<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>













★ Sonic Cigar SL ★


★ Lake El Salt 2012 ★


★ Slapphappy Shad ★


★ Niva ★


★ Vickitan ★


★ Slapphappy Beaver ★


★ NEZUMI ★


★ Brand New Items ★









































★ New Release Info. ★
UTAMARO RECORDS
ANTS MOTOKI - ANY TYPES OF FISHBONE ASIAN SONIC ENSEMBLE
Links
Categories
Archives
Tools
top
JFLCC

IMG_4593.jpg
IMG_4586.jpg
IMG_4600.jpg
IMG_4589.jpg

 オールドタックルショーに参加した。オールドプラスチック特有の匂いがそこここで漂う中、うちは在庫の販売、プロト等の展示。どちらかと言うと、売り上げより俺のお買上額の方が多かったのだった。それもかなり・・・。

http://www.jflcc.org/
  • (2008-08-31 15:12:01)
Mighty Sparrow & 40's
mighty_sparrow.jpg

 マイティー・スパロウというトリニダード・トバコ人が俺は割と好きだ。マイティー・アロウという名前のうちのルアーがあって、おそらく俺の中にはこの「マイティー・スパロウ」というフレーズがメモリーされていて、何となく響きとしてアウトプットされたんだと思う。

 「マイティー・スパロウ」をルアーの名前に思わずもじってしまったことを俺はとても気に入っている。ルアーのイメージにも相応しい気がするし、何よりこのルアーは今ではうちの大人気シリーズで、それには少しはネーミングも貢献しているのかもしれないと思う。

 マイティー・スパロウはカリプソ界のスーパースターである。彼のカリプソはジャンプなリズムとウォームな雰囲気が凄く良い。サウンドはクラシカルに聴こえるけれど今なお刺激的で、50年代、60年代なら最高にHip & Cool(?)だったのではと想像出来る。なぜかこの「Volume Two」というアルバムしか持っていないのだけれど、これをきっかけにまた買うかもしれないな。

080829-1.jpg

 ところで、Hip & Coolな40'sは釣りにくらい出かけて欲しいもんである。夜遊びもいいが・・・。我々40'sは急に思い立って、今日も今日とて出かけてしまうのだった。

 釣りには釣り日和がある。晴れていて気持ちのいい日もいいけれど、それは人にとってということで、どうやら魚が盛んにエサを食う条件とは異なるようだ。例えば曇りとか雨とか、天候が荒れる前だとか、そういう状況が釣りには、だいたいにおいて良い。釣人なら誰でもそうだが、40'sにもなると、そういう条件になると嫌でも体が反応する、条件反射的習慣が余計に染み付いているものなのだ。

 だからと言って、結果が良いとは限らないのが我々の釣りだ。それはもうどうしようもなくそういうもので、だからと言って、懲りないのも我々の釣りだ。だからこそ40'sでも釣人でいられるのだ。

 そんな我々にも、だいたい年に一回くらいは本当に釣れてしまうことがある。俺は48cmくらいのを1本とその他2本、それからいいのを2本バラし、これでも結構いいが、岸本自動車に至っては48cmを2本、53cmを1本、ギル1本、いいのを同じく2本ほどバラしと、なんとまあ素晴らしい結果だった。

080829-2.jpg

 夜討ち朝駆け的、40過ぎてそんな釣りをしているのは我々くらいだ、と誰かが言ったそうだ。確かにそうかもしれないと、その発見に感心してしまった。

 さて、明日はJFLCC主催の第2回オールドタックルショーである。午前10時より午後4時、会場は新大阪センイシティー2号館5階。オールドタックル好きなあなたも、そうでないあなたもぜひ遊びにいらっしゃい。詳しくは下記リンクより。

http://www.jflcc.org/
  • (2008-08-29 22:50:52)
Hook
 フックについて。ブライトリバーのフックがいい。これをもらって、今プロトに装着しているのだけれど、これ、めちゃ刺さる。気をつけた方がいいでしょう。「イタッ!」と何度言ったことか。こういう針は俺の記憶にはないね。

 刺さり易いと言うことは、これは当然、魚にも言えること。バイトをフッキングに持ち込む確率は上がるはずだ。実際、バイト、フッキングをテストすることが出来た。データが少ないので何とも言えないけれど、オリジナルフックを作る十分なきっかけになったことは確かだ。

 マスタッドで十分だと思っていた俺に、またまたおもしろい課題が出来た。もちろん作りたいとは思っていたけれど、これで何となくのイメージが浮かび上がって来たのだ。反対にマスタッドやイーグルクロウの持つ美しさも再確認した。何十年(?)もずっと変わらない理由が飲み込めた気がする。

 シンパシーとジェラシーを持ってブライトリバーのフックを評価しよう。これ、かなりいいと思う。
  • (2008-08-28 03:04:47)
ANY TYPES OF FISHBONE
080827-1.jpg

 遂に俺にも少し割り当てが巡って来たようだ。実に5本、うち40up3本なんていう成績は、今年2月のメキシコ以来かな。

 それもこれも、久しぶりに俺を操船から解放してくれたバンバと、プロトプラグのおかげだ。バンバはそのせいでチビ1本とふるわなかったけど、操船初心者にはその煩わしさとか難しさとか、同船者に対するボランティア精神のようなものも多少はわかっていただけたのではないか、と思う次第である。

 それにしても、このプロトライブリーは凄いかもしれない。バンバはライブラリーと言っていたが、それは図書館でこっちはライブリーである、念のため。先日、シゲと行った時にかなり良かったので、新しいテストサンプルも作って少し意識して多用したら、プロペラ付き、ノーマル、どちらも同じく思った以上に反応が良かった。今回の状況ではかなり効いたと言える。

080827-2.jpg

 ノーマルは既にかなり理想に近づきつつあったものの、ペラやブレードを付けた時の動きが全然イメージ通りに行かなくて四苦八苦していた。視点を変えて、ちょっとした修正を加えた今回のサンプルはプロペラを、しかもエディープロップのような大きなものを装着しても、かなりいい線である。

 もちろん、プロップを付けた状態ではバイブレーションの速さと切れがノーマルには及ばず、そのせいでリップのカチカチサウンドも目立たない。しかしプロップのアピールがプラスされる。ライブリーやミノーのテールにプロップを装着するトレンドもわからないではないね。

 津波ルアーズなりの、そういうトレンドに対する答えがもうすぐお見せ出来る・・・はずだ。と言うよりは例えばバドやなんか、それから他社のライブリーに対してのシンパシーとかジェラシーとか、そんな風なものの集積と言った方がしっくり来るかな、俺としては。

ants_cd-s.jpg

 考えてみれば、それは俺にとってモノを作る時のモチベーションのひとつだとも言える。音楽だって例外ではないですな。

 さて、大ニュース。そんな俺、アンツ・モトキ45歳の音楽的集積「ANY TYPES OF FISHBONE」が正式リリースとなってしまいます。9/24に新宿タワーレコードで先行大リリース!そして10/8全国リリース!なのである。

 売れるとええな〜。ま、以前から大器晩成だとは固く信じているけれど、もうそろそろね。


  • (2008-08-27 23:59:36)
第2回オールドタックルショー大阪
 JFLCC主催の第2回オールドタックルショー大阪に急遽出展決定!何故、俺がオールドタックルショーなのかはさておき、とにかく顔を出すことにしました。8月30日(土)午前10時より午後4時、会場は新大阪センイシティー2号館5階。オールドタックル好きなあなたも、そうでないあなたもぜひ遊びにいらっしゃい。詳しくは下記リンクより。

http://www.jflcc.org/
  • (2008-08-25 18:50:21)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275