<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>













★ Sonic Cigar SL ★


★ Lake El Salt 2012 ★


★ Slapphappy Shad ★


★ Niva ★


★ Vickitan ★


★ Slapphappy Beaver ★


★ NEZUMI ★


★ Brand New Items ★









































★ New Release Info. ★
UTAMARO RECORDS
ANTS MOTOKI - ANY TYPES OF FISHBONE ASIAN SONIC ENSEMBLE
Links
Categories
Archives
Tools
top
Hooks
10/04/05/Mon.

7all-2.jpg

 驚くべきことに、手違いでOnline StoreDos CactusおよびTres Cactusの在庫が0になってました。申し訳ありません。

 Dos Cactusのニッケルの50本入りは#1のみ、7本入りは#1、1/0、2/0、Tres Cactusは30本入りも5本入りも各サイズ在庫してますので、ご入用の方はどうぞ。

 間もなく、と言おうか、既にシーズンインなので、フックの交換は怠りなく。その際には化学研磨で良く刺さり、しかも太くて丈夫な、その上トップウォータープラグにスタイル、見た目、ともに相性抜群の津波ルアーズのフックがいいと思います、ほんとに。
  • (2010-04-05 18:48:52)
岐阜へ
10/04/04/Sun.

calxico_even_my.jpg

Even My Sure Things Fall Through

 とある人の「メキシコ・レポートを見ていたらCALEXICOが無性に聴きたくなりました」というメールを見たら、俺もCALEXICOが無性に聴きたくなった。

 彼らの音楽にある郷愁や哀愁は決してノスタルジーにばかり陥ることがなく、どこかエッジが立っているというところに渋みがあって、ただならぬセンスを感じさせる。それがまた心の奥の琴線を震わせるのだ。

100404fujiwara.jpg

 今日は岐阜のTRADER'Sまで足を伸ばした。フィッシング・タックル・フリーマーケットに参加するためだ。

100404teat.jpg

 初めて伺ったのだけれども、閑静な住宅街にこつ然と現れるガレージ然としたお店がユニークな空気を放っておりました。特別に申し合わせがあるわけでもなく、催し物があるわけでもなく、終始一貫してとても和やかでリラックスしたイベントでした。

100404traders.jpg

 見たことのある顔から見たことのない顔まで、それほど大勢ではないものの、このくらいのマニアックな人たちが集まれるのなら、まだまだシーンも捨てたものではないとも思う。

100404kurara.jpg
  • (2010-04-04 23:56:32)
お客
10/04/03/Sat.

ethiopiques2.jpg

Ethiopiques, Vol. 1: Golden Years Of Modern Ethiopian Music

 いったい誰がこんな酔狂なことをするのかしれないが、俺はこのコンピレーション・シリーズをそのうちコンプリートしようと思っている。いつものこと「んっ?!なんやったっけこれ?いいな〜」と思ってiTunesを覗くと、このEthiopiquesシリーズであることが結構多いのだ。

 amazonで見るとVol.25くらいまではある。エチオピアに特有の古いポピュラー音楽をなるべく紹介しましょう、という企画だろうとは思うのだけれど、企画元のBuda Recordsについての記述がネットで検索してもひっかかってこないので詳しいことは謎である。それに何枚か持っているこれらコンピレーションの中味だって、どういうアーティストなのかも不明なままだ。

 でも、とにかく純粋で素朴で、しかしひねくれてもいて、そしてなんとも言えぬいなたくつたないサウンドに心魅かれっぱなしだ。

100403lomo.jpg

 つたないと言えば、B級カメラのオーソリティー=VIS山神が今日はちょこっとやって来た。

 彼がお薦めのiPhoneのアプリ「More Lomo」というのをダウンロード。「Lomo」とはロシアのアナログカメラで、山神氏が本物を見せてくれたが、これで撮ると、製作者の意図とは関係なく、周辺が暗くぼやけてしまい、これがなんともたまらん効果を醸し、マニアに人気なのだとか。これを模したフィルターが「More Lomo」である。

 「Lomo」で検索すると関連のカメラがいろいろ出て来るので、彼が薦めてくれたのはこれじゃないかもしれないのだけれど、まあいい。早速事務所を撮ってみたのが上の写真。なかなかいい具合だ。

 彼はそれでうちのルアー、「WORKS 2010」に出展した「Sonic Bird」(サイドに波形のラインが入った青いやつ)を撮って帰った。彼とその奥さんは本気かお世辞か千いくつあったルアーの中でこれが一番良かったと言うので、俺はとてもいい気になるのだった。ただ、何故、そしてなにがどう良いのかは彼にも不明らしい。

staff_benda_bilili.jpg

屈強のコンゴ魂

 今日はもうひとりお客。フジスケ君という人。金属を加工したり溶接したりして、店舗の什器や看板やなんかを作るのが彼の仕事だ。それほど付き合いが深いわけでも長いわけでもないのだけれど、とぼけているのに真摯な感じのする彼の人柄とも性格ともつかない、そんな雰囲気が俺は以前からなんとはなしに好きなのである。

 ところで、このブログとか「バスと釣り人」なんかでも紹介したことのある、路上生活者でしかも身体に障害を持つ「Staff Benda Bilili」というアフリカはコンゴのバンドが秋に来日することになっている。

 彼らを呼ぶイベンター会社の俺の友だちからある日電話があった。彼らが自作して地元で使っている三輪車型車椅子を作れる人はいないか?ということだった。この三輪車は彼らのトレードマークにもなっているのだけれど、さすがにこれを持って来るわけにもいかないからだ。

 そこで真っ先に思い浮かんだのがフジスケ君なのである。電話で簡単に話すと、この仕事を案の定すぐに気に入ったようだった。当人どうしで直接話した結果、どうやら彼はその仕事を請け負うことになったみたい。これは「Staff Benda Bilili」の来日ともども楽しみになってきた。

banner_0404.gif

 さてと、明日は岐阜のトレーダースでのイベントに出かける。いろいろと持って行くのでお近くの人はぜひ。

sonic_ribot_all3.jpg

 そしてそして、「Sonic Ribot」および「Psyche Bass Hockey Tee」は来週末リリースです。どうかよろしく。
  • (2010-04-03 21:34:20)
タマリンド
10/04/02/Fri.

richard_thompson2.jpg

Henry the Human Fly

 今日はリチャード・トンプソンがよくかかる日だった。これを書きながら、またも彼の「ハエ男ヘンリー」というタイトルのアルバムを聴いてみる。どうでもいいが、ハエ男と聴くと映画「ザ・フライ」を思い出す。変わったタイトルだ。

 確か20代の頃、ギターの教則ビデオに出ていたのを見たのが俺のリチャード・トンプソン初体験だったと思う。ストラトキャスターに独特のハーフトーンをさらに特徴的に鳴らし、少し変わったプレーをするギタリスト、というのがファーストインプレッションだった。

 昔からレッドツェッペリンのトラッド調の曲が好きで、やがてフェアポート・コンベンションも聴くようになった。あの頃から比べると俺はいくらか彼の音楽が理解出来るようになったと思う。彼の良さがわかるのだ。このアルバムのジャケットも、蛇足ながら好きだ。

100402zinho.jpg

 そんな俺はもう47歳である。誕生日にはここ数年ジーニョで食事する。

 ジーニョのマメタンは、水飴状でアンコ色をした、酸っぱくて、ちょっと甘い、やがて意表を突くようにスパイシーな辛さがやって来る、例のメキシコ土産を「これはいける」と言って美味しそうに食う。奥方のフユミちゃんもさもおもしろそうに食べる。そんな食い方をするのは彼らが初めてで、見ている方もおもしろい。料理を生業にする人たちだからだろうか、少し感心した。

 調べてみると、このお菓子はタマリンドというマメ科の植物をベースにしたものだった。別名チョウセンモダマというらしい。モダマというと西表にもある巨大な豆である。そう言えば、アングラーズ・インにもこれが生えていた。メキシコ人はよく豆を食う。ただ、タマリンドを食べるのは日本人には馴染みは薄いだけで世界的にはそう珍しいものでもないらしい。生食、ドライフルーツや砂糖漬け、塩漬け、それからソースやジュースに加工されて、食べられているものらしい。

sonic_ribot_all2.jpg

 さて、「Sonic Ribot」と「Psyche Bass Hockey Tee」の詳細をUP。写真もあるのでぜひ御覧あれ。Tシャツの方はOnline Storeでも予約可能です。
  • (2010-04-03 02:14:40)
誕生日前夜
10/04/01/Thu.

ali_hassan_kuban.jpg

 アリ・ハッサン・クバーンを聴く。西欧圏のポピュラー音楽とは距離を置く、そういうレアな音源に触れるのだ。彼はエジプトはヌビアという系統の移住民族コミュニティーの出身だそうである。

 聴いていてなんだか懐かしいのは、例えばこぶしが回るとか、ペンタトニック中心であるとかの極東の民族音楽のルーツがこのへんにあるからなのかもしれない。あるいはいつも言うように、人類生誕の地の音楽であるからこその感覚なのか。

 とにかく、たまには、こういう無垢で徹底的に土臭く生気に溢れた音楽を聴くべきだ。そうしないと、一種異様なテンプレート的ファクトリーミュージックに毒されていることを顧みることなんて出来なくなる。

 世の中には多様な音楽のあり方がある。グローバルな世の中だからこそ、ユニークさは主張されてしかるべき。

100401mania.jpg

 愛犬を風呂に入れ、アリ・ハッサン・クバーンを聴きつつ、やがてバースデーを迎える。めでたく47歳である。(ほんとの誕生日は3/24なのだけれど、今日は説明するのが億劫)

 マニア谷口から粋なプレゼントが届く。やつのプレゼントはもちろん津波ルアーズで釣った魚の写真。ほんとに彼には感謝しないと。

sonic_ribot_top.jpg

 誕生月にリリースするのは既報の通り「Sonic Ribot」だ。それからTシャツも。これは昨日フットボールTとお伝えしたけれど、良く見てみるとホッケーTの間違いでした。とにかく分厚くて、胸のところに水平に切り替えが入っている仕様のTシャツ。

 プロダクツのページの更新は明日以降となるのだけれど、その前にここに詳細を載せてしまおう。

sonic_ribot_all.jpg

Sonic Ribot
ソニック・リボー

Size
105mm
3/4oz class

ラッカー・フィニッシュ

Color
Aztec Fish White(AF-WH)
Aztec Fish Psyche(AF-PC)
Tropical Frog(TF)
Crazy Fish (CF)
Flower Stripe (FS)
Leaf (LF)

Price
税込定価¥7,350
(本体価格¥7,000)

クイックに誘える、すこぶる使い心地の良いペンシルポッパーである。

流れや強い風によってプラグをスローにアクションしたり、ステイしたりすることが不可能な状況でもこのプラグは有効。そんな場合にもクイックなショートスケートで誘う。ポーズは入れてもいいし、まるで入れないという方法もある。

その際、ターンと言うよりはやはり少しデリケートなスケートを意識して欲しい。スピードは小型のベイトフィッシュがピチョンっと跳ねたくらいの、ひとかたまりのしぶきが上がる程度、そういう頃合いがちょうどいい。

このプラグの効果に、例えばショップスタッフやビルダー等、同船者が目を見張ったのは一度や二度ではない。ソニック・リボーは時に驚くほどの爆発力を発揮する。ぜひ体感していただきたい。


ギタリスト、そして競走馬:Marc Ribot(マーク・リボー)と言うギタリストから名前を拝借。彼はその昔、知る人ぞ知る映画「Fishing With John」のジョン・ルーリー率いる、ラウンジリザーズのギタリスト。それにエルビス・コステロやトム・ウエイツのバックでのひときわ異彩を放つアバンギャルドなバイプレイヤーぶりが凄い。そのくせ絶妙で渋いとくる。ソロキャリアでのフェイク・キューバンもいい。

またリボーという、1950年代中頃に活躍したイタリアの競走馬は、20世紀最強の1頭と言われるものの性格は気難しく、人の指図を受けるのが嫌いだという。馬づらなこのプラグの名前にはとても似つかわしい。

1004tee_flyer.jpg

Psyche Bass
Hockey Tee

サイケ・バス・ホッケー・Tシャツ

8.0oz
3/4 sleeve

Color : Dark Brown
Material : Cotton
Size : S / M / L / XL

Price
税込定価¥6,930
(本体価格¥6,600)

Psyche Bass Teeリバイバル!数年前にリリースしたお気に入りのサーフ&サイケ調のグラフィックを、ベースとなるTeeを変えて復活させました。8.0oz、7分袖のヘビーデューティーなホッケーTeeはオールシーズン着回せます。
  • (2010-04-02 01:30:29)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275