<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>













★ Sonic Cigar SL ★


★ Lake El Salt 2012 ★


★ Slapphappy Shad ★


★ Niva ★


★ Vickitan ★


★ Slapphappy Beaver ★


★ NEZUMI ★


★ Brand New Items ★









































★ New Release Info. ★
UTAMARO RECORDS
ANTS MOTOKI - ANY TYPES OF FISHBONE ASIAN SONIC ENSEMBLE
Links
Categories
Archives
Tools
top
Fire
09/08/25/Tue.

are_you_experi.jpg

The Jimi Hendrix Experience - Are You Experienced

 ステレオから「Fire」が流れる。1967年のジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンスがそこにあった空気を震わせると、ガシガシガシと空気が摩擦を起こして、何とも言えない濃密な熱気が作り上げられる。

 28歳で亡くなったとされる天才に46歳の俺は未だにやられっぱなしだ。

hei.jpg

 さて、国政が変わる選挙も近いというのに、ロックにうつつをぬかし釣りにばかり出かける俺という人の本日は、朝は愛犬とまたしても周辺の旧家を回り、一緒に釣りに行くはずの男にドタキャンを食らい、一月ほど前に買って来た棚をようやく組み、在庫を整理して終わった。明日こそは釣りに行くのである。ま、これも仕事なのだから。

kura2.jpg

 在庫と言えば、この頃ようやく「SUKIYAKI 56 L」が売れる。「SUKIYAKI 56」は良く売れたけれど、今年の初めにリリースした「SUKIYAKI 56 L」は時期が悪かったのか、不景気か、なかなか動かないでいた。

 実は「SUKIYAKI 56」はいわゆるガチガチの硬い竿で、もちろんそういう設計ではあるのだけれど、これは一般には特殊なロッドである。それに比べると「L」は非常に使い易い。格段に軽くて、5/8oz〜1oz超くらいのルアーならキャスト時の竿の曲がりも心地良く、アクションも容易だ。

 使っていただいた人にはよくわかっていただけると思う。口コミだろうか、そのせいでポツポツと売れていく。注文が入る度ホッとするのである。順調に行けば、次の「SUKIYAKI 60 L」と「SUKIYAKI 60 M」にもかかれると言うもんだ。両方とももうプロトは出来上がっていてテスト済み、それどころか愛用中で、あとはタイミングのみ。

sukiyaki56l-6.jpg

 さて、「津波カップ Vol.11」のバナーが出来た。とてもいい王冠だ。旧吉は良いところなので、これを機に来た事のない人もいらっしゃってみてはいかが?

 詳細は近日中にワイルドフィッシュのサイトにUPされる予定。
  • (2009-08-25 01:52:04)
火事その後
09/08/22/Sat.

beat-kaeru.jpg

 忘れていたけれど、昨日があの火事からちょうど三年目なのである。46年も生きていると本当にいろいろな事が起こって、何が起ころうと多少の事では動じなくはなる。ただ、あれは中でも大きな出来事で計らずも俺自身の転機だった。

 誰にも怪我がなかったのが幸いで、建物も全焼は免れたものの、津波ルアーズはなにしろ見事にほとんど全部が燃えた。現場に居合わせなかった俺は、戻ってみて、その惨状に唖然としたもんだ。様々なものの焼け焦げたあの匂いと、階段をまるで川のように流れ落ちる水を未だ忘れることは出来ない。

 それに火事の知らせを聞いてから工房に戻るまでの3時間あまりの長かったこと長かったこと。その間俺の頭は想像ではち切れんばかりで、何らかの精神疾患に陥っても不思議はなかったと思う。更年期障害も相まってか、心なしかあれ以来精神的に不安定になることが増えたような・・・そんな気がしないでもない。

 立派にかどうかはわからない。でも、なんとか立ち直ったと思っています。心配をかけた皆さん、それからあれ以降いろいろと支援をいただいた皆さん、あらためて感謝します。ほんとうにありがとうございました。

kura.jpg

 さて、実は今年、またしても新たな転機であると感じることが多々ある。考えてみれば、ルアーを作るということにあたっても、まさしく計らずも、ちょっとした、しかし結構大きなシフトを敢行する。

 おもしろいものでとか楽しみだとかと言うと少々語弊はあるのだけれど、期待と不安のこの感じは心機一転と言ってもいいのかもしれない。何のこっちゃわからんとは思いますが、次のルアーから何かが変わるのである。

tsuchikabe.jpg

 心機一転と言えば、家を引っ越してもう4ヶ月である。新居は前に住んでいたところとは数キロしか離れていない。ところがその周辺では夜、田んぼで蛙が鳴くのである。どの種類の蛙なのかは知らないけれど、小さな頃からこの合唱を聞くととても落ち着く。これだけで得した気分。

 それにどうやらこの辺は小さな仏閣がいくつかあって旧家も多く、昔ながらの家並みが真新しい新築住居と同居する地区で、愛犬と歩いていると趣のある風景に心和むのである。旧家を改造して住むのはちょっとした夢でもあるけれど、今のところは周辺を散策するのみで儲け物と思うことにするのだ。
  • (2009-08-22 20:34:02)
All My Relations
09/08/21/Fri.

taco.jpg

 この人が俺は割と好きである。とにかく明るくて前向きだ。それにこんな俺にも丁寧に接してくれる。彼は通称タコ君、All My Relations(神戸市中央区北長狭通3丁目9-10 Phone 078-391-7861)という神戸のお店の店長だ。

all_my_rlts2.jpg

 ここはインディアンジュエリーで有名なあのWing Rockやオリジナルの洋服等を扱うお店。Wing Rockのリキさん(俺が大好きな人のひとり。本拠地は福岡にあります)やここの社長と先に知り合いだったせいで、なかなかタコ君とは直接に付き合うということがなかったけれど、考えてみれば知り合ってもう長いのである。

all_my_rlts1.jpg

 彼に気に入っていただいて、先月からお店にうちのキャンバスバッグ他を置いてもらっている。同じ敷地内にRed Cloudというカフェもあって、ここもとても居心地がよろしい。お近くの人はぜひ行ってみて欲しい。

hawaii-view.jpg

 この4月のハワイの釣りの模様を収めたDVD「HAWAIIAN PEACOCKBASS」がリリースされた。うちの「Fishing Safari 2008」に比べて売れ行きとっても好調な「Mexico Tour」と同じく、明石(アカシブランド)とまたしても一緒に収録しているので、これはぜひとも買って見ていただきたい。

 見所はピーコックバスのバイト&ファイトばかりではない。俺ばっかり釣ってしまうので明石がすねてしまうなんてことも、これはなかなかの見物ではある。詳しくは見てもらわないとしょうがないけれど、さすがの俺が気を使う場面なんて滅多に見れたもんではない。まるでくそガキみたいな明石に比べて、なんて俺は出来た人なんだろうとつくづく思う。

 ところで「Mexico Tour」を見た人が「明石さんは釣りが上手い」それに比べて「元木さんは漠然と投げている」と言ったとか。「あっ、その通り!」なんて笑っている場合ではない。間接的に聞いたので真意はわからないし、そう見えたんだからこれはもうどうしようもないし、決して怒っているわけではないのだけれど、このことだけ短絡的に捉えてしまうとなかなか失礼な話しではある。ショックと言ってもいい。

 ま、俺には俺の釣りがある、と言っておこう。

080220mexico.jpg

 そんなささいな事はほっておいて。

 その昔、いのちあるものすべては言葉を発していたという。木々や岩や山や、水にもいのちはあるのだ。例えば岩が死んでいると思うのは大間違いで、彼らはいのちで満ちあふれている。わたしたち現代人はいのちあるものが発する言葉を忘れ、やがて彼らの存在さえ忘れてしまった。それらいのちあるものとの繋がりを指すのが「All My Relations」=「MITAKUYE OYASIN(ミタクェ・オヤシン)」=「わたしにつながるすべてのものたち」という言葉なのだ。インディアンの考え方の根幹となるもののひとつである。

 ある種、我々よりよっぽど進んだ彼らのこの思想に、俺は少なからず心を奪われてしまう。
  • (2009-08-21 23:56:41)
Gaucho
09/08/20/Thu.

gaucho.jpg

 意外なところでこの「Gaucho」なんていかがだろう。自分自身も意外だけれど、これがなかなか好きなのである。

 昔、FMをカセットテープに録音することをエアチェックなんて言ったけれど、この「Gaucho」はそのエアチェックが最初だった。どういう動機でいつ頃そうしたのかは覚えてないが、確かに赤い縁取りのカセットケースにこれを録音したテープが収められていたことを覚えている。おそらくはこのアルバムがリリースされる1980年前後のことでしょう。

 1980年というと、俺は高校二年、ジョン・レノンが死んだ年だ。この豪勢なサウンドは俺にはとても新鮮で、特にタイトル曲の物憂いイントロ、そして劇的に展開してしまうメロディーは鮮烈に印象に残った。管楽器を最初に意識したのもこのタイトル曲ではなかったかと思う。

 それからこのタイトルそのものにも妙な憧憬がある。調べてみると、どうやら元々は南米のカウボーイ的民族を指す言葉で、アルゼンチン、ウルグアイ、ブラジル南部あたりでは現在もアイデンティティを表すような言葉であるらしい。はっきりしない意味合いや、このスパニッシュ的で絶妙な響きにイマジネーションが広がってしまう。

 突然ですが次のルアー(ペンシルベイト)の名前に・・・なんて思っている次第。
  • (2009-08-20 16:55:29)
気持ちのいい日和
09/08/19/Wed.

090818-56.jpg

 昨日は暑いには暑いのだけれどまれにみる気持ちのいい日和で、こんな日には琵琶湖へぜひとも出かけたいと思っていたところ、Rottonのシゲより「釣りに行きましょう」と電話があった。

 毎年7月の終わりからお盆あたりまでは暑さが増して覇気がなく、お盆過ぎあたりから調子を持ち直すのが琵琶湖のバス(いろいろと異論はありましょうが)なのであるから、状況を見に行ってみたくてうずうずしていたところだった。まさに渡りに船なのである。

090818-56-2.jpg

 思った通り、琵琶湖の夕方は風も適度で心地よく、しかも魚の活性も高かった。シゲはGRAND PRIXの対象ルアーであるDJANGOAugustを手始めに、BUMBINHOSonic Ribotくじらフェで1本づつ釣ってしまうグランドスラムとでも言うべき離れ業。

090818-django.jpg

 俺はと言うと、それを横目で見つつ操船しつつ指をくわえていた・・・わけではなく、数でなくて質で勝負したというわけだ。「ブシュッ!」という音とともに強力なファイトを演じたこいつは56cm=6.5lbでした。少し前に釣った60cmより少し重く、それを裏付けるかのごとく、鍛えられた異様に太い尾びれの筋肉と、幅の広い尾びれそのものを持つ、屈強な体躯の持ち主だった。

090818-august.jpg

 うちのお客さんからのメールによると、高知では早稲の稲刈りがお盆には始まっていた。暑い盛りに稲刈りの重労働はたいへんだろうと思うけれど、これが俺には秋へと向かう知らせに聞こえた。秋というのは寂しい季節で、これは何故かというとオフシーズンへと向かう季節であるからで、早くもそんな季節を迎えるのかと思うと、これがまた釣場へとアングラーを向かわせるのだ。

 こんな魚が釣れる季節を満喫したいものである。

090818-bumbinho.jpg

 さて、津波ルアーズは9月は撮影に挑みたい。あまり売れ行きの芳しくない今年リリースの「Fishing Safari 2008」ではあるけれど、ま、わかり難いことも毎年続けていればやがて認められる、もしくは死んだ後に評価される・・・と自虐的に奮起してみるのだ。

090818-kujirafe.jpg

 明日リリースとなるDVD「HAWAIIAN PEACOCKBASS」もどうかよろしく。

 ハワイだとか西表だとか、ましてやメキシコなんて現実味もないし・・・なんて言わないでぜひぜひ見てちょうだい。夢を持つのはとってもいいことだ。かく言う俺もメキシコ、西表、ハワイ、オーストラリア・・・いろんな場所で釣りをしたいと夢に描いていたひとりなのである。見ると人生変わるかもしれません。実際に行くと人生は確実に変わるのです。
  • (2009-08-19 19:33:50)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275