<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>













★ Sonic Cigar SL ★


★ Lake El Salt 2012 ★


★ Slapphappy Shad ★


★ Niva ★


★ Vickitan ★


★ Slapphappy Beaver ★


★ NEZUMI ★


★ Brand New Items ★









































★ New Release Info. ★
UTAMARO RECORDS
ANTS MOTOKI - ANY TYPES OF FISHBONE ASIAN SONIC ENSEMBLE
Links
Categories
Archives
Tools
top
Act Against Tsunami
11/03/18/Fri.

Electric-Ladyland.jpg

Electric Ladyland

 ジミヘンのAll Along The Watchtowerを聴くと、ブルブルっと武者震いがする。悲しみを乗り越えて、よし歩き出すんだ、という気分になるのだ。

 「見張り塔からずっと」という邦題に象徴されるように、既成の社会に向けて人間的価値を掲げて立ち上がるというような、ボブ・ディラン作のこの曲の歌詞は難解ではあるけれどひも解けばそんな意味になるのだそうで、ジミヘンの演奏は見事にそれを体現しているということになる。

 そう言えば、ニール・ヤングのLike A Hurricaneもそんな気分にさせてくれる曲のひとつだ。マイナー(短調)なのに、あるいはマイナーだからこそ、ふつふつと気分を燃えさせるのが共通項だろうか。そういう気分を演出するということならば、この2曲が俺にとっては双璧である。

 さて、この頃毎日涙を流すのである。どれどれ、今日はヤマの様子を伺いついでに励ましてやるか、とメールを送る。情けないけれど返って来たメールに反対に励まされて涙がチョチョ切れる。家に帰ってTVで避難所の様子を見てまた涙がぽろり。

 それにしても「一緒に釣りに行くことを目標に頑張ります。元木さんも津波ルアーズ頑張って下さい。メキシコも胸張って行ってきて下さいね。それが励みになりますから」なんていうメールに涙を流さないわけにはいかないのである。困ったもんだ。

BeatStickAll3.jpg

 だからというわけではないのだけれど、来月のメキシコツアーを決行することにした。トップ堂のエバト君が「行きましょう」と言ってくれたのだ。メキシコで明石(アカシブランド)と俺の映像を撮りDVD化する、そしてその収益を震災のために寄付しましょう、というのが彼の提案である。明石も俺も異論があるわけはない。

 それからナチュラルディストーションの大畑君とはコラボチャリティーTシャツを大急ぎで企画中。「Act Against Tsunami」と力強くプリントするつもり。収益はもちろん寄付します。

 エバト君は千葉、大畑君は神奈川の人だから、彼らも結構たいへんだとは思うのだけれど、何かやろうという気持ちが俺にとってもありがたい。

 成田そしてつくばのヘッドハンターズもダメージはあっても元気である。相変わらず津波ルアーズを強力プッシュしていてくれるのでぜひお店に行っていただきたい。「Fishing Safari Vol.3」も絶賛発売中。

 「Fishing Safari Vol.3」と言えば、5% For Act Against Tsunamiを謳ったばかりなのに、昨日も今日も通販で買ってくれる人が数名。地味な数ではあるものの、これは嬉しい傾向だ。実を言うと、5%は結構厳しい数字なのだけれど、いくつかのお店にも賛同の声をいただいていることだし、出来る限り頑張ろうと思っております。もちろん近日リリースのBeat Stickも、この間行われた名古屋バスフェスタのスペシャルルアー(現場で売った残りを一部の取扱店に納品させていただきました)もこのキャンペーンの対象です。
  • (2011-03-19 01:16:23)
5% For Act Against Tsunami
11/03/17/Thu.

 今日もテレビで救出劇を見て涙を流した、もうすぐ48歳のおっさんである。

 何をやるべきか、いろいろなことが頭をぐるぐると巡るのであるけれど、(英語が正確かどうかはなはだ疑問ではありますが)「5% For Act Against Tsunami」と題して売り上げの5%を被災者のために寄付することにした。

 お店に卸した額の5%、通販で売った額の5%、とにかくうちの売り上げの5%を義援金にする。(現実的に管理が難しいので、定価の5%ということではなく、売り上げの5%ということ)ほんとうにわずかな額ではあるけれど、小さなメーカーとしてはこのくらいが妥当と、とりあえずのところは判断した。

 こうすれば、釣具その他を買えば自動的に寄付が出来るとなって、被災していない人が釣りを楽しむあるいはそれを楽しみにすることの罪の意識を、少しでも軽減出来るのではと思う。余暇を楽しむことだって、こういう時だからこそ精神衛生上大切なわけだから。
  • (2011-03-17 13:13:34)
Act Against Tsunami
11/03/16/Wed.

safari_vol3.jpg

 そろそろ、涙をふきつつ、とにかく動き出す時である。被災していない我々は過度に自粛せず、なるべく経済を停滞させず、前向きに行こうではないの。そうして被災地に還元する。それが我々の役目であると、俺は思うことにする。

 まずは「Fishing Safari Vol.3」を明日出荷。こんな時期だからか、たいして予約が入ったわけではなく、とても滑り出し順調とは言えないけれど。

 釣りをすること、釣具を売ることが俺の仕事なのである。音楽をすること、聴くこともずっとやって来たこと。これをなるべく止めない。これらによってひとりでも多くの人を勇気づけたい。それにこれを止めてしまうとミュージシャンだって、レコード会社だって、釣具屋だって、釣具メーカーだって食いっぱぐれる。

 例えばフットサルも出来るだけやる。そうしないとフットサル場だって食えなくなる。それに我々の心身の健康も損なうわけにはいかないのだから。被災地にボランティアに行くことが我々にとってそう簡単ではないのなら、今出来ることで、あるいは出来ることを通じて貢献するのが大事だと思う。例えば物を買うこと(買い占めるのではなくて)もひとつの貢献ではないかと・・・。

BeatStickAll2.jpg

 だからBeat Stickも予定通りリリース予定です。これにはいつも「Tsunami Lures」と入れる代わりに、「Act Against AIDS」ならぬ「Act Against Tsunami」とでも手書きで入れようかと思っている。

 それから他の直接的なチャリティーについてもいろいろと考えを巡らせているところ。何かやる。

Kind-Of-Blue.jpg

Kind of Blue

 今晩は遅くまで明日の出荷準備。帰宅して夜中のニュースを見つつ(TVは消音して)マイルスの「Kind Of Blue」を聴く。

 マイルスとビル・エバンス、そしてジョン・コルトレーン、3人の巨人の共演はこういう場合の精神の安定にも寄与してしまう。まさか彼らがそんな事態を予想していたはずもないが、それでも今ここで彼らの半世紀以上も前の音楽は鳴る。音楽とは不思議だ。

 ところで、14日のブログで俺が書いたことに対して、何人かの人に「津波ルアーズは津波ルアーズでいて下さい」との趣旨の励ましをいただいた。勇気づけられました。俺が勇気づけられていてどうする?!と思いました。ほんとうにありがとう。
  • (2011-03-17 02:23:26)
ヤマからの電話
11/03/14/Mon.

yama.jpg

 今日、うちのお客さんで今となっては友人でもある、宮城のヤマ(メキシコ名をジャマとも言う)から遂に電話があった。(追記:下の12日づけのコメント欄にはやつからの書き込みも。ヤマ(ジャマ)、ありがとう。)

 メールのやり取りでやつの無事は確認してはいたものの、iPhoneに出た発信者の名前を見たとたん涙が出そうになった。電話に出て声を聞くとまたしても涙がこみ上げる。何とか涙をこらえつつ、やつと家族と仲間の無事を確認して短めに話を終わらせる。俺と同じくトップウォーターのルアービルダーであるダッチラボのアダチもその家族もとりあえずは無事なのだそうだ。

 電話を切ったとたん、こらえた涙が溢れ出して止まらなかった。予想外に突然で、しかも大量の涙だったから、俺自身が驚いた。いくら歳を取ったとは言え、こんなに泣けてしまうとは。

 名古屋のバスフェスタでは友人を通じて、スペシャルカラーのルアーを買ってくれたお客さんがいた。彼は自衛隊員である。もちろん彼はイベント現場には来れないから友人にこれを託したわけだ。彼がうちのルアーを(もちろん比喩的な意味で)携えて被災地に赴くことを勝手にイメージして救われた気がしたのである。

 今日その彼とメールでやりとりしたところによると、実際は現地に赴くのではなく、今のところは違う仕事にあたって前線をサポートする側にあるらしいが、それでも「次に津波ルアーズで釣りに行くことを楽しみに頑張ります」という文面にとても勇気づけられた。DVD「Fishing Safari Vol.3」も予約してくれたようだ。ただ、これをお店に取りに行くこともままならないそうだけれども。

 「津波ルアーズ」というブランド名にはご批判もあると思う。被災した皆さんの心情を考えると、近い将来これを変えてしまうことを真剣に考えることが必要かもしれない。スマトラ沖地震の時もそうだったが、とても心が痛むし、こう見えてとても気弱な俺ですから。ただ、バンド名でもあったこの名前ともう十数年に渡って寄り添って来た以上、批判の目に晒されるのもその責だと思っている。

 ハワイの津波のことも気になって、ふとちのちゃんのブログを覗いてみた。そこに書かれた誰かの言葉に感銘を受ける。「嵐の海で後を振り返って、迫りくる巨大な波を見た漁師は恐怖にお怯え、帰ってこれないことが多い。だから、後を振り向かずに前方の波をうまく越えることだけを考えて前に進む」阪神大震災の時にも感じたが、我々は前を向いて進むしかない。
  • (2011-03-14 20:29:01)
名古屋
11/03/12/Sat.

 言葉もない。それでも何かを書かなければと思いPCに向かう。

 いろいろと葛藤があって主催者は名古屋バスフェスタを決行することにしたのだということが伺い知れたし、参加する側にももちろん葛藤はあってこれにのぞんでいる。参加者の中にももちろん被災した人はいるし、仲間や家族が被災した人もいる。それでも何とか前向きにこれに向かうことにしたということだ。なにしろ我々は人生を賭してこれに取り組んで来たのだし。

 我々は停滞することを望まず、前進しつつ、売り上げの中からいくらかでも被災地に還元することを選んだ。現場へ簡単に向かえないし、我々も生活しなければならないし、これからも夢を持たなければならないし、夢を提供しなければならないのであれば、それはひとつの選択肢であると思う。今日訪れた多くのお客さんにも賛同をいただいたものと思っている。

 我々は間違えながら、何とか修正しつつ生きている。これを間違いだとは思わないが、甘んじて批判を受け入れる準備は出来ている。とにかく今誰もがどうして生きていこうか一生懸命考えているのだと思う。

 被災された皆様にはお見舞いを、亡くなられた皆様には謹んでお悔やみを申し上げます。
  • (2011-03-13 00:48:15)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275