<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>













★ Sonic Cigar SL ★


★ Lake El Salt 2012 ★


★ Slapphappy Shad ★


★ Niva ★


★ Vickitan ★


★ Slapphappy Beaver ★


★ NEZUMI ★


★ Brand New Items ★









































★ New Release Info. ★
UTAMARO RECORDS
ANTS MOTOKI - ANY TYPES OF FISHBONE ASIAN SONIC ENSEMBLE
Links
Categories
Archives
Tools
top
Ankle

army.jpg

 捻挫だった。どうりで歩けないはずだ。そう言えば、何だかグキッとやった感触がなくはなかった。それにしても、それは普通に歩いていた時の出来事で、捻挫する状況などではなかったはずだ。あからさまにどこかで踏み外すとか捻るとかがあったなら話しは別だが、あれはホテルに帰ってロビーを歩いていた時のことだった。

 疲れていたにしろ、歩いているだけで捻挫してしまうなんて、あまり言いたくはないけれど、それは寄る年波ということなのだろうか。
  • (2009-02-21 03:00:59)
Burgundy Mist
sonicmaster-bgdy.jpg

 「葡萄酒の霧」直訳するとそうなるかな、「Burgundy Mist」というフェンダーのカスタムカラー(つまりオーダーしないと塗ってくれないカラーなのだそう)をリールに。なんとまあ洒落た名前のカラーではある。

 俺の所有する'65のストラトが(リフィニッシュではあるけれど)そのカラーなので、同じカラーのリールをぜひ作ってみたかったというわけだ。このカラーにもやはり個体差は合って、ピンクに近いのもあるらしい。これはどちらかと言うとパープル寄りのバーガンディー。メタリックであるにもかかわらず結構上品で、そして何とも言えない魅惑的な雰囲気を持つカラーだ。まあ、それはこのカラーのストラトが好きだから(メインで使う'73のナチュラルよりもこっちのカラーが好きなほど)そう思うのかもしれないけれど。実際、未だにこのストラトを眺めていると何だか不思議に魅き込まれてしまう。(実はナチュラルウッドのリールもチャレンジしてはみたが、さすがに難しく、これは断念。)

 俺のはピックガードがホワイトなのだけれど、リールには小粋なパールホワイトのを合わせてみた。これはこれでなかなかいい。リールにはこっちの方が合うかな。キャスコン・ノブは実際には「Volume」ではなくて、何の意図もないけれど、このカラーだけは「Tone」にするつもり。
  • (2009-02-20 02:03:57)
Return
snow.jpg

 朝起きると御覧の通りの雪景色。ちょっと驚いて、早速写真を撮った。この雪にも関わらず、飛行機は正常に飛ぶどころか、少し早めに関空に到着。おかげでディカプリオとラッセル・クロウの映画が途中までしか見れなくて気分が少し消化不良ではあるけれど、とにかく無事帰国である。

cycle.jpg

 足の痛みは良くならず空港で歩くのに苦労した。しかも相当疲れた模様。明日は休むと決めた。
  • (2009-02-19 01:36:38)
Beijing & China Fish
shoron.jpg

 「中傷するのは簡単だ」中国の工場を動かして中国製品を輸出、あるいはOEMする、とある会社の社長がそう言った。もちろんこれは中国製品を十把一絡げに非難することを指して言った言葉である。

 コピーや粗悪品を擁護するということでは決してない。消費者にしろ、生産者にしろ、これだけ頼っておいて(今や中国製でないものを探す方が骨が折れる)無下に否定するのは果たしてどうだろう。ましてや中国製を日本製と偽るなんて。

view1.jpg

 要はプロダクトも含めてどうデザインしていくかということだ。例えば俺たちには馴染みのあるパタゴニアなんてほんとうに潔い。中国工場を上手に使って、その上でブランドイメージを維持する、と言うよりはどんどん価値を付加する。

 「中傷するのは簡単だ」同感である。この言葉に感動さえ覚えた俺だった。

tyo-aka.jpg

 ところで「China Fish」にはやはり可能性があった。

 このショーは中国国内向けではなく、海外に向けてのもの。つまり中国外から業者が買い付けにやって来る。

 足を止めてプロモーションのDVDを見る人たちは思っていたより多い。商社の担当者に、そして俺と明石に質問を投げかける人たちがいる。台湾や香港やマレーシアや・・・決して多くはないのだけれど、ぽつりぽつりといろんなお客さんが興味を示す。遠いところでは南アフリカのお客さんがサンプルが欲しいと言って来た。

ningyo.jpg

 今すぐにビジネスになるとは言えないかもしれない。2倍、3倍、それ以上の値段のルアーには抵抗もある。疑心暗鬼もあるし不安もある。でも、やっぱり、ここから何かが始まるのだ。


tyo-moto.jpg

 今日半日は北京市街を散策。上の写真右側の通訳の張ちゃんに案内してもらった。おかげで半日にしてはとても充実した内容で大満足。

 それにしても、情けないかな、夕べあたりから足の具合が良くない。特に左足の裏あたりが歩けないくらい痛む。困ったもんだ。今日は朝から特に寒いのも原因かな。今晩は雪が積もるかもしれない。

 明日、帰国。
  • (2009-02-18 01:46:47)
China Fish
china1.jpg

 どういうわけかコールタールの臭いのする、白タクに乗せられてホテルへ帰る。取引先の商社とその中国の知人たちと、そして工場のオーナーと夕食を共に、というか奢ってもらって、その上にホテルまで普通のタクシーならば50元のところを、30元にディスカウント交渉までしてもらったのだ。

china2.jpg

 海外に出ると、自分の矮小さを確認する。有象無象(俺たちも含めて)が群雄割拠すると言うと矛盾はあるが、「China Fish」はまさにそういう場所だ。うごめく人たちの吐息や鼻息に、くらくらと自分を見失いそうになる。

 それにしても今晩の飯は旨かった。会場の目と鼻の先のショッピング・ビルの中に「いい店がある」と言うので、てっきり適当に選んだ店だと踏んでいたらさにあらず、これがいける。今日のホストは広東の人たちだったが、去年あちらで口にした美味しい料理を彷彿とさせた。広東の人たちは口が肥えているのか。
  • (2009-02-17 01:27:54)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275