<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>













★ Sonic Cigar SL ★


★ Lake El Salt 2012 ★


★ Slapphappy Shad ★


★ Niva ★


★ Vickitan ★


★ Slapphappy Beaver ★


★ NEZUMI ★


★ Brand New Items ★









































★ New Release Info. ★
UTAMARO RECORDS
ANTS MOTOKI - ANY TYPES OF FISHBONE ASIAN SONIC ENSEMBLE
Links
Categories
Archives
Tools
top
ZINHO
09/08/30/Sun.

zinho090830-2.jpg

 8月最後の日曜日、久しぶりにZINHOで晩ご飯。いつもはのんびりとしたここでさえ、関心は政局の大幅な転換である。何らかの起爆剤を誰もが求めるのは、この不景気ですから無理もないね。わかってはいたものの、これほど劇的で圧倒的だと、ほんとうに何かが変わるのではと期待してしまう。

zinho090830-1.jpg

 ところで今日の一番は生ハムとイチジクのリーフサラダ。これは甘いのと辛いのと酸っぱいのの対比が絶妙である。もちろん他のも美味いので、吹田周辺にいらっしゃったらぜひ。マメタとフユミがお待ちしております。

090830-1.jpg

 GrandPrixはかなりのエントリーをいただいております。上の写真なんてなかなか良い。しかし、まだまだ期待してます。よろしく!
  • (2009-08-30 23:54:52)
邂逅
09/08/28/Fri.

record.jpg

 RECORDのふたりと琵琶湖で会うのは今年二度目である。前回はまったくの偶然だった。しかし、今回はどうやら俺の釣果を聞いてやって来たらしい。当日のブログに載っていたからまさか今日は来てないだろう、と思ったらしいけれど・・・。それにしても俺のブログを見ていただいているなんて、やつら、なかなかいい人たちだ。

090827-58-1.jpg

 User's Galleryにも書いたけれど、この日はうちのバンドのサックスプレーヤー=岡島直樹と久しぶりの(実に10年ぶりくらいの)釣り。出船してすぐにドラマチックなこの釣果である。60cmはあると思ったから、まあ、驚いた。

 そう言えば、その昔、彼に釣りを教えたのは俺で、最初はなかなか釣ることが出来なかったのを思い出す。誰でも苦労するもんね、最初は。

 とにかく、また一緒に釣りが出来るというのは少し素敵なことだと思う。
  • (2009-08-28 19:20:18)
I Shall Be Released
09/08/27/Thu.

IMGP1519.jpg

 中島らもは「I shall be released」の部分を「すべての言葉よ空を飛べ」と歌った。先日も書いたマザーズ・ボーイズで中島らものバックをしていた時のことだ。演奏していたにもかかわらず不覚にもこの瞬間に涙が溢れそうになった。

 踏襲していたのはディラン・セカンドの大塚まさじ氏の訳詞だったのだけれど、中島らもはこれを自分の解釈で、しかもその都度変えて歌った。解釈に迷っていたのか、それとも単に以前歌った歌詞を忘れた(よくあることだった)のか、今となってはわからない。しかし、彼もこの曲にただならぬ何かを感じていたということは確かだ。

last-waltz.jpg


 そもそもボブ・ディランの詞も「I see my light come shining' From the west unto the east」なんて部分はかなり難解で、とても神秘的である。所詮、彼が考えたことなんてわかりっこないし、本人に聞いてみたところで理解出来ないかもしれない。ただ、この曲を聴く度にどこからか、なにかがこみ上げて来る。

 これまでこの曲を何度も聴いたし演奏もした。今日聴いていて、人々がどこから来てどこへ行くのか、そしていったい解き放たれるのか、そんなこと誰にもわからないんだからしょうがない、ディランはそういう神秘そのものを歌っているのかもしれないなと突然思った。

biwako.jpg

 いったいどうして人はあれほど夢中で魚を釣るのだろう。しかも時にはルアーなどという不自由な道具で。やっぱり・・・人々は神秘を求めるのだ。
  • (2009-08-27 14:19:51)
行く夏
09/08/26/Wed.

090825-4.jpg

 ええおっさんらが時には夢中でキャストし、ルアーを動かすことに集中し、そして一喜一憂する。仲間と湖に船を浮かべてルアーを操り、出来れば魚に相手をしてもらって、行く夏を惜しみつつ過ごす瞬間をとても愛おしく思うのだ。

august57cm.jpg

 昨日はそこそこの魚たちがルアーを追ってくれたので、余計に充実した半日だった。ウチコシなんてAugustで57cmだし、大念寺なんて70cmオーバーの外道だし、岸本自動車のはとてもとても小さいし。俺はと言うと、Slapphappy Propをポーズして話すうちに、ドボッと踊り出た55upは間違いなしというやつを、大念寺のランディングちょんぼでバラしたのだった。

kuroda.jpg

 一方、関東は相模湖では黒田君がうちのルアーでテスターなみにガンガン釣ってくれている。(詳しくはこちら)じゃあ、相模湖は釣れるのか?というとそうではないらしく、この結果は黒田の上手さとうちのルアーのポテンシャルということになるのだ。

 それに相変わらず宮城でも。

yama0908.jpg

ali_farka.jpg

 この曲が流れ出して、ほっと一息ついた。今日の一曲はライ・クーダー & アリ・ファルカ・トゥーレの「Lasidan」という曲。ゆったりとした時が流れるのである。

 アリ・ファルカ・トゥーレはアフリカはマリのミュージシャン、ライ・クーダーは言わずと知れたスライドギターの名手で、そしてあの「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」のプロデューサー。

 大らかな曲の雰囲気の中、水面下では一生懸命水を掻くアヒルにも似た、丁々発止のギターの掛け合いらしき部分もあって、これはこれで熱かったりするところもとてもいいのである。


  • (2009-08-27 01:06:44)
Mother's Boys
09/08/25/Tue.

tombstone_blues.jpg

中島らも & マザーズボーイズ - TOMBSTONE BLUES

 知らない人もいると思うので説明しますと、このアルバムにプレーヤーとしてプロデューサーとして俺は全面的に参加していている。中島らもが急逝する確か一年半ほど前のある日、本人から俺に「ええギタリストおらんか?」と割と失礼な電話があって以来、俺は彼のバックバンド=マザーズ・ボーイズのギタリストで事実上のリーダーである。

 そのマザーズ・ボーイズが久しぶりに演奏する。残念ながら中島らもはあたり前だがもういなくて、それにドラマーの岡部君がスケジュールの都合で不在。しかし、ドラマーには武田栄を代打で迎えることにした。ボーカルは「あふりらんぽ」のおにちゃん。

 9/23、中島らもも敬愛していたあの南正人氏のイベントで梅田レインドッグスに登場。
  • (2009-08-25 13:53:45)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275