<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>













★ Sonic Cigar SL ★


★ Lake El Salt 2012 ★


★ Slapphappy Shad ★


★ Niva ★


★ Vickitan ★


★ Slapphappy Beaver ★


★ NEZUMI ★


★ Brand New Items ★









































★ New Release Info. ★
UTAMARO RECORDS
ANTS MOTOKI - ANY TYPES OF FISHBONE ASIAN SONIC ENSEMBLE
Links
Categories
Archives
Tools
top
Swing & Cruise
12/09/03/Mon.

120902Biwako2.jpg

 車もようやく直ったことだし、満月ということもあるし、もうそろそろ濁りもとれて魚も活発に動く頃、と勇んで出かけてみるものの、上手くはいかないのが釣りというものだ。

 日曜日ということを差し引いても異様なくらいに公園の駐車場が満杯で、考えてみれば昨日は夏休み最後の日なのだった。お目当ての場所ではないものの、ようよう駐車スペースを見つけてボートを準備して漕ぎ出すと、未だ濁りは完全に抜けてはおらず、過去3度の釣りとあまり変わらない魚の活性が待っていて、またぞろ納得のいかない釣りを繰り返すのである。(ビーバーで何とか1本は釣りましたが)

120902Biwako.jpg

 とは言うものの、釣っている人は釣っているわけで、これをもってスランプと言っていいのかもしれない。下手さ加減と運のなさを呪う今日この頃、「下手の横好き」はいったいいつになれば「好きこそものの上手なれ」へと好転するのでしょうか。

Ella-&-Louis.jpg

Ella & Louis

 ま、しかし、遂に戻って来た愛車との往復2時間のクルーズは、Ella & Louisのご機嫌なスウィングを伴って、まるですいすいと泳ぐようで、これがことのほか気持ち良かったのは救い。

 一方、九州からは胸のすくような釣果が聞こえて来る。ビーバーで50up、ビート・クィーンで60に2cm足らず。俺の技量不足はこうして補っていただける仕組みとなっている。

120901mania.jpg

 脈絡はないが技量不足で思い出した。ヴィキタンについて今更ながら言い忘れていたことがある。

 基本的にヴィキタンはチューニングいらず。わからない人はわからないで全然いいのだけれど、個人的には半ば形骸化したこのチューニングというのが中空フロッグを分かり難くしているという気がしていた。理由もわからずにチューンが必要だと思い込んでいたり、ノーマルでは使えないと思っていたり、つまりはこれが中空フロッグを使うことへの敷居を不必要に高くしているのではと思える節がある。(断っておくけれど、チューニングをすることが悪いというのでは決してない。)

120902-58.jpg

 実は俺自身もいろんな意味でこれが面倒だなあとは思っておりました。これを払拭してくれたのは誰あろう当時ズイールのカシワギさん。

 数年前の八郎潟でのこと、カシワギさんはカスタムフロッグ(ズイールの中空フロッグです)を葦林の中へペタンペタンと打ち付けて次々とバスをキャッチする。見よう見真似で我々も試みる。するとどうでしょう、いとも簡単にバスが湧いて出る。あれはちょっとしたカルチャーショックだった。

 この時、カシワギさんが使っていたのは、何の変哲もないカスタムフロッグ。ほとんどノンチューニングだったと思う。

120529VCTN-Proto51.jpg

 これが俺が中空フロッグを本気で作ろうと思うきっかけで、その結果出来たのがノンチューニングで、プラグ感覚で気負いなく使えるヴィキタンというわけだ。

 と言うわけで、ヴィキタンはお気軽に、そして自由に中空フロッグを楽しんでいただくためにある。箱から出してそのまま使える。(考えてみればこれはあたりまえなのだけれど)それに普段のタックルで普段のように使ってまるで構わない。

 使ううちにPEラインの方がいいとか、少々硬めのロッドが合うとか、素早く動かすのがいいだとか、リリーパッドの上は棒引きがいいだとか、フッキングは遅めの方がいいだとか・・・自分なりにいろいろとそれについてのルール、あるいはマナーを導き出していく、それが釣りと言うもんだ。
  • (2012-09-03 15:18:47)
Cherokee Is Back !
12/09/01/Sat.

1209Cherokee.jpg

 遂に愛車チェロキーが帰って来た。1週間以上のご無沙汰だったので、これが思った以上に嬉しい。久しぶりに乗ったら、心なしか前よりも「走る」気がする。それもそのはず、ここ一ヶ月足らずでダイナモ、バッテリー、ラジエーター、ヘッドガスケットが新しくなったのだから。いやはや手のかかる車である。

Chet-Is-Back!.jpg

Chet Is Back!

 久しぶりの愛車での出勤時になっていた「Chet Is Back !」がことのほか気持ち良く、「Cherokee Is Back !」にもちなんで、これを紹介しようと思っていたら、その後に事務所で鳴り始めたコルトレーンの「Live At The Village Vanguard」に気圧されてしまって、印象がどこかへふっとんだ。

Live-At-The-Village-Vanguard_-The-Master-Takes.jpg

Live at the Village Vanguard

 ムショ帰りのチェットののびのびしたプレーはもちろん、イタリア人ギタリストの好演が俺をフムフムと唸らせる「Chet Is Back !」なのだけれども、コルトレーングループのこのパッションはそれを霧散させる迫力がある。彼らの内にあるはち切れんばかりのエネルギーが否応無しに襲って来る。ま、なにしろ凄いのだ。

 ちなみに「Chet Is Back !」は’61、「Live At The Village Vanguard」は’62、ほぼ同時代の演奏。

MEI1208GR-GY.jpg

 さて、お知らせをいくつか。

 Slapphappy Beaverのバックオーダー分は、次回リリースの3Dペンシルと並行してただ今鋭意製作中。未だちょいちょいお問い合わせいただきますが、予約は既に締め切りましたので悪しからず。

 それからVivo del Plastico当Online Storeでも買えるようになりました。(BBS-MRはSold Out)お店で取り寄せるもよし、通販するもよし。意外と選択肢の少ないトップウォーター系のインジェクション・ペンシルなので、カラーやサウンド違いで数個持っておいて損はないと思ってます。

 未だ好調に売れ続くVickitanはSKLとLF-MGのメーカー在庫がなくなっております。

 それからそれから、ただ今絶賛ご予約受付中のMEIとのWネーム「FLEX PACK」。たくさんご予約いただいておりまして、特にCrazy Patternは売り切れてしまう勢いなのでご予約(各ディーラー当オンラインストアにて)はお早めに。
  • (2012-09-01 19:32:00)
夏の終わり
12/08/31/Fri.

120830BBQ2.jpg

 8月最後の日にビル・エヴァンズ最後のトリオを聴く。そのくらいのロマンは五十前のおっさんにも許されてしかるべきだ。ジャズなんてほとんど聴かなかった俺が、いつの間にかこの人の作品になみなみならぬ思い入れを持つようになった。歳は取りたくないが、それだって悪いことばかりではない。

120829Syuta.jpg

 シュウタのパパからメールが届く。どうやら少年はブログに載ることを待望しているようだ。と言うわけで早めに載せる。

 ただし、だから載せるというばかりではなくて、この写真は「Vickitanって釣れる!」ということを端的に表していて、「どうも上手くいかないんです」などとおっしゃる大人には良いお手本で、そして圧力ともなるかもしれないとも思う。はい、この通り、釣れるんです。

 ちなみにシュウタが釣ったと同じ日、ここ2回の釣行の仇を討つべくバンバと挑んだ琵琶湖には、なかなか手痛いしっぺ返しを喰わされた。45cmくらいのを1本、Slapphappy Beaverでフックアップしましたが、2人でこの1本のみだったのでした。子どもの方がよっぽど納得の出来る釣りをしたということになる。

The-Paris-Concert,-Vol.jpg

Paris Concert 1

 その翌日、ZINHOのBBQに飛び入りする。「男梅」だったかのCMの撮影が行われた滝近くは混雑していたとは言うものの、木陰にテリトリーを構えて、谷を吹き通る涼やかな風に当たりつつ、料理人がセッティングするBBQをいただくのは、これはなかなかいいものだ。

120830BBQ1.jpg

 それに、仕事とはまるでかかわりのない人たちとの野外でのリラックスした食事というのが新鮮で、良いリフレッシュになりました。「たらふく」以上に喰ってしまうと言うデメリットもこの際まあいいでしょう。

 ところで、裸になってひとり泳いでいたZINHOのマメタ氏からも「歳は取りたくないですね」なんていう言葉を聞いて少々驚いたけれども、やつもそう言えばもうそんな歳なのである。隣で「歳は取るもんなんですよ」という、その嫁=フユミちゃんがさらに大人に見えた。

120830Kurara.jpg

 愛犬も久しぶりに一緒に外へ連れ出してみた。他人にはびびって吠えまくる彼女が、確か1度か2度しか会ったことのないZINHO夫婦にまるで吠えなくて、それはいったいどうしたことなのか、匂いを覚えているということなのか、何にしろそれも俺がリラックス出来た要因。この通り、当の彼女はかなり疲れた様子だったけれど。

 それにしても今年も夏が終わるのだ。
  • (2012-08-31 15:30:57)
威勢
12/08/29/Wed.

120823Biwako2.jpg

 夕べは少々の体調不良を無視し、フットサルに興じる。水分をたっぷりとって気持ちの良い汗をかくと、それはデトックスということになるのかもしれない。そのせいか今日は少々爽やかな気分である。

 ところで愛車は未だラジエーターそれからヘッドガスケットの修理中なのである。その前はダイナモとバッテリーを交換したから、これだけ直せばもうしばらくは乗らせていただかないと困る。

 そんなわけで、俺の今の足は相変わらず代車のワゴンRで、バンバのは電気屋(?)仕様のキャリアのついたエブリイで、どちらもボートをカートップ出来ないので、いろいろと考えた挙げ句、結局は手っ取り早く友人の車を借りることにする。これでこれから曇り空の琵琶湖へと赴くのだ。

MEI1208-2.jpg

 MEIとのWネームのバッグ「Flex Pack」をProductsOnline StoreにUP!

 既に思った以上に順調にご予約いただいております。在庫はまだあるとは言うものの、ご予約はお早めに。次はどういう形でやれるかわからないということもあるし。

The-Reality-Of-My-Surroundings.jpg

The Reality Of My Surroundings

 今日は久しぶりにFishboneが鳴っている。90年代初頭だったか、彼らに勢いがあったのは。実は俺は特に彼らに熱狂していたわけではなかったが、そのミクスチャーですっぱりとした音楽性と文字通りの勢いにほだされる(?)形で、失礼ながらつまみ聴きしていたのでありました。

 それでも今聴いても過激で健全でまっとうな若者の音楽であるという気がしてしまう彼らのサウンドだ。「勢い」というのはやっぱりきっぱりとあるもので、このアルバムには例によってシンパシーとジェラシーを感じてしまうほどの彼らの威勢というものが真空パックされて詰まっているのである。
  • (2012-08-29 14:04:51)
イベント
12/08/28/Tue.

120828VivoCasket.jpg

「オリカラヴィーヴォは順調に売れています!
僕も早速釣らせて頂きました。
このペンシルはやっぱり釣れますね!」

とは、オリカラフォトダービーを開催中のCasketのシンタロウからのメール。自分で言うのも何ですが、今回のこのVivoのボーンカラーはなかなかの自信作なのでぜひ。もちろん自信のレギュラーカラーもBBS-MR以外は在庫あります。

Vivo-Casket.jpg

 もうひとつイベント告知。あのサスペンド・コマツが主宰するフリーペーパー「Low Bite」の釣り大会が来月23日、旧吉にて。詳細は下記。うちも協賛してます。

LowBitePoster120923.jpg

 ところで昨日は琵琶湖へリベンジを誓うカミオカと。しかし、現実は非常に厳しく、写真の1本のみ、俺は二連続ぼうずに終わる。

120827kamioka.jpg

 南湖東岸は全体に濁りがきつい模様。どうやらいわゆるターンオーバーと言う現象を起こしているようで、その影響による貧果か。これというバイトもほとんどなかった。例年お盆明けから月末にかけては悪くない記憶があるのだけれど、ま、そういうことだってあるわな。

 未だ愛車は修理中で、車の都合がつけば明日も琵琶湖へ行ってみるつもり。
  • (2012-08-28 19:43:08)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275