<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>













★ Sonic Cigar SL ★


★ Lake El Salt 2012 ★


★ Slapphappy Shad ★


★ Niva ★


★ Vickitan ★


★ Slapphappy Beaver ★


★ NEZUMI ★


★ Brand New Items ★









































★ New Release Info. ★
UTAMARO RECORDS
ANTS MOTOKI - ANY TYPES OF FISHBONE ASIAN SONIC ENSEMBLE
Links
Categories
Archives
Tools
top
メキシコ前
11/04/11/Mon.

zopilote.jpg

 「最近、またバモノスを観ているんです」とマニア谷口からメールがあった。「バモノス」とはアカシノリチカコマツヤマシナとメキシコに初めて行った時に撮ったビデオのタイトルだ。さすがマニアと名付けただけのことはある。「やっぱ衝撃的でしたね〜」とやつが言う通り、もちろん俺にもあれは衝撃的だった。あれからもう7年あまりもの時が過ぎた。メキシコに行った回数も10回を越えたと思う。

 それなのに、実を言うと、何日か前から既にドキドキとし始めていて、出発を明後日に控えた今やドキドキし過ぎて体調が悪い。こういう緊張のストレスは抵抗力を奪うのだそうだ。何やら風邪とも花粉症ともつかないような症状で、足が地に着かない。何度行ってもいつもこうだ。ほんとうに困ったもんである。

 震災という大きな出来事があり、その後Fishing Safari Vol.3に始まり、Beat StickSukiyaki 60 HSonicmaster MM-4600SD、それからチャリティーTシャツと出荷も続いたし、次にリリースのSlapphappy Shad Grandeの段取りもあった。何かとどたばたしていて、ようやく今日から本格的に準備をしている次第。準備し始めると、さらに宙に浮いて歩いているような感覚がある。待ちわびたプラスチックのペンシルの2ndプロトの修正バージョンは明日になってようやく届くとようやく知らせがあったから、2cmくらいは浮いた足が下がったが。

 「毎回自分のことのように・・・」とマニア谷口が言うように、いろんな人から「頑張って来て下さい」と激励の言葉をいただくのは、彼らも多少はわくわくしていただいているということなのだろうか。

 バモノスを観た人にはわかると思うが、やつは「ソニックバードもまた投げてきて下さい」という。いつものように持って行くルアーが多過ぎて、ソニックバードは置いて行こうかと思っていたけれど、やっぱりタックルボックスに入れておくことにした。

Chet-Baker-Sings-and-Plays.jpg

Chet Baker Sings And Plays

 気持ちを鎮めようとチェット・ベイカーを聴いてみるけれど、今夜ばかりは効果がない。寝れるかな。
  • (2011-04-12 01:12:09)
Act Against Tsunami
11/04/10/Mon.

actagainsttsunami-t3.jpg

 メキシコ遠征を翌々日に控えた明日、ようやくナチュラルディストーションとのコラボ・チャリティーTの出荷にこぎ着けました。オンラインでご予約いただいた個人向け、取扱店向け、どちらも一斉に明日発送です。

 たくさんのご予約いただいた皆さん、お待たせしました。そしてありがとうございました。このTシャツの収益の全ては東日本大震災の義援金として、責任を持って寄付させていただきます。詳細の報告まで今しばらくお待ちを。

 Tシャツに込めた"Love Fishing, Music & Peace" 釣りや音楽や平和を愛する心が、辛い思いをする人たちを少しでも勇気づけ、そしてそれが"Act Against Tsunami" つまりは被災という事実に向き合う手助けになることを願います。

 これで終わることなく、今後も津波ルアーズは被災地を、それから復興に携わる人々を、津波ルアーズに出来る形で応援します。
  • (2011-04-11 02:29:15)
Tsunami
11/04/08/Fri.

lake_el_salt.jpg

 Tsunami・・・畏怖を込めて、その昔、日本の誰かが発したこの言葉は世界共通語となった。

 十数年前、Macのマザーボードにこの言葉が冠せられている(確認したわけではないけれど)と聞いて、その頃決めかねていたバンドの名前を「津波」に決めた。世界に通じる日本語であるということと、同じような力強さで世間を席巻したいという思いがそこにはあったのだ。人々を、そして文明をも飲み込んでしまう、と言うことは捉えようによっては反体制的でもあり、それはロックをやる上での決意表明であもあった。

 しばらく後におこすことになったルアーブランドにも、同じ思いで「津波ルアーズ」と名前をつけることになる。

 釣りは自然と対峙する遊びである。それは人間が母なる自然と向き合って生きること、つまりは人生の象徴だ。自然から豊かな実りを得ることもあれば、癒されることもある。しかし、どれほど策を労しても、その前にはまるで意味をなさないということもある。それに、そもそも人間はその一部にしか過ぎない。

 雄々しく猛々しく、そして非情な自然のシンボルである「津波」という言葉をブランド名に冠することは、後々いろいろと考えるにつけ、やっぱり悪くないと思えるようになった。あまりに大いなる存在ゆえに、名前負けして気後れすることはあるし、それに今回のように批判を恐れるあまり挫折しそうになることがあったとしても、それを跳ね返すことがブランドとしての気骨とも言える。

 もうしばらくはこの名前で頑張ってみようと思う。

baka_beyond.jpg

Rhythm Tree

 さて、強く自然を意識させてくれる音楽がある。カメルーンのバカ族(ピグミー)とヨーロッパのアーティストたちによるBaka Beyondである。彼らの織りなすサウンドは、地球の一部としていったい我々はどうあるべきかを、懐かしさと暖かさをもって人類生誕の地アフリカから問いかけるようだ。

 今朝、ケニアの孤児たちが、日本に向けて応援歌を歌うのをTVで観て、また泣いた。孤児であるという彼らの境遇もさることながら、子どもと言えども、ゴスペルのルーツともなったであろう、アフロに特有のあの歌い回しやリズムは、俺の心を大きく揺り動かしてしまうのである。

actagainsttsunami-t2.jpg

 お知らせとお断りです。

 チャリティーTeeを購入していただいた多くの皆様、ほんとうにありがとうございます。

 予想を上回る予約をいただいて追加製産していることで、出荷が当初の予定より遅れてしまい申し訳ありません。プリントの版代などをサービスしてくれることでチャリティーにも協力していただいている発注先も、とても頑張ってくれていますが、何日かずれて入荷ということになりそうです。

 来週中には順次出荷する予定ですが、津波ルアーズ元木が13日よりメキシコに行くこともあり、取扱店およびお客様にお届けする日程に時差が出来てしまいますことを何卒御了承下さい。
  • (2011-04-09 01:30:58)
A Change Is Gonna Come
11/04/06/Wed.

OtisBlue.jpg

Otis Blue

 今夜はソウルを聴く。オーティス・レディングである。

 「A Change Is Gonna Come」がいい。この曲はサム・クックがボブ・ディランの「Blowin' In The Wind」に触発されて作った曲なのだそうだ。それをオーティスが歌う。

俺は河のそばのテントで生まれ
そしてこの河の流れと同じようにずっと走り続けて来た
随分長い時が過ぎ去った
でも俺は知っている 変化は訪れるんだ

オーティスの出所のわからないベストアルバムを俺は持っていて、それにこの曲が収録されている。どうもそのへんが気色悪いので、これを機に「Otis Blue」というアルバムを買うことにした。

SonicmasterMM-4600SDwithStorat.jpg

 さて、前回はリリースと同時にすぐに売り切れてしまった「Fishbone」の新バージョンのサンプルをただ今製作中。今日はその打ち合わせを少し。今度のは、カラーを変えることはもちろん、もう少しグリップ部を長くするつもり。これをメキシコへ持ち込もうと思っている。

 明日は「Sonicmaster MM-4600SD」と「Sukiyaki 60 H」の出荷である。

sukiyaki60h2nd3.jpg

 「Sonicmaster MM-4600SD」はご予約数に数量が足らず、抽選となりました。ご迷惑をおかけしますが、何卒御了承を。「Sukiyaki 60 H」は少しだけ在庫が出来ました。検討中の方はお早めに。
  • (2011-04-07 02:23:03)
Slapphappy Shad Grande
11/04/05/Tue.

accordion-man.jpg

 旅に出たくなる、キャレキシコの音楽にはそういう作用がある。就寝前のひと時、彼らを聴いて、そしてブログに手をつける。

 今日はSlapphappy Shad Grandeのカラーサンプルに着手。メタルスケールとアズテック・フィッシュ、それからサンバーストは何らかの形で採用決定かな。カラーパターンのテンプレートは、塩ビのシートを過熱してボディー型に成型し、それをデザインカッターで切り抜いて作る。Slapphappy Shad Grandeはボディーが大き過ぎて、塩ビのシートを斜めに使ってようやく収まった。

 メキシコにもこのサンプルのいくつかを持って行きたいので、下地処理もそこそこにベース色を塗っておいて、せっせと塩ビのシートを切り抜くのである。

110405.jpg

 フットサルを終えて帰る道すがら、いつもの津波ルアーズ・フリークからメールが入る。Beat Stickで早速のバースデープレゼントだそうだ。Beat Stickでの一番乗りの魚の上に、50upなんて、相変わらずやつはとても気が利いている。

Garden-Ruin.jpg

Garden Ruin
  • (2011-04-06 02:13:12)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275