<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>













★ Sonic Cigar SL ★


★ Lake El Salt 2012 ★


★ Slapphappy Shad ★


★ Niva ★


★ Vickitan ★


★ Slapphappy Beaver ★


★ NEZUMI ★


★ Brand New Items ★









































★ New Release Info. ★
UTAMARO RECORDS
ANTS MOTOKI - ANY TYPES OF FISHBONE ASIAN SONIC ENSEMBLE
Links
Categories
Archives
Tools
top
Phil Spector & Fishing Safari
safari2009.jpg

 あのウォール・オブ・サウンドのフィル・スペクター(「Let It Be」は彼の代表プロデュース作)が有罪判決を受けたという記事がスポーツ新聞の片隅にぽつりと載っていた。俺たちにとっては芸能面にあるいはスポーツ紙の一面に大々的に取り上げられてもおかしくない事件ではある。なんだか時代の終焉を象徴するような気がしたのだった。

 ところで、人生の半分をおそらく越えてしまった俺なんかは、指の動きだとかが多少たどたどしく鈍くなっていたりする。例えば、ハワイのありがとうや挨拶のサインが急には出来なかったり・・・。親指と小指を立てるシャカというフィンガージェスチャーがこれ。レンタカーを運転していた時、道を譲ってくれたお礼にこれをやろうとして、俺は人差し指と小指を立ててしまった。これじゃスタン・ハンセンの「ウィー!」である。(知らない人はほっておいて)

let_it_be.jpg

 ハワイのピーコックバス・フィッシング・ガイドの千野ちゃんにいたっては「F◯ck you !」と指を立てられたお返しに、同じく慣れない中指立てのフィンガージェスチャーをしようとして、間違ってこのシャカのフィンガージェスチャーをしてしまったことがあるそうだ。実にピースフルである。彼らしい。若くは見えるが彼も四十過ぎなのだった。

 さて、「Fishing Safari 2008 in Irumote」のトレイラーが出来ました。(こちらへどうぞ)遂にリリース間近だ。来月初旬にもリリース出来そう。詳細は近々。

 一昔前の(と言っても10年も経ってないけれど)プロ用ビデオカメラを自前で持っていて、これにはフィルムで撮ったような雰囲気の出るアナログっぽいモードが装備されている。これが俺のお気に入りでした。(ただしこれはオートフォーカスではなく、マニュアルなのでプロの手を借りなくては撮影出来ないのだけれど。)しかし、こういうデジタルの世界は器機の変遷が激しく、今ではこのカメラはMAKIE TV コッスンの予備と化していて、おそらく、これが最後の撮影になってしまうと思われる。残念ですが。

 そういう細かい部分までは誰も評価してくれないとは思うけれど、ま、暇な人は他と比べてみてちょうだい。

delaney_and_bonnie.jpg

Delaney & Bonnie - Delaney & Bonnie & Friends On Tour With Eric Clapton (Live)

 フィル・スペクターの人脈とは全然無関係とも言えないデラニー&ボニーである。実はフィル・スペクターを検索していると彼らのことがひっかかった。スワンプロックを語る上ではかかせないのが彼らなのだ、と言うようなことがどこにも書かれている。それは間違いないと、俺だって思う。

 彼らのレコーディングやコンサートに同行する、エリック・クラプトンを始めとするミュージシャンは、デイブ・メイスン、レオン・ラッセル、マーク・ベノ、リタ・クーリッジ、ドナルド・ダック・ダン、スティーヴ・クロッパー、ブッカー・T・ジョーンズ、カール・レイドル、ボビー・ホイットロック、ジム・ケルトナー、ドクター・ジョン・・・と今からすると恐ろしく豪華である。彼らのユニットは確かにエリック・クラプトンの「デレク & ドミノス」前夜であったのだけれど、彼らのサウンドはそれはそれで素晴らしく、意義のあるものだった。彼らの音楽に傾倒して行ったのはクラプトンの方だったのだから「エリック・クラプトンとデラニー&ボニー」として語られ過ぎる嫌いはあるのです。

 とは言え、もちろん共演するミュージシャンらの演奏も含めて聴きごたえはあって、アナログ盤は持っていても、CDを買い直してしまう俺なのである。
  • (2009-04-19 13:08:05)
Talent
lenine.jpg

 ジャケットは気に入ったものの「なんじゃこりゃ?!」が正直な感想だった。一見単調で不思議な楽曲、力の抜けたボーカル、人を食ったようなサウンド・・・それでもそのロックの臭いに気付いて、そして彼の持つ独特の言語にやがて魅かれてしまうことになる。レニーニは、音楽の坩堝ブラジルの中にあってもとびきりユニークな存在であると思う。もちろん彼は俺にとって未だに注目の人である。

 TVはそれほど見る方ではないけれど、深夜に時々見かける、カラオケのスカウト番組「歌スタ」とか、あの「あらびき団」とか、ダ・パンプと鈴木紗里奈の「スーパーチャンプルー」とかいうダンス番組とか、そういうのが割と好きでついつい見てしまう。別段共通点なんてないものの、ああいうのを見ているといったい才能って何だろうとは思うのだ。例えば使われる音楽に関して言うと、あらびき団を除いては嫌いに近い音楽だったりするのに、どういうわけか見てしまうのはひとつにはそういうひっかかりが原因なのでしょうか。

 「時として人は恋するように音楽を聴く」というようなことを村上春樹の本で読んだ。魅かれてしまうというのはごくごく個人的な心の持ちようである。それが個対個であれば、まるで恋のようなものだとも言えるのだ。認められるということはそういうのの集積であって、それは周到な扇動の上に成り立つものであったり、あるいは稀には奇跡の産物であるのだと思う。はてさて、才能ってなんなのだ?

 そんなことを考えつつ夜は更ける。

 さて、「BUMBINHO」は明日出荷だ。
  • (2009-04-17 02:52:03)
Listen & Play
bumbinho-all4.jpg

 もやもやと心が霞がかってしまっているのは、ハワイから帰って来てしまったせいか、それに桜が散ってしまっていたせいか、あるいは暖かいはずのハワイとまだ花冷えしてもおかしくない日本の気温に大して差がないせいか、それとも時差ぼけか、とにかくすっきり爽やかとはいかないのである。とは言え、ふわふわとしていて決して悪い気分ではない。矛盾してしまいそうだけれど。

 音楽を聴くように釣りがしたい。(上手ではないにしても)演奏するようにタックルを操る。そして耳を澄ます。ハワイで釣りをして、そしてメキシコのDVDのラフを見て、上がって来た「Fishing Safari 2008 in Irumote」のジャケットと盤面のサンプルを見ていたら、釣りに対してごくごく個人的にはそう感じ始めている俺なのだ。もやもやとふわふわと。

sonicmaster2.jpg

 さて、そんな春、そろそろ明後日あたりに出荷してしまうのが「BUMBINHO(ブンビーニョ)」である。「August(オーガスト)」がシャッフルならば、「BUMBINHO」はワルツかな。切れがいいと言うわけではないけれど、スイーッとリズム良く滑る。釣れなくとも気持ちいい、だからこそ釣れるともっと気持ちいい。Comfort & Easyな「BUMBINHO」をどうかよろしく。

 ちなみに「Sonicmaster」は来週出荷予定です。

robert_plant.jpg

Robert Plant & Alison Krauss - Raising Sand

 まるで知らなかったけれど、グラミー賞を受賞したのだそうだ。ロバート・プラントとアリソン・クラウスをTボーン・バーネットがプロデュースしている。さらにギターにはマーク・リボが参加。つい最近購入した。どうして買ったのかは覚えていない。

 どうやら、とてもナチュラルでアンビエントな雰囲気が今の気分にマッチするようだ。空気をゆったりと変える。そうして心持ちを穏やかにする。
  • (2009-04-16 01:15:26)
Last Day
dog.jpg

 ハワイ遠征最終日の模様をUP !
  • (2009-04-12 18:50:58)
HAWAII 2009 Days 6

lifeguard.jpg

 「Trip to Fishing」をUP!
  • (2009-04-11 17:28:25)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275