<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>













★ Sonic Cigar SL ★


★ Lake El Salt 2012 ★


★ Slapphappy Shad ★


★ Niva ★


★ Vickitan ★


★ Slapphappy Beaver ★


★ NEZUMI ★


★ Brand New Items ★









































★ New Release Info. ★
UTAMARO RECORDS
ANTS MOTOKI - ANY TYPES OF FISHBONE ASIAN SONIC ENSEMBLE
Links
Categories
Archives
Tools
top
Storato
11/03/28/Mon.

Band-Of-Gypsys.jpg

Band Of Gypsys

 「Sonicmaster MM-4600SD」の撮影に使おうと思って、持っているストラトを全部引っ張り出す。'65と'73、それから'81年くらいの50年代のリイシュー。どうでもいいことだけれど、製造年代とは逆に俺が所有している期間は'81が一番長く、次が'73、そして'65となる。'81と'73はもう20年以上、俺の手元にある。

 うちの工房が火事になった時、'65のフェンダー・デラックス・リバーブというアンプや、ヴィンテージのロッドやABUなんかのリールは残念ながら、ほんとうに残念ながら焼けてしまったのだけれど、たまたまこれらは自宅に置いてあって難を逃れた。アンプやタックルが焼けたことには涙チョチョ切れたものの、こいつらが無事だったことは救いだった。

 考えてみれば、今回の災害でこういう愛器を失った人も多いのではないかと思う。もちろん最愛の人を失うことに比べればなんてことないかもしれないけれど、それはそれでとても寂しいであろうことは容易に想像がつく。

 手に取って思わずストラップを肩にかけ、ジミヘンのフレーズなんかをつま弾くと、とたんに気分が高揚していくのがわかった。エレキギターってそういうものなのだ。またバンドがやりたくなって来た。

Sukiyaki60HFlyer.jpg

 さて、そういう愛器にも等しいタックルを、津波ルアーズは提供したいと日々考えるのだ。というわけで「Sonicmaster MM-4600SD」と「Sukiyaki 60 H 2nd」の詳細をupした。ぜひ見ていただきたい。

SonicmasterMM-4600SDFlyer.jpg

 リリースは来週。少し前に取扱店にご案内を差し上げたところ、というか、案内を差し上げる前からどちらも既に予約が来ていて、「Sonicmaster MM-4600SD」のForest Shiny Greenは既に抽選が確定。Candy Apple Redにはまだ余裕があるので、こっちの方が確率は高いかもしれません。
  • (2011-03-28 15:21:54)
Birth of Products
11/03/27/Sun.

Birth-Of-The-Cool.jpg

Birth Of The Cool

 随分前に買ったマイルスのアルバム。ジャズ史においても決して無視することの出来ないアルバムである、という価値が今では理解出来る。悪くない、と今聴いていて思う。ただし、これが何を置いても聴かなければならないマイルスであるかというとそうではない。

 これでなくて、例えば最近俺が衝撃を受けた「Four & More」を聴いていたならば、事態は大きく変わっていたのかもしれない。もう少し早くジャズを理解出来たのかもしれないと思うのだ。人生とは回り道である。

 そんなわけで、個人的には50年代後半から60年代前半のマイルスをまず聴くのがいいと思う。

 さて、「バスと釣り人」が送られて来た。わかっていただける人がどれだけいるのか知れないが、俺のコラム「SOUND STRUCTURE」に誤植がある。

 『ボーカルだけのブレイクの後、「キリリリリリリリ?」というトレモロでそれはまさに不意に始まって、やがて専売特許のピッキングハーモニクスが絶妙のタイミングで「ピキ?ン」と入る。』という文があるのだけれど、これだとニュアンスが伝わらない。擬音の部分に二カ所間違いがあって、正しくは「キリリリリリリリ〜」と「ピキ〜ン」である。「〜」がどういうわけか「?」となってしまう変換ミス。たった二カ所ではあるけれど、ここはとても大切な部分であるだけに、悲しい思いをした俺です。

 雑誌には時々こういうことがあって、自分が書く側としてかかわる雑誌ともなれば特に、とても残念な思いをする。ルアーを作ったりデザインしたりすることと同じで、文章も並々ならぬ思いを込めて書いているから。

 以前にも同じことがあって、それはそれでわかってくれているだろうと勝手に解釈してしまった俺にも責任の一端はあるのだけれど、今回は編集者にも注意だけはしておいた。反省中のようである。

 ミスはあるし、取材に来ると言いつつ一向にやって来ない「バスと釣り人」ではあるけれど、津波ルアーズ・オリジナルDVD「Fishing Safari Vol.3」には熱のこもったレヴューを提供していただいているので、どうか買ってやって下さい。ま、その誤植にしても見どころと言えば見どころ。

safari_vol3.jpg

 それにしてもこのDVD、震災前に告知して震災直後にリリースという、タイミング的に憂き目にあってしまったこともあり、なかなか出足好調とは言い難い。釣りのDVD史に一石を投じる、インディペンデントからの小さなチャレンジではあるけれど、もっともっと多くに人に観ていただきたいと願う。

BeatStickAll3.jpg

 いよいよ近日発売の「Beat Stick」も震災後初のリリースとなるルアーである。もちろんこれにだって並々ならぬ思いは込められていて、それが出来るだけ多くの人に伝わればいいな、と思うのである。金曜日あたりにリリースです。昨日も書いたけど、PVが出来たので見てやってちょうだい。

 そう言えば今号のトップ堂の「釣り人よ大志を抱け!」に俺がルアー作りにタッチしていないようなニュアンスの文があるけれど、そんなことはない、と言っておく。ブランクの穴空けを俺がやることもあるし、もちろん色を塗ることもある。リグ組みをすることだってあるのです。もちろんサインは俺の手書きだし。

 ちなみに名古屋バスフェスタ用に作ったスペシャルのウッドルアーは、全て俺が塗っております。自慢じゃないけれど。

actagainsttsunami-t.jpg

 ところで嬉しいことにチャリティーTeeの反響が予想以上です。既に製作数量を大きく上回る予約が来てます。そんなわけで、予約は予定通り29日に締め切らせていただき、その後不足分を再発注します。再発注分が納品(4/5前後の予定)された後、一斉に出荷する運びとなりますので、どうか御了承を。
  • (2011-03-27 14:35:40)
Beat Stick PV
11/03/26/Sat.



 デヴィッド・バーンの「Rei Momo」なんかを聴きつつ、このPVを見ると、これがなかなかしっくりくる、と言うのは、これを書きつつ「Rei Momo」を今聴いていて発見した。

 デヴィッド・バーンのこのアルバムはどちらかと言うと、一般的にはラテンではあるのだけれど、根源的な意味で言うと、これはファンキーなリズム、つまりファンクなのである。賢明な音楽ファンであるならば、これがこじつけでも何でもないことをおわかりいただけるはず。

 まさにこのルアーの刻むビートはファンクということだ。

rei_momo.jpg

Rei Momo

 このPVの撮影日は、淀川にはよくあることで、風が少々水面を波立たせていた。そんなわけで、そんな場合の撮影場所は鳥飼大橋のたもとの水たまりということになる。この日、太陽は出ていたから、大きなミドリガメが甲羅干しをしているすぐ隣で撮影を敢行。

 大橋のたもとであるから行き交う車の音が多少うるさいと思う。それでもこの音量で聴こえてしまう、このプラグが刻むビートにも注目していただきたい。
  • (2011-03-26 14:37:15)
Rush !
11/03/25/Fri.

BeatStickBN-TSB2.jpg

 昨日ご案内した「Beat Stick」には久しぶりにPsyche Frog(PF)とKINGYO(KNG)を塗った。それからボーンを描いたTSBも復活。懐かしく、あるいは嬉しく思ってくれる人が、また中には新鮮に思ってくれる人がいてくれるといいのだけれど。

 「Beat Stick」は来週リリース。もうすぐ詳細をProductsにUP、それから動画は明日にはUP出来る予定。カラーによって付属のプロップの種類が違うのでお間違いなく。アロウジーニョ・プロップ(1.0mm)はCFとAF-CHとKNGに、エディー・プロップBBS-BLとPFとBN-TSBに付きます。

SonicmasterMM-4600SD.jpg

 そうこうしているうちに「SonicmasterMM-4600SD」と「Sukiyaki 60 H 2nd」のリリースもいよいよ間近なのである。

 こうしてまともな「SonicmasterMM-4600SD」の写真をお見せ出来るのはこれが初めてだ。なにしろ完成した姿を拝むのは俺だってこれが初めてなのだから。ベースカラーのフォレスト・シャイニー・グリーンとキャンディー・アップル・レッドもとてもいい色だし、それにパーミングガード、キャスコン・ノブの配色も絶妙で、「かっこええ!」と俺がひとりごちるのもおわかりいただけるのではないかと思う。

sukiyaki60h2nd3.jpg

 「Sukiyaki 60 H 2nd」のカラーリングだって負けていない。不思議な深みを醸すレイク・ビワ・ブルー、こんなカラーリングのロッドにはあまりお目にかかれないと思う。

 「SonicmasterMM-4600SD」と「Sukiyaki 60 H 2nd」は再来週のリリース予定。DVD「Fishing Safari Vol.3」、ナチュラルディストーションとのコラボ・チャリティーTシャツ、「Beat Stick」に引き続いてのリリースであるから、これはもうリリースラッシュと言っていい。幸か不幸か、計らずもそうなってしまったわけで、入荷したものを温存しておく余裕なんて津波ルアーズにはとてもないから、これはもうどんどん突き進むしかないのである。

1103TopDo.jpg

トップ堂 No.54 2011年 05月号

 ところで今回のトップ堂には「釣り人よ大志を抱け!」に俺が登場するし、いつものエッセイ「Tsunami Angle」もあって、これはもう見どころ満載であるので、どうか買ってやっていただきたい。

Four-&-More.jpg

Four & More

 そういう俺は、マイルスの「In Europe」と「Highlights From Plugged Nickel」それから「Esp」をネットで買った。

 いろいろなマイルスを聴くにつけ、50年代後半から60年代前半の作品がどうやら俺の好みではないか、との結論に達しつつある。特にこの'64「Four & More」は際立っていて、その周辺のアルバムがどうしても欲しくなったというわけだ。

 ちなみに同じく'64の「In Berlin」は持っているのだが、これは残念なことに各楽器のバランスに若干の不満がある。さて、これらはどんな感想を俺にもたらしてくれるのか。
  • (2011-03-26 01:57:19)
Beat Stick
11/03/24/Thu.

BeatStickTop.jpg

 前回のMighty Arrowzinho Tandemのリリースからとても多くの時間が過ぎたような気がする。いろんなことがあってお知らせが遅くなりました。Beat Stickのリリースは来週に決定。明日には詳細をProductsのページにUPする予定だけれど、その前にここに紹介しましょう。

-----------------------------------

Beat Stick
(ビート・スティック)

with Neo Beats Cup [Jack size]
Length:102mm
Weight:1 oz over class

ラッカー・フィニッシュ

Color
Black Bone Shad Blue (BBS-BL)
 with Eddy Prop
Crazy Fish (CF)
 with 1.0mm Arrowzinho Prop
Aztec Fish Chartreuse (AF-CH)
 with 1.0mm Arrowzinho Prop
Psyche Frog (PF)
 with Eddy Prop
KINGYO (KNG)
 with 1.0mm Arrowzinho Prop
Bone Tobacco Sunburst (BN-TSB)
 with Eddy Prop

¥8,190 (本体価格¥7,800)

 カップが可動する、津波ルアーズがオリジネーターのこのシステムを搭載した、ノイジーというジャンルにおいても際立ってノイジーなサウンドを発するネオ・ビーツ・シリーズ。このシリーズに数年前からプロトとして存在するBeat Stickが遂に加わる。

 ベリーのえぐれは形の上でのちょっとした冒険とフラッシングの効果を狙ってのもの。このえぐれとスリムなボディー、そしてフロント部分の角度を他のネオ・ビーツ・シリーズと比べて少し寝かせることによる水平方向の振れ、それからもちろんリアのプロップ(1.0mmアロウジーニョ・プロップもしくはエディー・プロップ)によるサウンドが特徴。ただ引きのみならず、移動距離が少なく金属音を伴うターンも効果的。

 少し跳ねた複合的なビートは、リトリーブすることによって可動式カップが空気をはらむ音、そのカップがアルミリベットと当たる音、さらにはリアのプロップの回転音、それら全体が水を掻く音が規則的に繰り返されることで刻まれる。それはあまりにもテクニカルな、例えばフュージョン的と言うよりは、ちょっと引きずるようで泥臭く、しかもぐねぐねとした、まさにファンクと言っていい。それがどうにもバスをいらいらさせて、そして遂には襲いかからせるのだ。

BeatStickFlyer.jpg

 下の写真はY・STYLE別注。2006年のうちの工房の火事で焼け残った貴重なブランクの中から、カエルBとビート・カエルBを塗りました。火事でも生き残った、俺のように悪運の強いルアーであるわけだから、これは縁起物と言っていい。Y・STYLEにて絶賛発売中。

y-style-kaeru-b.jpg

 Beat StickもカエルB、それからビート・カエルBも「5% For Act Against Tsunami」のキャンペーンの対象。つまり、買っていただけると、自動的に一部は東日本大震災の義援金として寄付されます。

banner.gif

 津波ルアーズでは "5% For Act Against Tsunami" と題して、(2011年3月より)売り上げの5%を東日本大震災の被災者のために寄付することにしました。

 東日本の大震災それから大津波、信じられない出来事に際し、誰もが今、前を向こうと一生懸命です。津波ルアーズが掲げる "Love Fishing, Music & Peace" 釣りや音楽や平和を愛する心が、あるいは津波ルアーズのタックルを買うことが、辛い思いをする人たちを少しでも勇気づけ、そして "Act Against Tsunami" つまりは被災という事実に向き合う手助けになれば幸いです。

※ "5% For Act Against Tsunami" は無期限です。出来る限り継続する所存ですが、遺憾ながら継続不能となりました場合には当サイトを通じてお知らせ致します。
  • (2011-03-25 01:33:17)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275