<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>













★ Sonic Cigar SL ★


★ Lake El Salt 2012 ★


★ Slapphappy Shad ★


★ Niva ★


★ Vickitan ★


★ Slapphappy Beaver ★


★ NEZUMI ★


★ Brand New Items ★









































★ New Release Info. ★
UTAMARO RECORDS
ANTS MOTOKI - ANY TYPES OF FISHBONE ASIAN SONIC ENSEMBLE
Links
Categories
Archives
Tools
top
錯綜
10/01/14/Thu.

eagle-fake.jpg

 いろいろなことをやらなくてはならなくて、とても疲れた日だった。

 メキシコへの航空券やら日程やらの調整は、他の人はどうか知らないが、俺には骨が折れる作業だ。正規の値段ではなく、安いチケットを求めるものだから、それによって日程が右往左往する。それに加えて、頼りのグランバス前田氏(レイク・エル・サルトのアングラーズ・インの代理店)が今はアメリカにいて、連絡がつかない。困ったもんだ。

paint-ground.jpg

 それから急遽次にリリースすることが決まったGaucho+のカラーパターンを考えること。まずはMacの画面でシュミレーションする。アイデアは浮かぶには浮かぶが、どうにもこうにも錯綜してしまって、とりとめがない。これを試行錯誤と言うのだろうけれど。

 同時にGaucho+のブランク(木をルアーの形に削った状態のもの)のカップ部分の形状をうちのパンク野郎と一緒に実際に削りつつ調整する。この部分は外注している木工の職人ではなくて、こっちでやることにした。そうしたはいいが、これが手間がかかるのだ。

 晩になってArrow Headsの神矢が来たので、例のグリップの持ち手の部分の打ち合わせをするも、これはもう実際に最終サンプルを削ってもらう他ない段階である。何パターンもあるサンプルからセレクトし、形を追い込んで行く。この機会を逃すと次はいつになるかわからないので、作業は夜中まで。

gaucho+c-patern.jpg

 そんなこんなで一日は過ぎた。頭の中をビュンビュンと矢印が好き勝手な方向に飛び交っているかのような、そんな混乱が未だ寝付くことを許さないのである。

velvet_underground.jpg

Loaded

 ふ〜っと息をついてみる。こんな夜は・・・というわけでもないけれど、時々突然「Sweet Jane」が聴きたくなることがある。

 循環コードのこういうリフはとても気持ちが良い。それにおそらくはこのテンポもそれに一役買っている。昔カバーしたことがあるけれど、これでギターでソロをとったりなんかすると、やがてはトランスに陥るリズムである。こういう循環コード・リフを最初に作った人というのはきっと狂喜乱舞したに違いない。

 金曜日の朝方ではあるけれど「Sunday Morning」も悪くない。しかし、一見爽やかな中にも毒がある気がして、やっぱり、いつまで経ってもこの曲で爽やかに朝を迎える気になれないのだ、俺は。
  • (2010-01-15 03:18:09)
Talk Too Much
10/01/14/Thu.

zinho.jpg

 夕べは知人たちと今年初めてジーニョでの晩ご飯。少し風邪もましになったので出かけてはみたけれど、若いやつら相手に調子に乗って余計なことをしゃべり過ぎた。おかげで少し喉がかれてしまったのだ。

 さて、Online StoreにLimitedがUP出来ました。購入可能です。新春初売りといったところ。どうかよろしく!などといっているうちに既にいくつか売れました。
  • (2010-01-14 13:59:23)
SP & New
10/01/13/Wed.

sp-s-cigar.jpg

 俺自身が合間をみて塗っていたOnline Store Limitedがようやく出来上がりました。Sonic Cigarを限定数とMighty Arrow Tandemを2本のみ、サンバーストにペイントしております。近々Online Store を更新したら、購入可能となるので、どうかよろしく!

sp-s-cigar-sign.jpg

 今回のは前回のMighty Arrow Tandem Limitedと比べると少し虎目は薄いのだけれど、木目の奇麗なのを厳選。サインは「M.Motoki」に変えた。シリアルナンバー入り。

 ちなみにレギュラーカラーには次回より「Tsunami Lures」と自筆で入れる方式を、要望も多かったこともあり復活させるつもり。

sp-mat1001.jpg

 さて、次のリリースの件。カエルのウィードレス・バージョンとお知らせしたのだけれど、実はブランクの納品が大幅に遅れている。そんなわけで、急遽そのカエルの次にリリースするつもりで準備していたルアーを繰り上げてリリースすることにした。

gaucho+.jpg

 全く何もお知らせしていないので突然なのだけれど、繰り上げリリースするのは「Gaucho+(ガウチョ・プラス/仮名)」。いろいろと悩んだ挙句にカエルの次はこれと決めたのはつい最近のことなので、名前もまだ仮名というわけだ。

 その名の通り「Gaucho」にアピール要素を付加したもの。ジャンル分けに困るものの、強いて言うならペンシル・ポッパー・スウィッシャーとでも。

 Gauchoのリリース前に既にこのプラグの原型はあって、つい最近までテストを重ねてこのバランスに至った。できたてのほやほやといったところである。

 フラッシングとフラッタリング、それからローアピールなポッピングとスイッシュ、GauchoともDJANGOともSonic Cigarとも一味違う、それらの機能を贅沢にしかも絶妙なバランスで合わせ持つプラグだ。どうかお楽しみに。
  • (2010-01-13 16:42:43)
Jazz
10/01/11/Mon.

beans2.jpg

 優れた物語は終わることを拒む、と俺は思うのだ。1Q84の今にも終わりそうなあたりを読むに際して、ビリー・ホリデーをかけてみたのだけれど、やっぱり違うなと思って、ジョン・コルトレーンにする。ジャケットにはこれ以上ないというほど難しい顔のコルトレーンが写っている。ああ、これがいい、と思うと同時に、終わってしまう物語を惜しむ。

john_coltrane.jpg

至上の愛

 子どもの頃、抜けた乳歯を屋根の上に投げ上げた。その行為の意味は忘れたが、それは俺が生まれた地方の、あるいはひょっとするともっと広い地域の慣習だった。歯が抜ける度、俺も一歳年下の弟もそれを繰り返した。

 それらの歯、かつて俺の一部だった白い塊たちはいったいどこへ行っただろう。雨樋を伝って地面に落ちて、枯れ葉とともに長い間をかけて土に還っただろうか。すっかり忘れ去られた俺の一部。

 物語は読まれて、脳の中に空間を作っては収まり、そして体の一部となる。ところがいつの間にか、裸の王様の正確な筋を思い出せないように、その詳細を思い出せなくなる。少なくとも俺の中ではそうやって忘れられて行く、屋根に投げ上げられた乳歯のように。そして土に還って行くのだ、たぶん。

sarah_vahghan_after_hours.jpg

After Hours

 そうこうするうちにiTunesは古いサラ・ボーンを流し始める。なかなかいい感じ。1Q84に救いはないけれど、少しの勇気をくれたような気がする。まだ音楽を聴いていたいし、明日は何かしようと思うのだ。

sonny_rollins.jpg

Night At The Village Vanguard

 やがて古いファンクが流れ始めるけれど、それをソニー・ロリンズに替えてみる。いつから俺はこんなに素直にジャズが聴けるようになったのか。
  • (2010-01-12 02:37:26)
Mexico & Germany
10/01/11/Mon.

eagle.jpg

 今年もメキシコはレイク・エル・サルトに行く、とようやく決意を明石とともに固めたのである。時期は3月中旬、出発は14日から18日の間くらい、いつものようにオプションを入れて4日半の釣り、ロスで1日の観光、行って帰るまでの行程は9日間の予定。(あくまでとりあえずの予定です)

 一緒に行きたいという方、あるいはお問い合わせはこちらまでメールを。メキシコの日程を1日早め、ロスでの観光をなしにすると1週間の旅程を組むことも可能です。今年はおそらく、エアチケットもロッジ代も円高とサーチャージのないせいで例年よりかなり安く上がるはず。

 去年の釣果についてはこちらとか、DVD「Mexico Tour」を参考に。日程等の詳細はおいおい発表します。

 さて、件のベルリンのカスタマーは、東京の友だちにサーフェイス・ゲームを紹介され、その魅力に取り憑かれ、ドイツで孤軍奮闘、全世界にこれを広めるべく(?)ブログを開設しているそうな。それによると、彼はこの春、スペインへバス釣りに行くらしい。

 それにしてもドイツでとは・・・そこそこ奇特な人ではある。それだけにとても応援したい気分だ。興味のある方はこちらを御覧あれ。
  • (2010-01-11 21:29:05)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275