<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>













★ Sonic Cigar SL ★


★ Lake El Salt 2012 ★


★ Slapphappy Shad ★


★ Niva ★


★ Vickitan ★


★ Slapphappy Beaver ★


★ NEZUMI ★


★ Brand New Items ★









































★ New Release Info. ★
UTAMARO RECORDS
ANTS MOTOKI - ANY TYPES OF FISHBONE ASIAN SONIC ENSEMBLE
Links
Categories
Archives
Tools
top
Planet Rock
20080224_2017.jpg

 Planet Rockとはなかなかいい響きの言葉だね。最近買ったこれらのコンピレーション(「THE ROUGH GUIDE to Planet Rock」「THE ROUGH GUIDE to Klezmer Revolution」)を聴いていると「ロックは未だ死なず」と言ってもいいのかな、と思える。地球上にはまだまだいかれたやつらがいるもんだ。

 そんな世界へとROUGH GUIDEされてしまう俺には小遣いがいくらあっても足りない状態になってしまいそうで、少し困る。ついついamazonでクリックだ。ま、しかし、おもしろい。思わずインスパイアされてしまう。嬉しくなってしまう。

 彼らもロックというスピリチュアルなバイブレーションに侵されてしまった人たちで、そしてそれをアイデンティティーの中で解決しようと試みる素敵で小粋なやつらなのだろう。不思議なもので、ロックが生まれた土地からは物心にかかわらず距離を隔てた辺境にこそ、今はエッジがあるように見える。

planet_rock.jpg
klezmer.jpg

 辺境と言うには失礼だけれど、来年もメキシコに行こう。ハワイに行く前だと言うのにもうメキシコかい、なんて妬む人もいるかもしれないが、ま、これが仕事だと言っておく。遠くへ出かけて釣りをすること、そして刺激を受けることは俺のライフワークでモチベーションだ。

 どうやらディスカウントもありそうなので、今回は久しぶりにエルサルトかな。グランバスの前田氏がついこの間行って、もの凄い釣果だったとのこと。今期のエルサルトは期待大なのだ。今の季節は満水でめちゃくちゃ暑く、トップでの釣果は減水して気候も若干和らぐ2月以降の方がやはりいいと思う。あそこは今年行ったウィッティスなんかと比べて魚もデカいしね。車で3時間、同じアングラーズ・インがロッジを開いたマテオスをはしごするという手もある。

 と言うわけで、一緒に行く人を今回も募集しようと思ってる。2月後半以降になるでしょう。今年と同じく6日間くらいは釣りをしたいね。

20080221_1833.jpg

 ところで、ハワイの予約したホテルの口コミを(そんなもんをあまり見たりしないのだけれど)見ていると、「泥棒が入った」というのが何件かあって、しかも「滞在中に何度かポリスがやって来た」なんていうのもあって、それに「どうやら泥棒がマスターキーを持っている」なんていう情報もあったりして、そんなのを見てしまうと気色悪いのでホテルを変えた。それほどひどいホテルには見えなかったけれど、そんなことってあるんですな。

 Mighty Arrow Mini、Mighty Eddy Mini、そしてYBUSAME、SASUGA No.1等は明日出荷。月曜日以降にはお店に並ぶはず。ぜひぜひ買ってちょうだい。予約の皆さんにはお待たせ!
  • (2008-10-04 23:55:16)
HAWAII
20070829_0232.jpg

 少し前にハワイへ行くと書いた。ほんとうに行くことにした。どうしてもひとり旅がしたい、なんちゅうことを考えたわけではなかったのだけれど、なんとなく誘いそびれてひとりにした。まあそれもいい。向こうには数年前に知り合った千野さんという人がいることもある。彼にガイドしてもらってピーコックバスを釣るのだ。チケットとホテルをとって、千野さんのスケジュールも押さえた。あとはレンタカーも予約しようかなといったところだ。

 釣りの準備は着々というわけではなくて、今タックルボックスにある、プロトタイプを含めたルアーを持って行こうと思ってる。ロッドもSUKIYAKI 56L、同じくSUKIYAKI 60、SUKIYAKI 60 MLなんかのプロトが中心だ。ただし、プロトタイプのルアーにはカラーリングくらいはしたいので、塗る設備がうちの工房に未だ整わないこと(前に缶スプレーで塗ったやつは大半が塗装が膨らんで失敗に終わってしまったので)もあって、うちの元バイトのイノウエ(現クロウラー。まるでルアーをリリースする様子がない、まだひとつしかラインナップのない幽霊ルアービルダー)にグリッターカラーを強制的に依頼した。急げ、と言ってある。

 キラキラしたのはどこへ行くにも必須ではある。ま、それが必須ということは実はそうでないのも必須であるとは思うが。それに最近、ひらひらと文字通りヒラを打つと言うのか、二次元ではなくて平べったいプラグに俺は執心している。魚側からシェイプが変化して見えたり、キラリとフラッシングするというのがいい。

 どうもハワイのピーコックには小さいプラグがいいと方々から言われる。しかしだ、それはオーストラリアでも西表でも同じである。メキシコでさえデカいのは敬遠されたりもする。要するにどこでもそうなのだ。よくよく考えると、日本でもそうである。釣れ辛いからと言って、日本でそれほど小さいプラグを使うかと言うとそうではない。俺の場合はせいぜい今のタックルで投げられる範囲だ。だから今回もそうするつもり。

 先入観があるかもしれない。オーストラリアでも西表でも、うちのプラグでチェイスもあるしバイトもある。もちろん釣れる。ただ少し乗り難かったりはする。ただしそれはブラックバスを釣っていても多かれ少なかれ同じ、そういうことだ。そこに自分が思うスタイルを超えない範囲でちょっとした工夫をしたり、作戦を考えたり、プラグ自体を考える。それがおもしろい。

chicken_skin_music.jpg

 ハワイと言うと思い出す音楽は、俺には島袋某ではなくてライ・クーダーのこのアルバムだ。気持ちのいい彼流のハワイアンが二曲ほどおさめられている。ボーダーレスなこの人にはハワイもキューバも沖縄も・・・見渡す限りの音楽的沃野なのでしょう。ハワイではそういう音楽的一端も覗いてみたいもんだ。他にも例えばアロハシャツとかアンティークショップとか古着とかジャンクとか、それにもちろん島の自然だとか・・・楽しみだ。

  • (2008-10-03 05:05:55)
GIANTS
children.jpg

 ず〜っと巨人ファンである。関西では割とオルタナティブだ。危険とも言う。小さい頃からTVは巨人しかなかったのだ、田舎育ちですから。しかし、これでは説明のつかないこともある。オヤジは阪神ファンなのだ。田舎の四国でも阪神ファンは幅をきかしている。

 まあ、そんな土地柄にあってそうだと言うことは、もうこれは生粋のオルタナティブなのである、俺は。根がそうなってしまっているとしか言いようはない。最近は野球をあまり見なくなってはいたのだけれど、昨今の好調巻き返しぶりには久しぶりにドキドキしている俺なのだ。

 二十数年前の阪神優勝の夜、そう岡田、掛布、バースの時代、御堂筋はたいへんなことになった。縦縞模様の人どころか、縦縞模様に仕立てた車までがそこらじゅうを走り、六甲おろしは響き渡った。道頓堀の橋から飛び降りる悪癖はこれが最初ではなかっただろうか。御堂筋、特に心斎橋、難波あたりは半無法地帯と化した。車がひっくり返されたりの暴挙もあったと思う。

 そんな折、俺は車で御堂筋を走っていたのだった。奇天烈な身なりの阪神ファンがいたるところに見える。渋滞していて、わがもの顔で目の前の車道を横切る者もいる。走るだけで多少の緊張があったことを覚えている。

 心斎橋にさしかかったあたりでふと気づいた。リアのガラスに巨人のユニフォームのミニチュアを吸盤でくっつけていたのである。止まって慌てて座席を倒し、後に手を伸ばしてそれをひったくった。ちょっとぞっとした。そして胸を撫で下ろした。そんなこともあったな。

 めんどくさいので敢えて言わないでいるけれど、俺は長島や王や柴田や高田や黒江・・・の時代からジャイアンツファンなんです、実は。
  • (2008-10-02 20:22:31)
Fortune
20080220_1731.jpg

 大殺界だそうだ。細木数子という人をどうしても信じる気にはなれないが、今年が3年間の大殺界の最後の年だと聞かされると、あれっ?当たってるかもしれないな、とも思う。火事、離婚・・・思い当たる節はいくつもある。40から42までの厄年の間にも妻の父親の逮捕、そして死・・・いろんなことがあったな。そう考えると、俺は実に6年間も災厄の年を過ごして来たということになる。

20080402_2598.jpg

 そう言えば最近もこんなことがあった。神戸のオリエンタルレジャーという小さな貿易会社にはプラスティコ・ルアーを作るにあたって、うちと中国の工場の間に入ってもらっている。そのオリエンタルレジャーから葬儀のお知らせのFAXが来たのは先週半ばくらいだった。葬儀は28日日曜日、ちょうど事務所のレセプションの日だったので、電報くらいで済まそうと考えていた。

 土曜日、同じくその会社と付き合いのあるアカシブランドの明石から電話があった。
「元木さん、これ(故人)って矢頭さん(社長)本人じゃないよね?」
はっとした。まさかとは思ったが、社長の名刺の名前と故人の名前を見比べて驚いた。同じである。もちろん、FAXに矢頭という文字があったのは知っていたが、明石も俺も身内の誰かの不幸だろうと高を括っていたのだった。あわてて俺たちはお通夜に出かけた。

 彼はまだ50代のバリバリ現役社長。社長とは言え、2人きりの会社であるからして、それこそ世界をまたにかけて自ら実務をこなす人だった。北京語と英語をしゃべれて、工場とうちの間にはなくてはならない、そしてとてもいい人だった。その人が血栓のため、ほんとうに突然、この世を去った。明石はつい5日前に電話で話したそうだ。お通夜で対面してもまるで実感は沸かず、とても不思議な気分だった。

 付き合いはそれほど長くはないが、今年一緒に香港、シンセンを旅したことは一生忘れないと思う。失敗はしても憎めない、ほんとうに絵に描いたようないい人だった。冥福を祈ります。

 そんなわけで、実を言うと、次のプラスティコ・ルアーの計画が頓挫した。それどころかBeat Jack del Plasticoの次の生産はどうなるのか?小さな会社だったので、矢頭さんの代わりはいない。俺が直接やるには荷が重過ぎる。後継者が見つからないと計画は進まないのである。困ったもんなのだ。それを大殺界で片付けるのも乱暴かもしれないが、確かに運は悪い。

20080225_2053.jpg

 とは言え、俺が信じたいのは、今年で大殺界が終わると言うこと。厄年も大殺界も終わり。来年からいよいよ運気は好転するのだ。
  • (2008-10-01 14:52:03)
Campaign
 「ANY TYPES OF FISHBONE / ANTS MOTOKI」10/8の全国発売記念、津波ルアーズHP販促大作戦大プレゼントキャンペーン!にちょっと変更あり。

 タワーレコードを含む全国のCDショップで私アンツ・モトキの「ANY TYPES OF FISHBONE」を買ってそのレシートを送っていただくと、抽選で10名様にブライトリバーとWネームのセッツビルヂング・キータグ、非売品バージョンを、20名様に津波ルアーズのステッカーを差し上げましょう、と書きましたが、この際けちっていてはいけないという結論に俺の中で一晩かけて達しまして、サイン入りルアーもプレゼントと言うことにしたいのである。プラスティコにウッド、どんなルアーかは当たってからのお楽しみ。こちらは5名様に。締め切りは10/31。どうかよろしく。

ants_cd-s.jpg
  • (2008-10-01 14:01:07)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275