07-30 03:48:49)
Tsunami Cup Vol.9
IMG_4362.jpg

 津波カップVol.9、それからその前後の釣行の写真。

 まあ、とにかく天候に翻弄された3日間だった。猛暑あり嵐あり。昨日の嵐は四国でも凄かった。釣りの最中だったから雷が恐くて陸に非難はしたけれど、それにしてもバンバと2人で、これまた頼りにならない相方だっただけに、余計に不安になるような降りっぷりと雷でした。「おかあちゃ〜ん!」とか「悪いことはもうしませんから」とか言いたくなるような、と言うか、実際に叫んでみたりする、そんな恐怖を煽った自然の猛威でした。

IMG_4350.jpg

 もちろん強行軍のせいもあるけれど、猛暑とそして嵐のせいで今回はいつも以上に疲れた。ブライトリバーのF原なんて、帰りは日焼けで歩けなくなってたし、バンバはバンバで帰りの高速をあまりの眠さにスピードを出すことが出来なくなって、50km走行を強いられたくらい。大畑(ナチュラルディストーション)&北井の関東組は帰る途中のサービスエリアで早々に爆睡する事態に。

IMG_4363.jpg
IMG_4364.jpg
IMG_4369.jpg
IMG_4377.jpg

 大会は先日も申しました通り、50名あまり、スタッフ&ゲストを加えると70名あまりを集めていつものごとく大盛況でした。繰り返しありがとう。

IMG_4380.jpg
IMG_4388.jpg

 俺の三日間の釣果と言うと、結構これがよろしくない。三日間でまともに釣ったのはまたしても1尾のみ。それに比べ、ブライトリバー・マツモっちゃんなんかは最近腹立たしいくらい調子がいい。今回もイベント参加のへなちょこバンバも、不平不満たらたらながら、終わってみると結構な数を釣っていたりする。まあ、バンバの場合は俺の操船するボートに始終乗っているわけだから、これは俺の成果と言えなくもない、なんて負け惜しみを言いたくなるくらいに、俺はスランプなのだ。

 しか〜し、写真にもあるように、プロトのペンシルでの釣果もあった。スプレーペイントを駆使して間に合わせたプロトをフィールドでテストすることが出来たのだ。いつもにも増してテストの成果があったような気がする。ブンビーニョ(仮名。ブンブの小さいやつ。)は恐ろしく動くし、扁平ペンシルも完成に近づきつつある。構想?年の可動式リップ・ライブリーも良くなった。フロント、そしてリア・シングルスウィッシャーもかなりいい。リア・シングルスウィッシャーは特にいい。マイティーアロウ・ミニ、マイティーエディー・ミニ(二年前の火事でリリース直前に焼失した)の改良版にもほぼ目処がついた。

 遊んでいるようで仕事はしてるんだな、俺も。ま、遊びか仕事か区別をつけ難いのが俺の仕事ではあるけれど。
  • (2008-07-29 22:27:02)
Tsunami Cup
 無事終わりました。参加の皆さん、お疲れさん。スタッフ、ゲストの皆さん、ご苦労はんでした。毎度、毎度、このイベントはリラックスムードで楽しくやらさせていただいている。これもひとえに参加してくれる皆さんと、ワイルドフィッシュとその店長ワイテンのおかげであります。ありがとう。

 今回は俺も良く知る、浜口長男が二連続の栄冠!しかも、前回の賞品のロッドとビンビでの釣果。うちのルアーできっちり優勝するあたりが憎いのである。番外ではあるけれど、俺と一緒のJAYのバンバも一本、最近乗ってるブライトリバー・マツモトもかなりいいのを一本取っておりました。俺はと言うと、カミナリウオを一本、そしてワンバイトという結果に終わってしまった。ブライトリバー・Fハラ、アカシは前の晩にはしゃぎ過ぎて大遅刻!大ひんしゅくだったことを付け加えておこう。

 それにしても暑さにやられた。とんでもない陽射しだった。俺はかなりのバテ具合。ほんまに皆さん、ご苦労はんでした。

 この秋にはなんと記念のVol.10津波カップ。またまた、フレンドリーでピースフルな大会にしたいと思う俺である。皆さん、こぞって参加よろしく!

 さて、明日はゲストメンバー&ワイテンとプライベート釣行。行ったことのないリザーバーなので、ハードではあるけれどとても楽しみだ。最近、釣果に恵まれてないので、明日こそはそこそこの結果を期待する俺だ。めちゃ朝早いし、もう寝る。
  • (2008-07-27 21:21:33)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275