<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>













★ Sonic Cigar SL ★


★ Lake El Salt 2012 ★


★ Slapphappy Shad ★


★ Niva ★


★ Vickitan ★


★ Slapphappy Beaver ★


★ NEZUMI ★


★ Brand New Items ★









































★ New Release Info. ★
UTAMARO RECORDS
ANTS MOTOKI - ANY TYPES OF FISHBONE ASIAN SONIC ENSEMBLE
Links
Categories
Archives
Tools
top
Natural Distortion
09/06/15/Mon.

090609.jpg

 ナチュラル・ディストーションのオオハタ君が琵琶湖釣行を丁寧に書いてくれた。「Slapphappy Prop & Flap」についてもインプレッションを書いていただいてる。興味のある方はこちらをどうぞ。

 その「Slapphappy Prop & Flap」と「2009 S&S Tee」は今週木曜の出荷予定、ということで店頭には早くて金曜日というところ。「Slapphappy Prop & Flap」は「Slapphappy」ともども今夏爆釣間違いなし!Tシャツは当オンラインショップにも少々在庫有り。どうかよろしく。

 それから「Original Boat Bag」についてはnobiteのなべちゃんブログ、それからCasketの真太朗ブログにインプレッションがある。参考にいかがでしょうか。

 さて、「バスと釣人」と言う雑誌に先月からCDレビューを連載しているのはお気づきか。短い文章だけれど久しぶりの連載なのだ。CDレヴューとは言え、最近のCDを紹介するなんてものではもちろんなく、メジャーからマイナーまで、私のお気に入りのCDアルバムについてごくごく主観的に書いてみるという普通の雑誌ではあり得ない企画。どうか見てみてちょうだい。

 「バスと釣人」と言えば、今月号には「Fishing Safari 2008 in Irumote」を紹介していただいている。実はこれがなかなか、意外と言っては失礼だけれど、妙味のある文章なのだ。俺が解説するよりよっぽど的を得ていて魅力的に映る。ま、これもインディペンデントな雑誌以外では味わえないインディペンデントな映像のレヴューである。

 重なる時は重なるもので、実は「トップ堂」にも次号から久々に連載が復活する。今回は写真も交えたエッセイになる予定。どうかお楽しみに。


  • (2009-06-15 00:39:15)
うどん
09/06/14/Sun.

udon.jpg

 特に好きでもなかったうどんを美味しいと思うようになったのは、かれこれ二十数年前、田舎の徳島から大阪に出て来た頃である。あまりに大阪のうどんが不味くて「あ〜讃岐うどんって実は美味かったんだ」と思ったのがきっかけ。

 ほんとのことを言うと、未だにそれほどうどんが好きというわけではない。俺には讃岐のうどんのレベルが基本であるというだけだ。それでも、田舎に帰るとちょいちょい讃岐にうどんを食いに出かける。今日行ったところなんて、神戸ナンバーや大阪ナンバーの車で広い駐車場はいっぱいだった。たまに食うとやっぱり美味いことは美味い。しかしだ、讃岐の人たちには悪いけれど、遠路はるばるわざわざ来るほどに美味いのかな?といつも思う。何か別の目的があって、そのついでにうどんを食うならまだしも・・・今じゃ関西にもそこそこ美味しい讃岐うどんはあるのだし。

 ちなみに二十数年前、大阪は水道水もやたら不味いと思ったもんだ。飲めたもんじゃない。それで田舎の水道水は美味いと気づいたのだった。クラブを終えてがぶ飲みする水道水の美味かったこと。山奥から街の高校に通学していた俺の友だちは、その水さえ不味いと良く言っていた。その頃は「まさか?!」と思っていたのに、大阪の水を飲んで一瞬で理解出来た。山奥の水はもっと美味いのだ。

 そんなことを思いつつ、うちのオヤジのすっかり薄くなった頭を眺めつつ、15分ほど列に並び、しょうゆうどんなるものとかき揚げを食ったのだった。

 今日は投稿が結構ありました。
  • (2009-06-14 01:53:03)
CHEROKEE
09/06/12/Fri.

cherokee.jpg

 戻って来た愛車チェロキーがまたまた止まった。高速道路を神戸まで走り、角を曲がってアクセルを戻した瞬間、嫌な感触があった。まさかと思ったけれど、そのまさか。水温計はほぼ正常だっただけに原因が不明。遂に寿命か。

 とりあえず車を借りて予定通り徳島の実家まで帰っては来たものの、来週の高知遠征、それから山口遠征に黄信号だ。さてどうするかな。もう大丈夫と思っていただけに、こりゃほとほと困った。

 ところで借りた車はプリウスである。チェロキーとは対極の性格でそして最新。まず鍵はいわゆる鍵ではなく、どちらかというと小さなリモコンである。エンジンはボタンでかかる。セルがギュルギュルギュルンっと回って、エンジンがブロブロブロンっと大きな音でかかっていますと教えてくれる愛車とは違って、不安になるくらいほとんど無音である。動き出すまでエンジンがオンになっているなんて信用出来ない。ギアの入れ方だって教えてもらわないとわからない。パネルにはいろんな情報が集中している。今現在の燃費だってわかる。その他いろいろ、車内は不思議で親切なハイテクが満載で新鮮だ。

 一番驚いたのは良く走ること。世間一般では常識かもしれないが、なかなかこうした車に乗ることがない俺には、ハイブリッドがこれほどすいすい走るとは思いもよらなかった。中古のチェロキーなんて当たり前だが目じゃない。最新の車って凄いのだ。

 ただし、俺には向いていないかな、やっぱり。はてさて、どうしたものか。
  • (2009-06-12 22:16:15)
Stealth Angler
09/06/12/Fri.

stealtholive.jpg

 突然ではあるけれどカヤックに乗ってみることにした。決めたのはエモーションのステルス・アングラー。以前から気にはなっていたのだけれど、我が摂津ビルヂングの同居人ブライトリバーで扱うことになって一気に身近になったのだ。そうなると話しは早い。到着が楽しみだ。

 淀川、それから琵琶湖他で試してみようと思っている。カヤックに乗ること自体、何の不安もないのだけれど、寂しがりの俺としてはひとりで釣行すると言うことが唯一不安と言えば不安。ひとりで釣行するなんて、神崎川や淀川でのおかっぱりテスト以外、どれだけ久しぶりだろう。以前はフローターやウェーディングで思い立ったら出かけたもんだが・・・。

 そんなこんなで、乗ってみて、そして釣りをするにあたって、新鮮であることは間違いのないところ。釣りはどんな風に変わるのか?どうアジャストすべきなのか?果たして本当に釣れ易いのか?

 もうひとつの目的は運動不足解消。釣りが出来て、その上運動になるのなら、これは願ってもないことではある。フローターではちょっと辛い年頃なのでカヤックなら・・・。

 ボートの釣りが基本にあることは今後も変わりない。それにしても、おもしろい道具を手に入れたと思っている。

safari2009.jpg

 さて、「おもしろい」もしくは「おもしろくない」「退屈」・・・賛否両論のDVD「Fishing Safari 2008 in Irumote」はもう見ていただけただろうか。

 今日も「おもしろくない」との意見を間接的(あまり直接言われる種類の評価ではないけれど)に、そして直接「そうかな〜俺はおもしろいと思うけど」という両方の意見をいただいた。明石(アカシブランド)の意見は「おもしろいと思うけど、持って行くところは釣具屋やなくてもええんとちゃう?」だ。俺としてはこの上ない褒め言葉と受け取りたい。まさにそういう脱釣りビデオが俺とカメラ&編集のこっすんの狙いだからだ。

 そうすると「おもしろくない」もポジティブに受け取れば、釣りビデオとして見るべきものがない、つまり釣りビデオではなくて違うものであるとも考えられて・・・というのは飛躍し過ぎか。

 なんにしろ、他でディストリビュートされる津波ルアーズの映像はまだしも、うちから発信するオリジナル・インディーDVDとしては、こういうスタンスを崩すつもりはあくまでない。「おもしろくない」結構である。まずは話題に上る、それでありがたい。

 俺とこっすんは本気で傑作だと思っている。ま、多くの人に見られて評価を受けて、初めて傑作になるのだけれど・・・。

 そう言えば、アピスから発売の「Mexico Tour」のリリースが間近である。これはこれでアピス的やり方とアカシブランド的やり方、それから津波ルアーズ的やり方のミックス。アピスにも新鮮、そしてアカシやうちにも新鮮な映像だと思う。ジャケットや音楽にはわがままを言わせていただいたし、例えばテロップにも注文を付けた。細かなマナーではアピスに合わせた部分も多々ある。そんな見方をしても楽しめるかもしれない。
  • (2009-06-12 01:29:34)
Lake Biwa
09/06/11/Thu.

12lb.jpg

 ブログの更新さえ忘れてた。ちょいと疲れたのだ。今日なんて結構な雨が降りしきる中だったので倍ほど疲れた。関東からの客人・ナチュラルディストーションのオオハタ君を案内して2日間琵琶湖に挑むも、まさに「逃がした魚はデカかった」という結果に終わったのだった。

 バイト散発の中、特に今日の日暮れ間近、オオハタ君が連チャンでバラした2本はそれぞれ50up、55upはあった。ルアーは「Slapphappy Prop」、いちおうそのポテンシャルは体感していただいたかな。結果論だけれど、あれが2日間の山でした。

 しかし、俺と言えば、これまたダメなのだった。ま、ええか、今回はガイドだし。

 ところで「マイティー・アロウジーニョ・デル・プラスティコ」の最新サンプルが一昨日来た。今回の釣行はもちろんそのテストでもある。型の修正代を払ってまでシェイプを変更したかいがあったと言っておきましょう。
  • (2009-06-11 02:51:11)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275