<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>













★ Sonic Cigar SL ★


★ Lake El Salt 2012 ★


★ Slapphappy Shad ★


★ Niva ★


★ Vickitan ★


★ Slapphappy Beaver ★


★ NEZUMI ★


★ Brand New Items ★









































★ New Release Info. ★
UTAMARO RECORDS
ANTS MOTOKI - ANY TYPES OF FISHBONE ASIAN SONIC ENSEMBLE
Links
Categories
Archives
Tools
top
Fishing Safari 2008 & EMBLEM PINS
09/05/07/Thu.

safari2009.jpg

 お待たせ!「Fishing Safari 2008 in Irumote」そして「EMBLEM PINS」の予約開始!来週15日前後のリリース予定。取扱店では予約を受け付ける場合とそうでない場合があるので、HP参照、またはお問い合わせを。

 それから当webストアでも予約受け付けます。ただし、まだUPが完了してないので、お急ぎの方はメールでどうぞ。

pins.jpg

 しつこいようですが、どちらも力作です。

think_of_one_chuva.jpg

 さて、今日の一枚はThink Of Oneの「Chuva Em Pô」。仕事中にランダムプレイしていたら、このバンドの曲が・・・今日はスルド(パーカッション/ブラジル産大太鼓/うちのバンドでも使用)の響きが妙に心地よかったのだった。そこで一枚通して鳴らしてみた。

 彼らはベルギーのバンドである。この国は「文化の交差点」と言われているとかいないとか。確かにアントワープの王立芸術アカデミーなんかはトップ・ファッションデザイナーを排出していることで有名だな。彼らの音楽もそんなスマートかつパンキッシュな臭いがぷんぷんする、確信犯的ミクスチャーである。だからして、ベルギーなのにスルドなのだ。

 彼らは今最も妬ましいと思うバンドのひとつである。例えばスカパラなんかも妬ましいし、かっこいいとは思うけれど、俺は何だかずるいと感じる。それに全部とは言わないが、ある種予測がついてしまう。だからあまり聴こうとは思わない。ところがThink Of Oneは予測出来ない驚きが時にあってとてもおもしろい。だから聴きたいと思うのだ。かなりひねくれているとは思うけど。
  • (2009-05-07 02:45:40)
Release Rush
09/05/05/Tue.

boat_cushion2.jpg

 連休明けはリリースラッシュ!

 まずはwebストア限定のボートクッション、それからレギュラーのボートクッション。これらは去年のモデルよりも厚みを2cm薄く、一般的なボートのシートに合わせて縦長を10cm短くしております。これにより軽量化を実現。しかも座り心地はそれほど変わらず。

dos_cactus.jpg

 それからオリジナル・フック「Dos Cactus」。既に「August」と「Bumbinho」には付いていて、実は各方面より既に好評価を獲得。マスタッドに比べて少し軸が太くて丈夫。何よりこれは化学研磨が施されているので針先が鋭い。サイズは#1、#0/1、#0/2、それぞれ7本入りと50本入りがあり。

pins.jpg

 それから、それから「エンブレム・ピンズ」。好評のオリジナル・リール「Sonicmatsr」のエンブレムをピンバッジにしてみた。これ、とても気に入っている。詳細はこちら

safari2009.jpg

 そして、そして、「Fishing Safari 2008 in Irumote」、構想・・・いったい何年かわからず、製作一年、遂にリリースなのである。「Fishing Safari」二作目にして名作の呼び声高し。

 「日本最後の秘境」と言われる西表の川において、トップウォーターの釣りを紹介した映像はおそらく世界初だと思う。トップウォーターという遊びの可能性を示す、そして楽しみの幅を広げるという意味でも、意義は深いと思う。

 ぜひぜひ御覧あれ。

 それぞれリリース日等の詳細は近日中。
  • (2009-05-05 13:19:47)
Post Card & Rock Star
09/05/04/Mon.

accordion-boy.jpg

 引越について書いてみて、そして考えた。「家が片付かないと、仕事が出来ない」??いつの間にか「ままごと」が「仕事」と言えるようになったんだと。つい最近まではベッドの隣でルアーを塗っていたのにね。

 そもそも家と仕事場の区別なんてなかったし、遊びと仕事の区別もない。いつまでが仕事でいつからプライベートなのかはっきりしない。いったい音楽やデザインは仕事なのか?

 そんなわけで、俺の場合、家だろうが仕事場だろうが環境を整えることは重要だ。もちろん、今では「ベッドの隣でルアーを塗っていた」あの頃とは比べ物にならないくらいグレードアップしたのかもしれないが、それにしてもいつもそれはそれなりに工夫していたものである。

 家にポストカードを入れたフレームを飾ろうとして、それがいつのかわからないくらい前のものであることに気づいて、しばし眺めてしまうのでありました。ポストカード・・・やっぱり作ってみたいね。

teotihuacan-w-paint.jpg

 ところでまたひとりのロッカーが逝った。昼間のワイドショーで「雨上がりの夜空に」が流れるなんて、当時の誰が想像しただろう。

 ほんとうのことを言うアーティストとして中島らもも一目置いていて、俺が彼のバンドでギターを弾いている時に、ゲストをお願いしたことがある。スケジュールの都合で実現しなかったが、それが今も残念だ。俺がかかわった中島らもの追悼ライブにはビデオレターもいただいた。あれは感動的でした。

 高校の文化祭、初めてのステージで演奏したのが「トランジスタラジオ」だった。それ以来、無視しようとも無視出来ないくらいに、俺たちの上で輝き続けて来た人だ。久しぶりに聴いてみようかなと思う。
  • (2009-05-04 14:02:24)
続・引越
09/05/04/Mon.

mexico-city-view3.jpg

 引越はわりに辛いのだ。

 ようやくモノは移動し終えて、そして懸案の前の部屋の引渡も無事(引き続き気分は害されたものの)終了。一段落というところではある。

 しかし、片付けは未だ終わりを見ない。俺の場合は、毎回そうなのだけれど、とにかく家が片付かないと仕事が出来ない質である。

 今日も今日とて、ハンガーを新調して服をクローゼットにかけてみる。かけたハンガーの下の服の収まりがどうにも悪くて、ひとしきり考える。そうなると、すぐにでも入れ物を調達したくてしょうがない。TVの位置をあっちからこっちへ移動する。ケーブルTVに電話して呼びつける。時計の位置を・・・布団の収め場所を・・・そりゃもうたいへんなのだ。

 きりがないので、とりあえず明日は事務所に出向くつもりだ。
  • (2009-05-04 02:07:21)
パスタ
09/05/03/Sun.

wagen.jpg

 ジョリーパスタで「明太子と刻みワサビ」のパスタを食うのなら、いちおう気をつけてみた方が良い。「それ気ぃつけた方がいいですよ」というバンバ(JAY)の注意もそこそこに、その刻みワサビらしきものとパスタを一緒に口に入れたとたん、生まれてこの方味わったことのないような勢いでむせ返ってしまったのである。バンバ曰く「相当情けなかった」そうである。

 テーブル中に飛び散るパスタとその具がその激しさを物語る。息苦しさと涙とこみ上げる笑いで死ぬかと思った。バンバと言えど、他人の忠告には耳を貸すもんである。やつもかつて同じメニューで同じことをやったらしい。

 しかし、混ぜるとどうってことないのだから、店員も注意を促せばいいのに。少なく見積もって、おそらくこれを食った10人に3人は程度の差こそあれ、同じことをやっているはず。それにしても不思議な食い物である。

tinariwen.jpg

 ティナリウェンはその音楽性を「砂漠のブルース」と称される。文字通りサハラ砂漠発の、エレキギターを核に泥臭いサウンドを聴かせるグループだ。確か前にも紹介したことがあると思う。

 ブルースと言えばブルースなのかもしれないが、それは象徴的な意味合いで、アメリカにおけるそれとはかなり趣は違っている。いわゆるブルースを期待するとえらい目に合うでしょう。

 砂漠をキャラバンする者の悲哀をエスニックなメロディーに乗せて歌うと言うような、あくまでイメージですが、そういう雰囲気。ナチュラルにオーバードライブしたエレキギター4本(!)が重要な要素であるあたりが、単なるエスノ・ミュージックとの違い。また女性コーラスを含むコール&レスポンスもそのユニークさの一翼を担う。 
  • (2009-05-03 03:41:54)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275