<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>













★ Sonic Cigar SL ★


★ Lake El Salt 2012 ★


★ Slapphappy Shad ★


★ Niva ★


★ Vickitan ★


★ Slapphappy Beaver ★


★ NEZUMI ★


★ Brand New Items ★









































★ New Release Info. ★
UTAMARO RECORDS
ANTS MOTOKI - ANY TYPES OF FISHBONE ASIAN SONIC ENSEMBLE
Links
Categories
Archives
Tools
top
August
august7.jpg

 「August」のカラーパターンが決まったのだ。迷いに迷ったけど・・・。
  • (2009-02-01 01:22:46)
Live !!!
shangri-la.jpg

 シャンデリアなんかもあって、シャングリラはなかなか雰囲気のいい箱である。俺たちおっさんが出演していても、まあそれほど違和感もない。

 しかし、今日は違った。対バンがどうも若い。学園祭とまでは言わないが、その延長線上と言ってもいいくらい。俺はおそらく上から2番目の年齢で、うちのベーシストが栄えある1位かな。そんなわけで、青臭さにむせかえりそうになる俺でした。彼らは彼らで加齢臭が気になったかもしれないが・・・。

 緞帳が開くと同時に演奏が始まる。数人のお客と目が合って、そして途端にフロアの空気がステージにも流れ込む。あ〜今日は寂しいな、と思う。楽屋の青臭さがフロアにも充満していて欲しかったけれど、さにあらず。ここはそこそこ大きな箱なのでお客が少ないととっても寂しいのです。こんな時、テンションを保つのは割と難しいけれど、それでも楽しむのが俺たちの流儀である。

 来ていただいた少数精鋭の皆さん、本当にありがとう。また来てね。

ASIAN SONIC ENSEMBLE - COFFE CALIENTE NEGRO - EP
  • (2009-01-31 02:36:15)
Emblem
emblem2.jpg

 お〜、こりゃいい!リールに付くエンブレムの最終サンプルだ。担当者からのメールに添付されていた写真が上。とても良い出来で実物の到着が楽しみである。これでまた一歩、オリジナルリールの実現に近づいた。

 さて、たった一度のリハが終わった。しかもリハに不参加者が2人ほど。でもまあ心配ないでしょう。リハは滞りなく終わったし、チームワークもいい。本日はライブなのである。

 Asian Sonic Ensembleは8時過ぎあたりに登場する。どうかお誘い合わせの上、いらっしゃい。
  • (2009-01-30 03:12:06)
Rehearsal
deluxe_reverb.jpg

 「バスと釣人」の広告原稿を上げて、さて、今からリハに向かう。明日はライブである。そのライブに向けて、たった一回のリハーサルが今日なのだ。あ〜忙し。
  • (2009-01-29 14:58:45)
Brazil
brazil.jpg

Gilberto Gil - Brazil Classics 1: Beleza TropicalZeca Pagodinho - Brazil Classics 2: O SambaJackson do Pandeiro - Brazil Classics 3: Forro Etc.

「Red Hot + Latin」というコンピレーションが俺とラテンの間にあるとするならば、写真の3枚は俺とブラジルの間にある。牧歌的だったり、シュールだったり、ポルトガル語を乗せるが故のメロディーだったり・・・とにかくブラジルのユニークさが詰まった、興味深く内容の濃い世界がここにある。

 これらはLuaka Bop、つまりデヴィッド・バーンのレーベルのブラジル・クラシックス・コンピレーションだ。とてもよく出来ていて、よく聴いたしよくパクったもんだ。これらを聴いて以来、Luaka Bopのコンピレーションならばとりあえずは買うようにしている。どれもなかなか素晴らしく、ワールドミュージックへの道としてはお薦め。

 当初はまるで知らないアーティストのオンパレードで、中には未だによくは知らないアーティストもいる。でも実はそれは音楽を聴く上であたりまえのことで、昔はビートルズやクラプトンだって全然見知らぬ世界だった。FMから流されるそのままを安易にチョイスしてしまうより、探究心があるならば、その無名性にものおじせずチャレンジするのがワールドミュージックを聴くこつではある。

 アマゾン川が流れる、憧れの彼の地は音楽的に恐ろしく健全な場所だ。そこは良くも悪くも人種の坩堝であって、それはフォルクローレやラテンやアフロのミクスチャーを生み出した。そういう意味では「独自のセンスで取り入れる」という土壌が既に出来上がっているのかもしれない。だからこそ欧米のファンクやロックやジャズや・・・それらの音楽の影響を受けるにあたっても決して独自性を失わなかった。今なおユニークな音楽性は健在で、そして発展していると言っていい。

 もちろんアマゾンでの釣りも含めて、死ぬまでにせめて何度かは行くべきだと思っている。
  • (2009-01-29 00:26:11)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275