<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>













★ Sonic Cigar SL ★


★ Lake El Salt 2012 ★


★ Slapphappy Shad ★


★ Niva ★


★ Vickitan ★


★ Slapphappy Beaver ★


★ NEZUMI ★


★ Brand New Items ★









































★ New Release Info. ★
UTAMARO RECORDS
ANTS MOTOKI - ANY TYPES OF FISHBONE ASIAN SONIC ENSEMBLE
Links
Categories
Archives
Tools
top
フェイクにパロディー
10/06/07/Mon.

baobab.jpg

Specialist in All Styles

 少しアフリカづいているかな、ワールドカップもあることだし・・・と言ってもオルケストラ・バオバブは南アフリカではなくてセネガルの古いバンドで、これは21世紀の復活アルバムなのだそうだ。

 セネガル風キューバンということらしいが、何だか逆ソフィスティケートされたと言おうか、訛ってファンキーになった感のあるこっちの方が、格式張ったキューバンより俺は好きかもしれない。なんにしろ、フェイクした似非なんとかは俺の好みだ。

sukiyaki60all3.jpg

 Sukiyaki60の偽物っぽいメタリックカラーもなかなかファンキーである。渋派手と誰かが言ったが、それもしかり。作った本人にしても、とにかくかなり新鮮なのだ、この色は。

peace_and_fishing_all2.jpg

 そう言えば今年のTシャツも文字がなくて新鮮。ブランド・ネームもコピーも何もなし。グラフィックのみがシンプルでよろしい。出来上がったのに気を良くして、ここ2日は俺自身も着ているけれど、着心地も良い。

 ロッドもTシャツも出来上がりには満足だ。売れたらもっといいのだけれど・・・。
  • (2010-06-08 00:31:39)
Sukiyaki & Tee
10/06/06/Sun.

 「Sukiyaki 60 M & H」「Circle Tee」「Peace Tee」の詳細を下記に。プロダクツのページには明日以降のUPとなります。

sukiyaki60top.jpg

Sukiyaki 60
スキヤキ 60

Glass & Carbon Composite Casting Rod

6.0 ft [Blank Length: 159.5cm]

Heavy
Fast Taper / Heavy Action
Color : Lake Biwa Blue
Lure Weight: 1oz

Medium
Fast Taper / Medium Action
Color : Apple Gold
Lure Weight: 5/8oz~1oz

Original Guide [with SIC Ring]
Original Ferrule
with Cotton Pouch

Price 44,100 yen (Tax Include)

 求めたのはどんな強い魚にも負けない強靭なバネと、スローで柔軟なキャストフィール。相反するこれらの要素を、グラスとカーボンのコンポジットによって高い次元で実現した、津波ルアーズ至高のロッドがSukiyaki 60である。

 あらゆるフィールドでこの2種類のロッドをテストするうち、他のロッドを使えなくなったという曰く付き。当初、琵琶湖やメキシコ、あるいは未知のアマゾンまでを見据えてこのロッドの開発にかかったにもかかわらず、日本のダム湖、そして川・・・どんなフィールドにおいてもそのパフォーマンスは揺るぎない。

sukiyaki60all2.jpg

 Sukiyakiシリーズはグラスとカーボンのコンポジット。ミディアム(M)、ヘビー(H)共にEグラスを外側、中弾性カーボンを内側に巻いてある。

 Hはバットを太くテーパーをきつめにとり、さらにバットにカーボンの割合を多くすることでパワーを持たせた。ただし、硬いだけのキャストし辛いアクションに陥ることなく、キャストの心地良さをも保持。1ozクラス以上のルアーに適する。

 対してMはHに比べテーパーを緩めにとり、よりルアーウェイトが乗せやすい設計。ただしバットパワーを補う為、微量の高弾性カーボンを補足。1ozまでが適合ウェイト。キャストすること、アクションさせること、そのどちらにも心地良さを追求した仕様。

 ブランクカラーはヴィンテージ・フェンダーのカスタム・カラーを彷彿させるメタリック。Hはレイク・ビワ・ブルー、Mはアップル・ゴールドを採用。

circle-t.jpg

Circle Tee
サークル・ティー

4.8oz Organic Cotton

Color : White / Light Yellow

Size : XS / S / M / L / XL
注)ホワイトはXLがありません。

Price : 4,830 yen (Tax Include)

ブランドコンセプトである「Love Fishing, Music & Peace」をシンプルなグラフィックに集約。シンプルでありながら贅沢な3色使いのグラフィックを着心地抜群のオーガニック・コットンにシルク・プリントしました。

peace_t_all.jpg


Peace Tee
ピース・ティー

4.8oz Organic Cotton

Color : Baby Pink / Light Blue

Size : XS / S / M / L / XL

Price : 4,830 yen (Tax Include)

Comments
1970年のWoodstock Music and Art Festivalのポスターをパロった、シンプルでありながら贅沢に3色を使ったグラフィックを、着心地抜群のオーガニック・コットンにシルクプリントしました。

Circle Tee、Peace Teeともにサイズスペックは下記の通りです。

organic_size_spec.jpg

※ オーガニック・コットンはOCIAインターナショナル(http://www.ocia-jp.com/)認定です。
※ ワンウォッシュ後、乾燥器にて乾燥。


 ロッド、Tシャツともに各取扱店にて、または当オンラインストア、またはメールにて予約可能。取扱店によってはご予約の出来ない場合もありますのでお問い合わせを。
  • (2010-06-06 15:10:30)
Sukiyaki, Organic & Trance
10/06/06/Sat.

sukiyaki60all2.jpg

 Sukiyaki60のH(ヘビー)とM(ミディアム)、それから今年のTシャツのリリースは来週末あたりの予定。明日には詳細をここで発表いたしましょう。

 今回のルアマガ取材には塗装なしのプロトではなくて、出来上がったSukiyaki60を持ち込んだ。フィールドでは案外メタリックに違和感がなく、しかもこれはなかなか新鮮である。イメージは60年代フェンダーのカスタムカラー。

circle-t2.jpg

 それからTシャツのシルクプリントの出来は予想以上。それにベースのオーガニック・コットンもワンウォッシュするとさらに風合いが良くなりました。

peace_and_fishing_all2.jpg

 さて、Konono No.1のことを書いたら、とある筋からサンプルが届いた。amazonで見ると発売3日前である。何だか業界人になったみたいだ。

 何はともあれ、ジャケットのセンスは前のも良かったが、今回のはもっといい。気に入った。

 サウンドはと言いますと、以前と同じワンパターンに陥ることを回避したいと言う意気込みがビシビシと伝わる内容で、こちらも好感を持った。新しく加わったらしいギターなんかと相まって、以前のぐいぐいと押しまくるパワーは少し落ち着き、ほど良くこなれて来たのでは、と思う。長く聴くにはこっちの方が好みかもしれない。

konono_no1_assume.jpg

Assume Crash Position (Dig)
  • (2010-06-06 01:43:13)
旧吉
10/06/04/Fri.

funkadelic.jpg

Maggot Brain

 偶然とは味なものである。ファンカデリックの話しを書いたら、今日車に乗った途端にまさにそのアルバム「Maggot Brain」のタイトルチューンがかかった。ルアマガ編集氏が好きだと言うエディ・ヘイゼルのギターが大フューチャーされたこの10分強のインストナンバーはアルバムのオープニングを飾る。大胆な曲順からして、このバンドの特殊性を物語るのだ。

100602mazdp.jpg

 さて、昨日と一昨日の取材で、このアルバムのエディ並みに活躍したのが7月発売予定のMighty Arrowzinho del Plasticoである。詳しくは6月末発売の誌面を見ていただきたいのだけれど、これはもうもの凄くタイムリーに活躍していただいたものだと思う。

100603kyuyoshi2.jpg

 ちなみにもちろん使用したロッドはもうすぐ発売のSukiyaki60のMとH。

 今回、旧吉を久しぶりに釣って思ったのは、ここはやっぱりおもしろいフィールドであるということ。上流と下流では趣も違えば状況も違う。例えば下流はポストスポーンで上流はプリスポーンあるいはスポーン真っ最中だったりするのだ。これは上下に長い旧吉ならではの特性。

 その状況を見てのもろもろの判断が要求される。あたりまえだが、これが当たれば釣れるし、外れると釣れない。その判断の綾に一喜一憂するのだ。その釣れ具合はある種絶妙なバランスにあると思う。そういう意味でも希有なフィールドだ。
  • (2010-06-05 02:37:36)
Maggot Brain
10/06/03/Thu.

100602masaki.jpg

 今回はどういうわけか「World Psychedelic Classics」などというコンピレーションが気に入って、取材の移動中に聴いていた。西アフリカのロックなのだそうだ。以前紹介したEthiopiquesシリーズともイメージは重なる。

 緩くてラフで、少しトランスチックな雰囲気の音楽が昔は好きになれなかったのだけれど、最近はそういうのが妙に気持ちいい。趣味嗜好は変遷するものなのだ。

100602ramen.jpg

 そう言えば、今回のルアーマガジンの取材の担当編集氏はハードロッカーからP-Funk好きに転身したのだそうだ。彼が着ていたファンカデリックのマゴット・ブレインTは去年も誰かが着ているのを見た。あんなのを着ている人をそうそう見るもんではないと思うのだけれど、どこかで今も売っているのでしょうか。売っているものならちょっと欲しい。

 ちなみに同行のライターは少し控えめでありながら金髪というパラドックス氏。カメラマンはあまりにもガタイがいいなと思っていたら、やっぱり寝技の得意な元格闘家なのだそうだ。

 それに一日目はワイルドフィッシュのなべちゃんにサポートをいただいた。それにいろいろと情報もいただいた。ほんとうに感謝します。

world_psychedelic.jpg

World Psychedelic Classics, Vol. 3

 その彼らが髪の毛を逆立てた京都のルアービルダーと俺を取材する。山奥や川でおおまじめに一生懸命釣りをする俺たちを、同じく一生懸命にレポートそれから撮影する、総勢5〜6名の一行という体。冷静に考えるとこれはかなり異様な光景であると思う。

 一昨日から本日にかけて、それは滞りなく執り行われたのだった。

100603kyuyoshi.jpg

 ルアーマガジンと言うと、同じブラックバス・フィッシングというカテゴリーに属しながら、俺たちトップウォーターというジャンルにはあまり縁のなかった雑誌。今までどのくらいトップウォーターがフィーチャーされていたのか知れないが、それが俺たちをインタビューや実釣をも含めて取り上げてくれることはおそらく初めてか、あるいは稀なことだと思う。

 知らない間に政局も動いていたが、政局が知らない間に俺たちも不穏に動いていたのだった。

 ルアーマガジンの英断に感謝したい。編集、ライター、カメラマンの三氏の見てくれは別にして、その真摯な姿勢には感心した。いっぺんに彼らが好きになった俺なのだ。

100603kyuyoshi.jpg

 結果は大成功と言っていいと思う。詳細は6月末発売のルアーマガジンを見てちょうだい。トップウォーター愛好家にも、それからトップウォーターに関してあまり興味のない、あるいはあまり知らないルアーマガジン読者にもインパクトがあって新鮮に映ると思っている。どうかお楽しみに。

 それにしても横浜のイベントから一日置いて三日間の取材、いやはや疲労困憊である。まさにマゴット・ブレイン?!
  • (2010-06-04 00:13:24)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275