<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>













★ Sonic Cigar SL ★


★ Lake El Salt 2012 ★


★ Slapphappy Shad ★


★ Niva ★


★ Vickitan ★


★ Slapphappy Beaver ★


★ NEZUMI ★


★ Brand New Items ★









































★ New Release Info. ★
UTAMARO RECORDS
ANTS MOTOKI - ANY TYPES OF FISHBONE ASIAN SONIC ENSEMBLE
Links
Categories
Archives
Tools
top
12/31
09/12/31/Thu.

 甥っ子の海良(カイラと読みます)とうちの愛犬クララのおかげで、思った以上に賑やかな年末を過ごしている。心配していたカイラVS.クララの対決も思いのほかフレンドリーで拍子抜けと言ったところではあるけれど、実家に小さな子どもと犬が同時にやって来るなんていうことは、これはやっぱり前代未聞で画期的出来事ではある。

kaira_vs_kurara.jpg

 ぼんやりと紅白歌合戦を眺めていると、ここ数年は亡くなるちょっと前の中島らもが本気で「紅白に出る」と言っていたことを思い出す。アイドルの女の子デュオをプロデュースして、中島らも自身と山口冨士夫とルイズルイス加部・・・(敬称略)がバックを務めるという、実行出来たところで、出演はまず絶望的な計画だった。ただ万が一実現していたなら、ステレオタイプに風穴を空ける、これほどおもしろい企画もないと思う。

nininhaori.jpg

 中島らもはそういうほんとうにパンキッシュなスピリッツを有した希有な作家だった。親しみ易く大らかな性質に反して、迎合することを嫌ういつまでも破天荒なその姿勢が、俺が彼を尊敬する所以だったのだ。

 例えば身近にそういう人がいたこととか、そんないろんな経験に感謝する一年の終わりなのでした。

 それにしても昨日あたりから海外からのアクセスが多いのである。
  • (2009-12-31 21:50:59)
やっぱりタンデム
09/12/30/Wed.

tandem.jpg

 こうなるとやっぱりどうやってもルコントの「タンデム」が見たくなって、中古のVHSをwebで探し出して注文した。ルアーに「タンデム」と名付けて、そしてルコントのファンなのであるからには、どうしてももう一度見ておかなくてはなるまい、と言う結論に達した。

tom_waits_live.jpg

Glitter and Doom Live [Analog]

 とかなんとか検索するうち、Tom Waitsの新譜に行き当たる。この頃なかなか活発で、ひょっとしたら来日なんて期待も盛り上がらないでもない、そうシゲ(Rotton)と先日盛り上がったところだった。

 さてこの新譜、アナログLPもある。これを買うとMP3のダウンロードも出来るのだそうだ。それなら最初からCDにするか、ダウンロードすれば良いのでは?などと思うあなたは素人だ。(思わずクリックしそうになったのだけれど、2枚組の1枚はほとんど語りだそうなので、対訳付きの日本盤CDにしようか、どうしようか、悩ましいところなのだけれども)

 先日、T堂の取材時にE氏がうちの事務所に並ぶ大量のCDを見て「これって、音はPCに取り込んでるんでしょ?じゃあCDは売ってしまってもいいのでは?」とのたまった。俺にとってあまりの意外性と合理性に、とっさには「それもそうだな」と思うと同時に、拭い去れない違和感を感じたのだった。

 それは何かと後々考えた。そういうことならばおそらく、俺はトップウォーターの釣りなんてしてはいないし、ましてやウッドのルアーを作るなんてこともなかっただろうと思う。好きなモノへの執着がそういう世界へと向かわせるのである。

 だからせっかく手に入れたCDを売ることはないと思う。昔、お金に困ってLPを売ったことはあったけれど・・・。そんな大人が今どきわざわざアナログLPを嬉々として買うのだ。どうせMP3をダウンロードするにもかかわらず・・・。
  • (2009-12-30 21:47:40)
Leconte
09/12/29/Tue.

 下の続き。

 四国は暖かいというイメージでしょうが、実家のある池田というところは四国三郎=吉野川が山を削って出来た、少し標高の高いほとんど盆地のようなところにあるので、これはさすがに冬は寒い。一冬に何度かは積雪もある。大阪のたいしたことのない寒さを考えると、田舎もこの冬はたいしたことがないかと思っていたらさにあらず、帰ってみるとやっぱり寒いのだ。

 というわけで例のパッチ考である。今日履いているのはManastashというところのヘンプ55%、コットン45%のサーマル・レギンス。若干重いのだけれども、ピチピチのパツンパツンではなく、少しゆったりした感じとヘンプ混らしい肌触りがなかなかよろしいので、いま一番気に入っているのである。やっぱりゆとりのないのはいけない。

P1010007_7.jpg

 ルコントの映画は人生のゆとりを語る。フランスらしい(?)シニカルでウィットにとんだ物語の中で汲々とした人生のつまらなさを教えるのだ。

 ちなみに「ぼくの大切な友だち」のサントラは、俺が以前「バスと釣り人」で紹介した「L'Attirail(ラテライユ)」である。

lattirail2.jpg

La Bonne Aventure
  • (2009-12-29 22:09:24)
Les Bronzes
09/12/29/Tue.

les_bronzes.jpg

レ・ブロンゼ 再会と友情に乾杯! [DVD]

 「タンデム」がどこにもなかったからというわけでもないのだけれど、ルコントが見たくなって、ここ最近2本観た。「レ・ブロンゼ」と「ぼくの大切なともだち」である。どちらもルコントらしいウィットにとんでいておもしろい。

tomodachi.jpg

ぼくの大切なともだち (完全受注5,000本限定生産) [DVD]

 本日は徳島へと帰省だ。
  • (2009-12-29 13:35:40)
メキシコ・ダウニー
09/12/28/Mon.

 メキシコ・ダウニー、つまりメキシコ製のダウニーというのが存在する。これはおそらくメキシコではとてもとてもポピュラーな柔軟剤だと思われる。日本は醤油の匂いがする、というのと同じで、俺自身はメキシコの空港へ降り立つとその匂いがすると思う。実際、メキシコから帰って来ると、スーツケースはその匂いで充満しているのだ。

 メキシコはそういう匂いがするんだと言うと、アメリカ通は「ああ、それはダウニーやね」と言うのだけれど、どうもそれとは少し違うと俺は以前から思っていた。それがおそらくは間違っていなかったということである。あの香りが俺はどちらかと言うと好きなので、メキシコ・ダウニーを買ってみたところ、どうもやっぱり普通のダウニーとは匂いの質が違う気がするからだ。

 どうでもいいことなのだけれど、俺にとっては積年の疑念であったわけで、それが晴れかけているということ。来年メキシコに行ったらもう一度確かめてみよう。とは言え、頼りは俺の鼻だけではある。

sennuki.jpg

 そんな折、いつものこの店でなんとなく魅かれる中南米的グッズを発見した。ペリカンだろうか、ただの置物と思いきや、栓抜きだという。嘴の部分で王冠をひっかけると思わせて、どうやってもお尻でしか開けようがない、なんていう肩透かしで中途半端なあたり、どう考えても失礼ながら中南米的なのだけれど、京都で売っていた南部鉄なのだそうだ。

dengue_fever3.jpg

Sleepwalking Through the Mekong (2pc) (W/CD) [DVD] [Import]

 そんなグローバルな世の中にあって「Dengue Fever」みたいなロックは正しいアジアのグローバルなロックであると、俺は最近つくづく思う。60〜70年代のロックや70年代後半からのパンクやニューウェーブ、80年代から90年代にかけてのワールド・ミュージック(という言い方はとても変だけれど、これしか伝えようがない)の衝撃を、スピリッツとしてのそれをほんとうにわかっている人たちだという気がする。

sonic_cigar-cf.jpg

 例えばそれは俺にとって、こんな(上の写真のような)イメージ。
  • (2009-12-28 15:08:25)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275