<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>













★ Sonic Cigar SL ★


★ Lake El Salt 2012 ★


★ Slapphappy Shad ★


★ Niva ★


★ Vickitan ★


★ Slapphappy Beaver ★


★ NEZUMI ★


★ Brand New Items ★









































★ New Release Info. ★
UTAMARO RECORDS
ANTS MOTOKI - ANY TYPES OF FISHBONE ASIAN SONIC ENSEMBLE
Links
Categories
Archives
Tools
top
Fairport Convention
10/07/06/Tue.

100701kanzakigawa2.jpg

 今晩はアイアンワークス(だけれど鉄工ではなく主に木工。徹彦なだけにアイアンだと思う)北井の送別会である。3ヶ月間ほど摂津ビルヂングに居候して今日が最終日。明日は横浜に帰る。時々、水泳のゴーグルをした少年がビールを運んでくれる、豆腐料理の得意な居酒屋で一次会を終え、二次会のカラオケまで付き合って、俺は奥さんと帰って来た。

100706-1.jpg

 ルアービルダーになるつもりで前の仕事を辞めて、もう1年以上仕事をしないでいた彼が、不景気なこの時期、何とも言えない間の悪さでようやく重い腰を上げ、豊富な資金力にものを言わせて(どうやらそこそこお金持ちのようです)第一弾ルアーをうちのビルで完成させた。そろそろやらねば仕方ない、と彼も思ったのだろうが、周囲はとっくにそう思っている。「ぼくカラオケ苦手です」といった呈で煙草をふかす、そのふてぶてしさあたりも含めて、やはりやつはまだまだ若いのだ。

 ちなみに割り切ってしまうと、結構カラオケも楽しくて、ストレス発散にはなるのだけどね。ようやく最近、カラオケに肯定的な俺である。

100706-2.jpg

 彼は何を学んだか、おいおい見せていただくことにする。ま、何とも変わったやつばかりが周辺に徘徊する摂津ビルヂングではあるが、だからこそ、彼も含めた誰彼なく、教えられるところがないではない。どいつもこいつも、そして俺も、生きて行くより他ないと、最近富みにそう思うのである。

 学んで、そして、おいおい見せなくてはならないのは、俺の方なのかもしれない。

FairportConvention2.jpg

Unhalfbricking

 さて、ペンタングルと言うとフェアポート・コンベンションである。とは言え、俺にとっては順序は逆で、先に聴いたのはフェアポート・コンベンションで、実を言うとこっちの方が俺は好みなのだ。

 聴いていると、カラオケでヒートアップした気分がクールダウンされて、さらに別の高揚を呼ぶ。本来の音楽に向かう姿勢を取り戻すと言うと語弊はあるけれど、芸術性とプリミティブな欲求の両方の上に絶妙の危ういバランスでのっかることが音楽である、ということを思うのだ。

 ルアーもある種そうあるべき、と言うとおかしいだろうか。
  • (2010-07-07 02:55:14)
Online Store
10/07/06/Tue.

1005bqj-top.jpg

 本日より、Online StoreにてSonic RibotおよびBeat Queen Jointedがご購入可能です。

sonic_ribot_all5.jpg

 Beat Queen JointedはTFが1個とLFが2個のみ、Sonic RibotはTF以外なら数個づつ在庫があります。まだの人はお早めに。
  • (2010-07-06 15:17:21)
したり顔
10/07/05/Mon.

090924-3.jpg

 したり顔の写真(上)は去年のもので申し訳ないけれど、このサイズは何本か「Slapphappy Shad」で釣ったと思う。さらに下の写真は一昨年の秋、ハワイで釣ったピーコックバスだ。

081021hawaii.jpg

 「Slapphappy Shad」は、最近、どこへ行くにも最も信頼のおけるルアーのひとつなのである。そんな「Slapphappy Shad」はもうすぐリリース!

100701nishihitotsuya.jpg

 ところで、十数ヶ月ぶりに背中を痛めた。左の肩甲骨のあたりが何かの拍子に筋を違えて、ぎっくり背中とでも言うべき症状を呈する。たまらずみやこう整骨院へ。これをやると、必ずみやこう整骨院に行くので、通院記録より「十数ヶ月」ということが判明した。

 去年の冬、中国へ行った時に足をくじいたのだけれども、先日同じように同じ箇所をくじいて、それでもかばいつつ歩いたり、ストレッチをするうち、今度は背中をやってしまった。みやこうによると、両肩が固まっていることにも原因があるらしい。

 これでは釣りにも行けない。困ったもんだ。とは言え、明後日には釣りに行こうと企んではいるのだけれど。

pentangle.jpg

Basket of Light

 今晩はペンタングルを聴く。静謐にしてエキサイティング、トラディッショナルにしてアバンギャルド、フォークにしてロックである。これをミクスチュアと言う。

 少々ストイックな雰囲気が聴くものを選ぶかもしれない。十代や二十代の俺なら遠ざけた類の音楽だ。こんなのを「子どもにはわかるまい」としたり顔で聴ける俺は、随分大人になったもんだとひとりごちるのである。
  • (2010-07-06 00:33:57)
COOKIN'
10/07/04/Sun.

Cookin'-With-The-Miles-Davis-Quintet.jpg

COOKIN'

 マイルス・デイビスと言うと、多少敷居が高いという印象をこれまでの俺は持っている。妙な話し、高尚で俺のような人には評し難い、と思って来た節がないでもない。たかが音楽なのであるから、サッカーを観るのと同じく、気持ちをフラットにして、まるで中学生の頃にロックを聴いたように、これからは聴いてしまおうと思うのだ。

 全く音楽は奥が深いと思う。

100701kanzakigawa.jpg

 ところで、フライフィシングにはある種、それと同じ高尚な匂いがあって、スマートな大人の遊びであるという印象を、若い頃には持っていた。子どもの頃にはルアーフィッシングに対してもそういう印象が少なからずあったと思う。

 そういう釣りの深遠な場所にトップ・ウォーター・フィッシングはあっていいと、常々考えている。奥の方に堂々と鎮座ましまして、誰かがやって来るのを待っている。子どもが憧れはしても、実際には大人にならないと出来ない遊びであっていい。もちろんいつの時代にもませガキはいるのだけれど。

 そういうませガキ、それから新しい刺激を求めるアングラーに向けてのエントリー・モデルが津波ルアーズのプラスティコ・シリーズである。と言っても、今月リリース予定の「Mighty Arrowzinho del Plastico」でまだ2モデル目ではあるけれど。

 ただ、こいつの実力は侮るべきでない。

100702oht2.jpg

 一方、大畑君もお気に入りの「Slapphappy Shad」は、ませガキにはなかなか手の出せない、大人のためのおもちゃである。もうすぐリリース!

 それから最近ちょいちょい言われることなのだけれども、ルアーマガジンは立ち読み出来ません。今回のは袋に入って売られているので。ま、子どもでも買うわけだから、ええ大人ならどうか買って見てやってちょうだい。
  • (2010-07-05 00:35:34)
Bossa Nova
10/07/04/Sun.

100702-2.jpg

 ブラジルがアルゼンチンが・・・負けるなんていうことは、あたりまえだが彼らより強いチームがいるということで、オランダとドイツっちゅうのはもの凄く強いということなのである。特にドイツの強さは尋常ではない、と今晩の試合を見た誰もが思ったはず。

 それにしても残ってみれば、やっぱり南米と欧州である。

100702oht.jpg

 さて、ナチュラルディストーションの大畑君がやって来たので琵琶湖へ案内する。

 今年こそはデカいのを釣っていただく、もしくは見ていただくつもりで行ったけれども、残念ながら彼の湖の最高のパフォーマンスを体感するには至らなかった。巷では好釣果を聞かないではないのだけれども、俺たちが下手なのか、ルアーが悪いのか、あるいは不運なのか、そうそう上手くは行かないもんだ。だからこそ釣りはおもしろい。

joao.jpg

JOAO VOZ E VIOLAO

 ブラジルが負けたから、と言うわけではないのだけれど、今夜はボサノヴァを聴く。ボサノヴァと言えばジョアン・ジルベルトである。世の中のボサノヴァはジョアン・ジルベルトとそれ以外と区別してしまってもいいと俺は思っている。

 実際、ボサノヴァがそれほど好きではなかった俺が、初めてぞわぞわしたのがこの人のボサノヴァだった。

 サッカーは華麗でいつも強く、音楽なんて日本よりはるかに健全で、そういうのをみていると、ブラジルって豊かであると思うのだ。たとえ政情不安や治安の悪さや貧しさが未だに日本を上回るのだとしても。いつか必ず行くつもりの、アングラーの夢、アマゾンの豊かさが豊かさを育むのか?

 そういえば、もうひとつの夢である8月のパプアニューギニア、泊まりはロッジなどではなくて「ゴムの木のプランテーション」ということが判明した。そんな風に言うと聞こえは悪くはないが、そもそもプランテーションとは農園と言うことであって、宿泊施設ではないけれどとりあえず泊まることも出来ないではない、というような意味にしか、よくよく考えるとどうしても思えない。果たして・・・。

 そんなパプアニューギニアにも必ず持って行くつもりの「Slapphappy Shad」の動画はもう見ていただきましたか?動画でアクションさせているのはプロトタイプのプロップ・バージョンで、来週リリースする製品の場合、リトリーブのスピードによってはもう少し大きな振り幅でウォブルすると思っていただいていいかもしれない。その上にフラップ・バージョンはウォブルもフラッタリングもさらに強力だ。

 ぜひよろしく!
  • (2010-07-04 02:37:30)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275