<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>













★ Sonic Cigar SL ★


★ Lake El Salt 2012 ★


★ Slapphappy Shad ★


★ Niva ★


★ Vickitan ★


★ Slapphappy Beaver ★


★ NEZUMI ★


★ Brand New Items ★









































★ New Release Info. ★
UTAMARO RECORDS
ANTS MOTOKI - ANY TYPES OF FISHBONE ASIAN SONIC ENSEMBLE
Links
Categories
Archives
Tools
top
Monk's Dream
12/08/11/Sat.

120810-59.jpg

 昨日の釣果筆頭はSlapphappy Beaverを暴力的にひったくって、ジャンプ&ジャンプ、ボート際でロッドを絞りに絞ってようやく上がって来た59cmだった。これほどジャンプして、その上走るやつって、えてしてそれほど大きくなかったりするけれどこれは例外。最初は油断したのだけれど、上あごにフロントフックががっちりフッキングしていて助かった。

 そんなSlapphappy BeaverのPVが完成。ぜひご覧いただきたい。



 この日はこの他にSlapphappy Shad Flapで56cm超を1本。それから同じくSlapphappy Shad Propで結構なデカさの魚と思われるバイトを得るものの、ジャンプと同時にどういうわけかラインとスナップが外れてしまうという珍事に唖然。あとにはプカプカとルアーだけが浮いていたのだった。

 唖然と言えば、Slapphappy Beaverに「ガツンッ!」という、あまり経験のないほどの強烈な衝撃だけ残して、どこかに消え去った魚もおりました。

120810-56.5.jpg

 一緒に行ったいっちゃんは、ライブリーが当たっているにもかかわらず「ほんならぼくはペンシルをライブリーみたいに動かしますわ」と言い放ってしまうほど、実を言うと「ただ曵き」というアクションが苦手である。どうも「何かもの足らん」のだそうだ。と言うわけでSonic Ribotで意地の1本。

 こういう人っているものだ。気持ちはわからないでもない、本当に。

120810Ichan.jpg

 そのいっちゃんが終いには俺が貸したSlapphappy Beaverを曵き始めた。このルアーがやつに残した印象と言うのは、どうやらちょっとした驚きのようでした。

 ただ、この日はバイトが散発的で、ポンポンと出るような状況ではなく、以上3本という、少なくはあるけれども、大きさはまことにハイアベレージな結果に終わった。

Monk's-Dream.jpg

Monk's Dream

 帰りの名神でえらい渋滞に捕まって、迂回するつもりの第二京阪にも乗りそびれて、その時流れていたのは「Monk's Dream」。渋滞にモンクのしかも「Dream」とはいかがなものかと思ったら、案外と眠たくならずに遅々とした時間を過ごせた。

 彼の演奏には文字通りテンションがあって、これが眠気を抑えたと言うことか。とにかくモンクのピアノはテンションノートの入り具合やリズムの取りようが「ん?!ん?!ん?!」って驚きの連続なのだ。相手が誰だろうとそれは同じで、例えばマイルスでさえ、あまりにユニーク過ぎるその演奏を「俺のソロのバックでは弾くな」と言ってしまうほど。

 そのテンションがやがては気持ちよく、そして病み付きになってしまうということになる。

 ただし、これが渋滞時の万人のストレスに良い作用をもたらすのか、と言うとそうではない気がする。ま、俺だって次に眠たくならない保証はないし。
  • (2012-08-11 16:25:49)
Sweet Jane
12/08/10/Fri.

120623Kurara.jpg

 今日はそれほどの暑さでもなかったから、愛犬も一緒に俺の散歩に付き合わせる。「ハッ、ハッ、ハッ」愛犬の息づかいが多少荒くなって来て、「帰ろ、帰ろ」とつぶやいた気がして、3分ほど早めに切り上げた。

 昨日はやつを爪切りと肛門絞りと足裏バリカンと耳掃除に連れて行ったら、ぶるぶると震えてそばを離れようとしなかった。そんなあいつだけれども、彼女にだって人生がある。誰もが生きようとしているわけだ。だから俺は愛犬をたまらなくかわいいと思う。

Loaded.jpg

Loaded

 普段は歌詞についてあまり気にしないのだけれど、好きになると時折読んでみることがある。ルー・リードの「Sweet Jane」って循環するコードがあまりに気持ちよく、ぶっきらぼうで気だるくて、しかし何かしら説得力のある歌がぐいぐいと心に迫るのだ。彼は「life is just to die」つまりは「人生は死ぬためにある」と歌う。それでも人には日々営みがあって、生きるし、愛すると歌う。

 これは何も人生をあきらめた男の心情吐露ではなくて、いつか聞いた坊さんの説教にも似て、「生きることと死ぬことは正反対の事象ではなく、繋がったひとつの線の上にあるものなのです」というような説得力を持って俺には響くのです。ロックンロールって凄いのだ。

 今日は少々面倒だとは思いつつ、汗をかきかき、木屑にまみれて、久しぶりに思い切ってルアーを削ってみた。それから、今日はどうしても釣りに行きたくて、仕事終わりの友人を無理矢理誘い、タイミングよく届いたプロトのロッド(カーボンソリッドの上にグラスを巻いた、5.6ftで少々重めの)にFishboneと真新しいSonicmasterを装着して、これから出かけることにする。
  • (2012-08-10 17:11:14)
変わり種
12/08/09/Thu.

SlapphappyBeaverTSB.jpg

 Slapphappyが流れる。Henry Cowと一緒に作ったこの「Desperate Straights」は流しておくと流れていくけれども、そのうちその偏執狂ぶりが聴かずにはおれない威圧感を放ち始める。だからこそSlapphappyはSlapphappyなのだ。

 彼らの「Casablanca Moon」はもう少しポップで親しみ易い雰囲気があるのだけれど、そういう二面性あるいは深みをもってして、芸術は芸術たりえるのだろう、たぶん。例えば俺の中にも、あっちを立てればこっちが立たずと言うような葛藤はとぐろを巻いて居座っていて、そういう人の性質がおそらくは芸術をつかさどると思うのだ。

 そんなSlapphappyの名前をいただいた、うちの変わり種ライブリ−Slapphappy Beaverはお盆明けのリリース。PVはもうすぐ。お楽しみに。

Nezumi-NZM.jpg

 Slapphappy以外にも、うちには他にもいろいろと変わり種ルアーがあって、「」と「Mongolian Chopper」が当オンラインストアでも買えるようになりました。

 それから、追加分のTシャツ、それからUV Cut & Dry Tシャツは本日出荷。たいへんお待たせ致しました。

MongolianChopperWT.jpg

 With A Little Help From My FriendsEverbody Needs SomebodyUV Cut & Dry Tシャツ、いずれも若干在庫がありまして、当オンラインストアで購入可能。気になる人はお早めに。

 来週はお盆休みをいただくので、明日までにご注文いただくとお盆までにお届け出来ますが、それ以降、18日までのご注文は20日以降の発送となります。悪しからず。

120809RockCapjpg

 ちなみに写真のキャップはあの塗料メーカー=ロックペイントのノベルティーグッズ。昨日のタマタマルアーの大会に参加していた塗料屋さんの協賛品をいただいたもの。フロントの「ROCK」のロゴが少々遠慮がちな大きさと言えなくはないものの、Japanese Workwearとしてはこれはなかなか粋だと思う。

Desperate-Straights.jpg

Desperate Straights
  • (2012-08-09 15:39:44)
恐ろしく暑い日
12/08/08/Wed.

120808Bihoku.jpg

 車で往復600kmの道のりを日帰りは盛夏にはなかなかこたえるものである。その上、一番暑くなる時間帯に釣りとあってはなおさらだ。ようやく大阪に戻って、約2名を家に送り届けて、その帰りに流れたマリーザ・モンチがとても優しかった。

 いったい何の大会なのか、今日になって初めて知った、タマタマルアーのオフ会に参加した。いつもは参加を断ってしまっているのだけれど、「釣れる」というタマタマ・ヨシノの誘いに乗ってしまった俺がバカだったとは思う。でもまあいいでしょう、たまにはそんなことがあったとしても。

SlapphappyBeaverIDG.jpg

 今日はSlapphappy Beaverには反応はなかったものの、先日の琵琶湖の実釣に引き続き、今日もこれのPVのためのアクションを撮り足した。近日中に動画が公開となる。

 なんとこれをひとりで「三つ買う」という人がいたり、お店からどのくらい確保出来るか?って問い合わせが来たり、今日も予想外の反響に面食らっているのだ。

O-Que-Você-Quer-Saber-De-Verdade.jpg

O Que Voce Quer Saber De Verdade
  • (2012-08-09 00:27:46)
Sincerely Hot
12/08/07/Tue.

120709BiwakoSky.jpg

 行ったことはないけれども、憧れのアマゾンに続く大地と空とアーバンな雑踏と雑多な人種が複雑に入り混じったブラジルを、彼らの音楽を聴くと漠然とイメージする。モレーノ・ヴェローゾ、ドメニコ・ランセロッチ、アレシャンドリ・カシンのブラジル音楽新世代ユニット(とは言うものの、リリースされてもう10年あまりが経過しているけれども)のそれぞれがリーダーを務める3枚のアルバムが好きなのである。

 今日はそのうちドメニコがリーダーの「Sincerely Hot」が鳴っている。時には空気をつんざくような激しい曲もあると言うのに、聴いていると妙に安心してしまうのはどうしてだろうか。

SlapphappyBeaverCJ.jpg

 さて、昨日Slapphappy Beaverのリリースをお知らせしたら、反響が思ったより大きくてちょっと驚いている。嬉しい誤算。

 アクションに関して、どんなライブリーよりもよく動くとは決して思わない。それはSlapphappyシリーズには共通して言えることで、その点は未完成と言えなくもないけれども、それはしかし、このシリーズの場合、「釣れる」ことで払拭してしまえるから、それをもってこれをユニークさと言ってしまうのだ。つまりは思った以上に「釣れる」ということです。

 それがわかるようなPVも作れたらいいなあと、今思っているところなのでもう少しお待ちを。

Sincerely-Hot.jpg

Sincerely Hot
  • (2012-08-07 18:28:05)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275