<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>













★ Sonic Cigar SL ★


★ Lake El Salt 2012 ★


★ Slapphappy Shad ★


★ Niva ★


★ Vickitan ★


★ Slapphappy Beaver ★


★ NEZUMI ★


★ Brand New Items ★









































★ New Release Info. ★
UTAMARO RECORDS
ANTS MOTOKI - ANY TYPES OF FISHBONE ASIAN SONIC ENSEMBLE
Links
Categories
Archives
Tools
top
Slapphappy, Eno, Byrne & Lennon
slapphappy-all2.jpg

 結構な量の注文が舞い込んできつつあるスラップハッピーだ。不景気だと言うのにありがたいこっちゃ。

 予約注文出来るお店では今週の土曜あたりの締め切りが多いはず。というのもうちがそのあたりで一旦締め切って数を調整するからだ。そうやってなるべく希望のお客さんが買えるシステムにしてはいるのだけれど、それでも不足する場合は多々あるので御了承を。

 今日はマニア谷口から投稿があって久しぶりにギャラリーを更新した。南九州でDVDを撮った時に彼はスラップハッピーのプロトを目にしている。それが今回ようやくリリースになるのだ。あれ以降改良に改良を重ねているので、今年の夏以前にその動きを見た人はその違いに驚くかもしれない。そのくらい良くなった。乞うご期待だ。

 おっと、それから友人のI本より、細かくて鬱陶しくて面倒臭い指摘があった。ヘビーデューティーLリグというのはヘドンにも存在することを知らなかった。そう言えばそんなのがあったな。津波ルアーズのヘビーデューティーLリグはそのレプリカではない。どうしてヘビーデューティーなのかと言うと、それは材質がステンレスでしかもネジ切り部を多少長く取っているからなのだ。ま、知らないでは済まないし、誤解をまねくので津波ルアーズのはTsunami L rigとでもしておきましょう。

eno-byrne.jpg

 今日のBGMはこれだ。届いたばっかしの新譜、ブライアン・イーノ&デビッド・バーン!!!である。これを買わずしていったい何を買うのでしょうか。ファンならちょっとした狂喜乱舞ものだ。

 とは言うものの、最近のデビッド・バーンにはサントラみたいなので肩透かしを食らっていて、今回もイーノとのコンビならまさにアンビエントな作品でまたも肩透かしかな、という不安はあった。イーノ単独のアンビエントはいい。でもバーンも一緒にではあんまりおもしろくないと思うのだ、俺は。

 でもこれはいいね。一曲目のカントリーっぽい曲調に対極の意味で少し不安は覚えたが、3曲目なんてイーノ節とバーン節が凄いハーモニーを生んでいる。久しぶりの快作ではないのかな、どちらにとっても。

 そう言えば、今日(正確には昨日)はジョン・レノンの命日だ。28年も経つ。俺も歳をとるはずだ。

 メキシコツアーの詳細をUP
  • (2008-12-09 03:10:07)
Songstress
steve_cropper.jpg

transsylvanians-s.jpg

 他人の空似という風なそういう話題にでもしようかな、と思ったら、実際見てみるとそれほど似てはいなくてちょっとがっかりした。でも雰囲気は似てるでしょ?このジャケット。

 Steve Cropperのは思った以上ではなかったのだけれど、最近気になるのは一方のトランシルバニアンズとか、下のデング・フィーバーである。偶然なのかどうなのか、女性ボーカルのバンドということが共通項だ。ソロ・アーティストではなくて、バンド形体であるということも同じ。音楽性がフォークロアであることも・・・かな。

dengue_fever2.jpg

 だからどうということもないのだけれど、音楽を聴いていると時々そういうことが気になったりする。そこに何かあるのでは?なんて思う。

 ボーカルスタイルは例えばサラ・ボーンなんかとは対極にあって、スラップハッピーのダグマーにも通じる。黒人のジャズやR&Bのようにある種テクニカルでソウルフルなスタイルではなくて、一見決して上手くはないもののとても素直で素朴なところがいい。サラ・ボーンもいいけれど。

fw-title.jpg

 好評のスウェットシャツ&ロンTは、締め切りを過ぎてもいくつか問い合わせがあったので、少しですが在庫します。ふるってご注文よろしく!既にご注文の皆さんはいましばらくお待ちを。今週中には出荷予定。

 それから、ほんとうに久しぶりのライブが今週の土曜に迫った。場所は神戸のビッグアップル。詳細は下記です。こちらもどうかよろしく!

2008/12/13.sat.
@神戸 BIG APPLE

Asian Sonic Ensemble
玩具利音

OPEN 6:30PM~/START 7:30PM~
前¥2,000-/当¥2,300-

電話、メールで予約されると前売り料金となります。
前日までに代表者のお名前、日、人数をお知らせください。
留守電時でも、FAXでもOKです。

TEL&FAX 078(251)7049
Mail big-apple@i.bekkoame.ne.jp
  • (2008-12-08 03:22:32)
Mexico Tour
view3.jpg

 小便をもよおしてトイレに行く。何だかそこは少し不潔で嫌な感じ。しかし、そんなことは言ってられないくらいに割と切羽詰まっているので、意を決して便器に向かう。ところが、きばれどもきばれども小便は出て来ない。ん?!ん?!・・・不快感はつのるばかり。

 こんな時、気持ち良くその行為をこれまでに何度か「終えてしまった」人を知っているけれど、決してそうしてはいけない。俺の場合は今日に至るまで、やがて目を覚まし現実の便器にたどり着くことが出来ている。

mexico.jpg

 さて、そんなこととは関係なく、来年のメキシコの日程を決めたのでお知らせしよう。あらためてページを立ち上げるつもりだけれど、募集は早いに越したことはないので。

 今シーズンのエル・サルトはとても好調らしい。以前、俺が10lbを1日3本上げた湖もここである。バカラックと並んで魚のアベレージがデカいのがすんばらしいのだ。また、ここのアングラーズ・インというロッジはサービス・設備ともにこれまで行ったどこよりも優れている。少し値段が高いのが玉にきずだったものの、それもGRANBASS前田氏の交渉で日本人は$500のディスカウウントが実現した。

 そんな夢の湖へ、アカシブランド明石と津波ルアーズ元木とぜひ。飛行機およびロッジに空きがなくなると行けなくなるので、お申し込みは出来るだけお早めに。ちなみに、いつも帰りにロスに寄るけれど、今回はメキシコシティーを観光しようと思ってます。何か質問があれば遠慮なく。メールはこちら


-------------------------

Tour to Lake El Salt in Mexico
メキシコ・レイク・エルサルト・ツアー

Angler's Inn
アングラーズインロッジ

AKASHI BRAND & Tsunami Lures Presents


2009年3月7日〜16日まで、うち4日半の釣り
(各航空会社および時間は変更の可能性有り)

3/7(土)

 成田発 JAL 17:20

 ロスアンジェルス着 10:00

 ロスアンジェルス発 アエロ・メヒコ 13:30

 クリアカン着 18:20

 アングラーズ・インへ

3/8(日)〜11(水) 終日釣り

3/12(木) 半日釣り

 クリアカン発 メキシカーナ航空

 メキシコシティー着

 メキシコシティー泊


3/13(金)〜14(土)

 メキシコシティー観光

3/15(日) メキシコシティー発

3/16(月) 成田着


メキシコシティー観光は希望により省いても結構です。その場合、13日に成田着となります。

金額は為替の状況や飛行機代に変動があるので、はっきりとした金額はまだ出ませんが、ザックリと金額を出してみました。ロッジ代は今シーズンより日本人には$500の割引が適用されています。


渡航費:約16万円(成田〜ロス往復 約10万円[サーチャージ込み]、ロス〜メキシコ往復 約6万円)

メキシコシティー宿泊代:約2万円(3泊)

ロッジ代:約19〜20万円

合計 約37〜40万円

※お土産代、 メキシコシティーでの食事代は含んでいません。

※1ドル100円で計算しています。

※ロッジではお金はいりません。アルコールも含めた飲み物食べ物、チップ等、全て代金に含まれています。(ガイドにはチップを渡す場合があります。)


view.jpg
  • (2008-12-07 21:04:05)
Slapphappy !!!
slapphappy-all2.jpg

 Slapphappyの詳細UP!いつもより多少苦労したかな。映画のフライヤーとか、昔のロックのポスターだとか、そういうのをイメージソースに作りました。どうか御覧あれ。

l-rig.jpg

 さて今回よりいよいよヘヴィーデューティーLリグを採用。素材に従来のLリグにはなかったステンレスを採用することで剛性を強化。またロングバージョンはネジ切り部を若干長目に取ってあり、これによっても強度はUPしている。

 Lリグには賛否両論あって、採用しているメーカーは少ない。だからこそ津波ルアーズは天の邪鬼的に採用してしまう。今どき、Lリグはなかなかかっこいい。それにこのLリグはただのLリグではないのです。

 パーツを作る金型屋さんは、まず、スレンレスをあんな風に曲げることを嫌がる。うちの取引先である紫藤製作所の紫藤さんにはかなり泣いていただいた。なかなか出来上がらないので俺も泣いたけど。何度やり直したことか。

 しかし、これでかなり剛性は上がったと思う。折れることもそれほどないだろう。もう海外に行く際(例えばバラマンディーやピーコック、メキシコの10lbバス・・・を相手にする際)に自分でLリグを作る必要もなくなった。

 欠点は最後まで締め込む際に少し注意が必要なこと。ボディーを傷つけることがある。しかし、これもLの角度を大きくとることで軽減しております。最後まで締めても先っちょがボディーに触れることが少ないのだ。

rivet2.jpg

 それからお尻のリベットも今回よりオリジナルになった。Slapphappyにはアルミのリベットが付く。今後ルアーによってはスレンレスの場合もあり。ステンレスはウェイトも兼用ということ。アルミ、ステンレスともにテールの補強になり、オプションのヒートンも取り付けが可能です。
  • (2008-12-05 18:26:06)
Slapphappy
slapphappy-all.jpg

 津波ルアーズの命運がかかっていると言えなくもない、それがこのルアーだ。ようやくカラーパターンのサンプルが出来上がった。十数種類のパターンサンプルの中から迷った挙句に選んだのはこの8色。

 新色は、Tsunami Gillというパターン名でBeat Jack del Plasticoに塗っていたのを少しアレンジしたもの、Wave Headの波部分を大胆に変形したもの、グリッターのレッドサンバースト、ハトリーズのような波風の有機的模様が入ったチャートヘッド(パールホワイトボディー)、そしてMosaicの色違いを含めて、実に5パターン。とても充実していると思うのである。

 控えめに言ってもまあまあそこそこ画期的な、リップが可動して音を出すライブリーは、過去にあったのか、なかったのか、確かなことは言えないけれど、現存していて、そして手に入るのはおそらくこれだけだろう。投げて巻くのが楽しくて、そしてそれだけでよく釣れる。こいつは結構凄いのだ。

sarah_vahghan.jpg

 巻くだけで釣れるルアーのごとく、ちょいと耳にするだけで琴線をぐいぐいと引っ張るようなサラ・ヴォーンの低音というのは、これはいったいなんなんだろうといつも思う。「I Love Brazil !」という文字通りブラジルの曲を歌う後期のサラがまずは好きになったのだけれど、この'54年のWith Clifford Brownのフレッシュ(?!)な彼女も捨て難い。もう半世紀以上も前の録音のなのにやたらと生々しくてみずみずしくてダイナミック。ジャズに疎い俺はこのClifford Brownをあまり知らないけれど、この人も含めた各楽器の出たり引っ込んだりの存在感も見事。

ray_vaughan.jpg

 そう言えば、昼間に同じ名前のギタリスト、スティーヴィー・レイヴォーンを聴いた。20代の頃、俺は彼がとても好きだった。数々あるジミヘンの例えばリトル・ウィングのカバーの中で、彼のもの(インスト)ほど鬼気迫るものはないと思う。「Power Of Soul: A Tribute To Jimi Hendrix」やこの「Sky Is Crying」の中にその快演が収められているのだ。鳴り出すと、思わず神経をそっちにとられてしまう、BGMには不向きな迫力と濃密さだ。

 言わずと知れた、と言うようなそんなオーラを既に放ちつつある、スラップハッピーの詳細は近日中、リリースは年内予定、どうかお楽しみに。
  • (2008-12-04 00:26:29)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275