<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>













★ Sonic Cigar SL ★


★ Lake El Salt 2012 ★


★ Slapphappy Shad ★


★ Niva ★


★ Vickitan ★


★ Slapphappy Beaver ★


★ NEZUMI ★


★ Brand New Items ★









































★ New Release Info. ★
UTAMARO RECORDS
ANTS MOTOKI - ANY TYPES OF FISHBONE ASIAN SONIC ENSEMBLE
Links
Categories
Archives
Tools
top
Mexico Tour 2009
09/07/11/Sat.

 DVD「Mexico Tour」の注文がジワジワと入る。今回は明石、俺、ともにデカいのが良く釣れているので、最近釣れてない人はぜひとも見て、そして妄想を膨らませて欲しい。

gonzo_project-m.jpg

Gonzo Project - Gonzo Project

 映像はもちろん、わがバンドAsian Sonic Ensembleのドラマー岸がプロデュースした音楽にもご注目いただきたい。(彼は当Utamaro Recordsから上の「Gonzo Project」もリリースしております。ぜひ聴いてみて。俺の曲も入ってます)これがなかなか素晴らしい。俺はとても気に入っております。

tres_cactus.jpg

 少し遅れているけれど、大好評の「Dos Cactus」(ロベルソン宇田氏も愛用。50本入りは欠品中。入荷はかなり先になります)に続き、「Tres Cactus」(30本入り)が間もなく発売!詳しくはこちら。あとちょっとだけお待ちを。

calculator.jpg

 さて、ここ数日、ブログ上に妙にアナログチックで意味のない写真が増えたな、とお気づきのあなた、鋭い。新しいおもちゃを手に入れたのだ。文字通りトイデジ(デジタル・トイ・カメラ?トイ・デジタル・カメラ?)である。

 先日のカヤック試乗会に、VISルアーズのヤマガミ君が自分のを持って来て見せてくれた。トイカメラにはアナログしかないと思っていたのだけれど、今やデジカメにも安価なトイがあって、しかもトイカメラに肉薄するチープな写りなのだ。

 前々からトイカメラには興味はあったが、フィルムを扱うのが無精な俺には面倒に思えて手を出せずにいた。トイデジがあると聞いてはだまっていられない。早速買ってみたというわけ。

 機能が制限されていて一筋縄ではいかない、というのが印象だけれど、デジタル一眼レフにはない面白味がある。楽しい。

 ところでヤマガミ氏とは何か一緒にやれる気がしていて、彼も割と乗り気ではある。釣り、グラフィック、写真、エッセイ・・・本のようなものが作れたらな〜と話した。いつになるかわからないけれど・・・。
  • (2009-07-12 00:05:10)
Ambient 1: Music for Airports
09/07/10/Fri.

Brian-Eno-Ambient-1-Music-For-Airports.jpg
Brian Eno - Ambient 1: Music for Airports

 何だか余裕がない。携帯電話依存症にも似て、神経症的にMacに向かうことがあったり、常に仕事の何かが頭にひっかかっていたり、実は義務ではない義務に駆られていたり。巷にはびこる不景気のバイオリズムはこれほどまでに神経を蝕むのでしょうか?これはほんとに困りものだ。

 そんなこんなで、最近はブログの文章もおもしろくないのでは、とか懸念してみる。例えば商品解説に終始するのはまるで俺らしくはない。でも、それも大事だ。そんな葛藤がマイナスか・・・。

flower2.jpg

 例えば60upが2本も釣れたことはそういう内省にこもる精神を払拭する起爆剤となるかもしれない。たかが釣り?そう、俺の憂鬱なんてそのくらいのことで払拭できるようなことなのだ。

kurara6.jpg

 釣りの時にふとキャストの手を止めて眺める夕陽、それから突然の流れ星、就寝時に窓を開けると聞こえるカエルの声、家に帰るとこれでもかと興奮して喜ぶ愛犬、それから音楽、そして旅(!)・・・。

 さて、ブライアン・イーノの「Ambient 1: Music for Airports」は裏側にそれこそ狡猾な神経症的意図があるような気がして素直に聴けない類の音楽でもある。それでも時々は聴いてみる。今日もiTunesのアルバム・カバーが目に止まったので聴いてみる。

 なるべく心を平静に素直に保って聴く。万が一その狡猾な神経症的意図があるにしても、アンビエントとして非常に優れた音楽には違いない。これが'78年に作られたのかと思うとブライアン・イーノの才能に驚嘆する意外にない。

django.jpg

 まさに就寝時のカエルの合唱、耳元でささやくそよ風、谷川のせせらぎ、あるいは青い青い空、エメラルドの海・・・そんな環境に身を浸すことと同様に、人工的な空間における人為的な音楽によって、その心地よさ、あるいは必然の欲求に肉薄する試みである。

 意識しなければ意識下に働きかけ、意識すれば一瞬のトリップを呼び起こす。一度聴いてしまうと、時々は欲してしまう薬のようなものだ。

 ブライアン・イーノという人はつくづく不思議だ。

uda-akashi.jpg

 ところで最近はお客さんが多い。nobiteナベにつづいて昨日の客はロベルソン宇田氏とアカシブランド・明石、それから変わったところでは大久保君。

nabe.jpg

 大物釣師でお馴染みの大久保氏はどうやらうちのBeat Jack del Plasticoを使っていただいているらしい。これはちょっぴり嬉しかった。

okubo.jpg
  • (2009-07-10 14:18:40)
Tune
09/07/09/Thu.

flower.jpg

 昨日は重役会議。みーさん(中島らも夫人)、サナエ(新人作家)、俺、そして税理士アチャコが集合した。何とも妙なメンツではありますが、これがうちの重役会議なのだ。

 その後、淀川でSlapphappyシリーズ、Django(ジャンゴ)、そして次期発売のペンシルのアクションを撮影。YouTubeにUPするつもりなので乞うご期待!


pyrex.jpg

 今日も今日とて淀川へ。どうしても気になるのでテスト。

 それとは別にSlapphappyのチューンを試してみた。先日少し書いた、フラップとプロップを両方とも贅沢に付けてしまうチューン。てっきり重過ぎると思っていたけれど、これは予想外、使える。サウンドもいい。Slapphappyにはアユースという木材を使っておりまして、これが軽くて浮力があるのが功を奏しているのだろう。発案者のTモリ君、失礼しました。

 それからもうひとつ、エディー・プロップの代わりにアロウジーニョ・プロップを付けるのもあり。これは当初エディー・プロップとアロウジーニョ・プロップのどちらを付けてリリースしようか迷ったほど。

 ただし、注意して欲しいのは、ノーマルにフラップやプロップを付けるのも可能だけれど、ノーマルの場合はフックとそれらが干渉します。それに、水流の受け方が変わる。プロップやフラップを付けるならやはりSlapphappy Prop & Flapのボディーがお薦め。

 ま、このプラグに関してはいろいろなユーザー・チューンを最初から覚悟はしていた。でも、なるべくは作者の意図に沿うようなチューンをお願いしたいもんだ。いろいろ欲張って付けてしまうのは考えもので、フラップ&プロップくらいがボーダーラインではないかと思う。上記のチューンは公認かな。

 それにしてもノーマル、プロップ、フラップは不動だと思っている。いろんなバージョンをタクティクスとして持っているのがやはり効率はいいでしょう。
  • (2009-07-09 15:19:30)
Mexico Tour 2009
09/07/08/Wed.



 DVD「Mexico Tour」のトレーラーが出来上がっております。ちなみにトレーラー、本編ともに、音楽は当ウタマロ・レコーズ、そしてAsian Sonic Ensembleドラマーの岸だ。
  • (2009-07-08 18:39:46)
60cm 6lb
09/07/08/Wed.

090707-60-6lb.jpg

 もちろん嬉しいに決まっているけれど、ほんの少しの戸惑いもある。2週連続60upだ。少し小さく見えるのは6lbと痩せているから、それに先週の62cmがあまりにもいい魚体だったからか、しかし、確かに60cmジャストを数ミリ超えていた。

 なべちゃん(nobite)をゲストに招いて出かけたにもかかわらず、釣ったのは俺だった。彼も釣るには釣ったがこの魚体に比べると・・・。

090707-60-6lb-2.jpg

 それもこれもルアーのポテンシャルと運の賜物でしょう。ルアーはSlapphappy Prop。Slapphappyシリーズのポテンシャルには注目すべきものがある。

 見事なバイトももちろんあるものの、このプラグにはパクっとくわえる、アタリのような、いわゆるショートバイトも多い。それが多くの魚を連れて来る要因のひとつである。このショートバイトはフックアップしないことも多々あるのだけれど、それが今期、ドス・カクタス(フック)を標準で装備するようになって、フックアップ率が格段に上がったと実感している。

 実はこの60ジャストの魚も割とおとなしいバイト。しかし、その後のファイトは先日の62cmを上回っていて、何度かジージーとラインを引き出し、なかなか凄まじいものがあった。

 「あと2〜3本いっとくか?!」と先日書いたけれど、ひょっとすると・・・。
  • (2009-07-08 13:19:42)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275