<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>













★ Sonic Cigar SL ★


★ Lake El Salt 2012 ★


★ Slapphappy Shad ★


★ Niva ★


★ Vickitan ★


★ Slapphappy Beaver ★


★ NEZUMI ★


★ Brand New Items ★









































★ New Release Info. ★
UTAMARO RECORDS
ANTS MOTOKI - ANY TYPES OF FISHBONE ASIAN SONIC ENSEMBLE
Links
Categories
Archives
Tools
top
The Pearl
12/08/19/Sun.

120817KochiBeach.jpg

 一週間ぶりに事務所に出て来てみたら、踊り場のウンベラーダ数本が弱っていた。室温上昇し放題の温室状態のあの熱さに水不足は彼らにとってあまりに過酷だったか。水をやったら多少生き返ったようにも見えるけれど、5月に親株から切り分けて挿し木してこれまで順調に育っていただけに少しショック。

 そんなさい先の悪い休み明けにもめげず、出荷とかメールの返信とかSlapphappy Beaver他の注文の集計とか・・・バタバタと仕事をこなしつつ、届いたばかりのCDのうちの一枚「The Pearl」を聴いてみる。

The-Pearl.jpg

The Pearl

 やがて退屈と言ってもいいほどの静謐さ、それから思わず抱かれてしまいそうな深淵さが部屋を包む。それは無限のイマジネーションを誘う、聴き手の感性に因って立つ音楽。あるいはそれは音楽でさえなく、まさにそれこそがアンビエントなのでしょうか。ブライアン・イーノはもちろん、共作のハロルド・バッドにも一気に興味をそそられた。(ちなみに共同プロデュースはダニエル・ラノワ)

 おかげで落ち着きを取り戻す俺なのだ。

SlapphappyBeaverAll.jpg

 さて、昨日Slapphappy Beaverの予約を締め切ったところ、最近には珍しく各カラーともに全く数が足りていない。VickitanVivoの好評の余波か?それとも65cm他デカいのを釣っていることが幸いしたか?嬉しい悲鳴ということになった。

 ただ、ディーラーそれからお客さんにはご迷惑をかけてしまうこと間違いなしである。バックオーダーも考えてはいるけれど、これにも数に限りはあるし、時間もいただくことなので、先にお断りして陳謝させていただきます。

 Slapphappy Beaverのリリースは今週後半です。

VickitanGL-BGP.jpg

 もうひとつお断りです。Vickitanはラッカーフィニッシュのルアーと接触した状態での保管は避けて下さい。ルアーの塗膜を侵す恐れ、あるいはVickitanの樹脂を溶かす恐れがあります。ご注意を。
  • (2012-08-19 20:40:54)
四国にて
12/08/18/Sat.

120817Ashizuri2.jpg

 フォルクスワーゲンが風を切る音はまるで巨大な生き物の咆哮のようだ。窓越しに覗く無数の星がそれを見つめているのだと思うと、カーステから聞こえる名も知らぬ音楽はサーカスのオルゴール、散見出来る家々の灯りは見たこともない異次元の人々の暮らしを映す、とまんざら思えなくもない。

120817Ashizuri1.jpg

 実際そうでないと誰が言えるのか。そうやってイメージする世界と現実の世界の狭間の決して太くはないロープに、我々は寄って立って、たぶん生きている。じりじりと焼けて今はひりひりする肌をふと感じつつ、そんなことを思う、弟家族と奥さんと行った足摺の海からの帰り道だった。

120817AshizuriVW.jpg

 海では波乗りに興じる俺以外の大人三人を尻目に俺は甥っ子の相手を強いられた。やつの相手は波乗りに負けず劣らずハードで、そのせいか今日はおかしな部分がちょっとした筋肉痛で、体が妙に硬い。最近はフットサルの後でもこうはならないから、やっぱり普段とは違う筋肉を動かしたということなのだろう。

120817AshizuriKaira.jpg

 うちの実家からもゆうに三時間半はかかる、四万十川を越えた先の四国の先っちょの海は、お手軽とは言えないけれど、実に気持ちのよいところである。飾らない町並みももちろん景色もよく、空気も飯も旨いし、温泉も悪くない。弟家族、それから京阪神や果ては関東からのサーファーがここを選ぶのも理解出来ないではない。

 十八で田舎を出て以来大阪に住む俺にとって、故郷の四国を再発見ということはままあるのです。この頃特にかな。
  • (2012-08-18 14:16:17)
多摩川、ジョンボート、星空
12/08/15/Wed.

120815Ananai.jpg

 何日か前のバラエティー番組で多摩川のタマゾン川化、つまりは外来種が増えてまるでアマゾン川のようになってしまったという多摩川のことが取り上げられておりました。

 そこで言われていたのは「最近では水質が浄化され鮎が川に帰って来た」ということ。一方で「外来種が増えてそれらの在来種を駆逐している」にもかかわらずである。

 いみじくも、それは水質の悪化こそが在来種の減少をもたらしたということを指す、というのはうがった見方だろうか。外来種の駆除というパフォーマンスよりも本質的な環境の改善こそが優先されてしかるべきと言うのは、偏った理屈なのでしょうか。

120815Ananai2.jpg

 さて、そんな折、本日は高知で、Y・Styleとその常連の皆さんと釣り。始終あいにくの雨だったし、いわくそれほど良くない状況だったものの、8人で数本の魚をキャッチする。

 俺はと言うと、タカシ君のボートに載せてもらって、もうすぐリリースのSlapphappy Beaverで小さいけれども嬉しい1本。それからその次にリリース予定のプロト・ペンシルで良型を1本。これはなかなか勢いのあるバイトだったし、プロトのロッドを絞ってよく引いた。

 このペンシルでは他にもバイトを1発もらったし、実は先日のタマタマルアーのオフ会でも1本をフックアップ(バラしたけれど)しております。これはもう何年も前からプロトがあって、例によってしばらく捨て置かれ、今年の冬あたりに再度具体化しテストを重ねて来た、津波ルアーズ初、扁平な3D加工のペンシルで、切れ込むようなスライドが特徴。非常におもしろいルアーなのでどうかお楽しみに。

120815Takashi.jpg

 自分の釣果には納得いかず、うかぬ顔の船頭タカシ君ではあったものの、おかげで俺はいつ以来かわからないほど久しぶりのフロントシートを楽しませていただいた。(余談ですが、彼の船はシーニンフのジョンボートで、あらためてこのボートの質実剛健ぶりを美しいと思ったのである。)

 そのダム湖から車で1時間の実家に帰ると、あれだけ降っていた雨が嘘のような天気。夜には甥っ子の花火を観戦した後、愛犬とふと見上げた田舎の星空が案外見事で、しばし眺めてしまう。捨てたもんではないね、うちの田舎の空も。
  • (2012-08-15 23:45:27)
Standard
12/08/14/Tue.

110812Flower.jpg

 夕べの雨は酷かった。激しい雷に大粒の雨、涼しいどころではなく、ほとんど嵐でした。あの嵐を知らずにぐっすり寝ていたという甥っ子が俺は羨ましい。子どもの頃って、寝入って、気づいたら朝だったもんなあ。

Abbey-Road.jpg

Abbey Road

 ところで、オリンピックをちょいちょいつまみ見していて感じたのは、ビートルズが思った以上に聴こえてきたこと。開会式には生ポールが、閉会式にはジョン・レノンの映像も登場したし。俺のような人たちにとってのビートルズは特別な存在であるけれど、本国での存在感というのは特別の特別、彼らは我々には想像出来ない思い入れの対象なのでしょう。

 それから、同じく閉会式に登場のキンクスとザ・フーにも思わず身を乗り出した俺だ。それにブラジルからのマリーザ・モンチも驚きだった。次回、リオのオリンピックの音楽演出はさぞやおもしろいことになるのではないでしょうか。

120813SueBeaver.jpg

 さて、お盆であったところで釣りに休みはなく、周辺から釣果の報告がある。

 Slapphappy Beaverのプロトをレンタル中のスエヒロは野池で良型をキャッチした模様。Slapphappyシリーズのどれもがそうであるように、これも決して琵琶湖専用と言うわけではなくて、どこだろうと通用してしまうプラグだと思っている。

120813ShintaroVicki.jpg

 真太朗からはVickitanでの釣果報告。「トップウォータープラッガーの定番になること間違い無しです!!」とのお墨付きをいただきました。

 今シーズンリリースのVivoとそれからVickitanは、津波ルアーズのスタンダードへのチャレンジのひとつであるので、これらがそうなってくれるのなら、それは嬉しい限りだ。

 明日は俺もY・Styleとその常連連中と、実家から1時間ほどの高知のリザーバーで釣りです。
  • (2012-08-14 13:32:59)
Retrospective
12/08/13/Mon.

110812Semi.jpg

 田舎町に雨が降り出して涼しくなった。昼前に散歩に出かけた時の暑さが嘘のようだ。都会とは違って、田舎町には「涼しい」という言葉が似合う空気がある。

 夕べこっちに帰る途中の神戸の嫁の実家で、またぞろ愛車チェロキーの調子がおかしくなった。渋滞の中をトロトロと進むうち、ラジエーターの予備タンクの水がコトコトと音をたてて沸騰していたのである。冷やして水を足して、とりあえずことなきを得たが、お盆明けには再度の修理となることでしょう。いやはや困ったもんだ。

 チェロキーは2台目ですが、ラジエーター周りと電気系統はこの車のウィークポイントと言ってもよさそうだ。それならいったいこの車の良さはどこにあるのか。思った以上にトルクがあること、この手の車の中では非常にコンパクトであること、同じくこの手の車の中にあってはと言うことではあるけれど比較的燃費が良いこと、と言うのはほんとうはどうでも良いことで、一番は見た目の良さである。

 いつか書いたユーレーのディレーラーと一緒で、要するに「性能は二の次」、あるいはよく吠えて困らされる愛犬同様、それでも可愛いと言うことになるでしょうか。ただし、車の場合は、積み重なって行く修理代と調子が悪い時のあの不安感に、その度本気で乗り換えることを考えさせられて、別離の決意まであと数ミリというところではある。

120813Buss.jpg

 そう言えば、うちの田舎にはボンネットバスなるものが走っていて、これなんて見た目のレトロな雰囲気以外にあまり良さはみつからない。相変わらず世の中には「性能は二の次」的実用懐古趣味が確かに息づいているようで、俺は妙な安心を覚える。

Live!-[Remaster].jpg

Live

 夕べ車中で聴いた「No Woman, No Cry」も37年も前の、もうとうに亡くなってしまったボブ・マーリーのパフォーマンスだ。これを超えるレゲエがそれ以降あるのかと言うと、それはないわけで、それはこれこそがレゲエだと言うことでもある。
  • (2012-08-13 16:41:47)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275