<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>













★ Sonic Cigar SL ★


★ Lake El Salt 2012 ★


★ Slapphappy Shad ★


★ Niva ★


★ Vickitan ★


★ Slapphappy Beaver ★


★ NEZUMI ★


★ Brand New Items ★









































★ New Release Info. ★
UTAMARO RECORDS
ANTS MOTOKI - ANY TYPES OF FISHBONE ASIAN SONIC ENSEMBLE
Links
Categories
Archives
Tools
top
Zurich
11/05/04/Wed.

Waltz-For-Debby.jpg

Waltz for Debby

 休日の昼下がり、TVを消してビル・エヴァンスのリリシズムに浸る。現実は恐ろしくハードではあるけれど、ひとときそれを彼方へと運び去って、やがて気持ちを明日へと向かわせてくれる。ビル・エヴァンスの人生だって相当にハードだったはずなのだけれど。

 今日は神戸で嫁方の家族と飯を食って、その後、徳島の実家へ帰省する。ゴールデンウィークの渋滞は御免こうむりたいが、嫁の兄夫婦それからうちの弟家族の帰省に合わせようとすると、これも致し方ない。

 これから先、そういう機会がどれほどあるのかと思う・・・などと言ってしまうと、人生も昼下がりといった感がなきにしもあらずではあるものの、でも、ほんとうにそうだなあと感じてしまう今日この頃ではあるのだ。

Florian_with_AATT.jpg

 そんな折り、スイスではAct Against Tsunami Tee(寄付額の集計発表はもう少しお待ちを)を着たフロリアンがチューリヒのフィッシングショーでプレゼンをするのだ。

 海を越えてはるかヨーロッパ、しかもスイスなぞという、なかなかイメージのつかみ辛い場所で、俺が作ったルアーだとかTシャツだとかが人目に触れているという現実には、なかなか実感はわかないし、その先に少しでも花開く見込みがあるのかどうかもまるでわからない。でも、フロリアンの奇特さ、あるいはクレイジーさは、我々にとってとても貴重だと思っている。
  • (2011-05-04 13:24:36)
Hungarian Speed Folk
11/05/03/Tue.

110420OC-etc.jpg

 昨日はどうも空が霞みがちで、黄砂だろうかと思っていたら、今朝のニュースでそうであることがわかった。目の中に異物感があったりとか、喉がいがらっぽかったのはそのせいか。

 今朝はハンガリアン・スピード・フォークを聴く。トランシルバニアンズという謎のバンドである。ハンガリーではおそらく謎ではないと思うけれども、日本では情報がなくて、気に入って二枚のアルバムを所有している俺にも詳しい素性がわからない。

Slphp-Shd-GRD-BN.jpg

 ただわかるのは、彼らのサウンドはロマ、つまり東欧よりのジプシーのフォークミュージックにロックのエッセンスを加えた、まことに愛すべきものであるということ。可愛らしい女性ボーカルのマッチング具合にも和むのだ。

 素性はわからなくとも、言葉がわからなくとも、聴こえる音が全てであるところが音楽の素晴らしさだ。

Igen!.jpg

Igeni!

 そう言えば、俺がルアーメーカーではなかった頃、バスフィッシングを始めて間もない頃、ルアーの選び方は多分に直感的だった。今よりも純粋であったということかもしれない。釣れそうなルアーだったり、どう考えても釣れなさそうなルアーだったり、おもしろそうなルアーだったり。

 結局のところ、そういう感性に訴えるのがルアーの本質なのだ、と最近あらためて思う。
  • (2011-05-03 10:51:45)
Glamourous
11/05/02/Mon.

Slphp-Shd-GRD4.jpg

 春眠暁を覚えずと言うけれど、そういうことではなくて、未だ時差ぼけの後遺症で、夕べは12時前にしてダウンした。そして7時前に目を覚ます。一見健康的ではあるものの、どうも眠りが浅いような気がしてしょうがない。

 それにしてももう5月なんだなあ、早いもので。連休が終わるあたりから俺のシーズンはいつもスタートする。いよいよだ。Slapphappy Shad Grandeとプラスチックのプロト・ペンシルは、使っていて今シーズン最もワクワクするアイテムになるはずだ。それ以外にも、アイデアは先日のメキシコ・ツアー以来、既に頭の中にいくつか描かれつつある。

 そう言えば、エバっちゃんが「メキシコ・キャンプ」とくしくも言った。つまりこれはプロ野球チームが暖かい場所でトレーニングのためのキャンプをはるのと一緒であるということ。なかなかうまい考えであると思った。来年からは「メキシコ・ツアー」ではなくて「メキシコ・キャンプ」と呼ぼう。

lowbite5.jpg

 ところで、ルアーなんて適当に作るもんだと思っている。難しく考えずに楽しんで作る、それは俺の美学でもある。

 俺のような適当さと相反する緻密さが同居する、そういう度量の大きさがバスフィッシングの、いや釣りの魅力なのであると、俺は常々思うのだ。

 Low Biteの一周年記念 がんばれNIPPON号の中でまつもっちゃんは俺のことを「適当かもしれないが水準は高い」と言った。嬉しい評価だ。

With-The-Beatles.jpg

With the Beatles

 「With The Beatles」はビートルズがアーティストとしての悩みを未だ深刻に抱える以前、若々しいエネルギーで嬉々として音楽を作っていたであろう頃の演奏だと思う。カバーにはアメリカ音楽への憧憬も見て取れる。

 こういう姿勢を保つことは彼らにしたところで難しいと思うのだけれども、その後の彼らの作品は音楽に対するフレッシュなクリエイティビティを見事に体現していると思う。

 ロックはヘタウマと言われるようなそれこそある種適当な表現と、そうではない緻密な表現の両極の中にあって、だからこそグラマラスなのである。
  • (2011-05-02 09:59:21)
Slapphappy Shad Grande PV
11/04/30/Sat.



 Slapphappy Shad GrandeのPV出来ました。
  • (2011-05-01 00:32:36)
Slapphappy Shad Grande
11/04/30/Sat.

LucidDream.jpg

ルシッド・ドリーム

 前妻から本が送られて来た。彼女が書いた3冊目の本が講談社から出たのである。随分前から彼女が興味津々だった明晰夢がテーマの小説。冒頭を少しだけ読んだが、描写が本当に小説家みたいになった。

 その通り、彼女はすっかり小説家で、俺は少々置いてけぼりを食ったような、そんな気分である。ただし、彼女に文章のいろはを教えたのは俺だ、と俺は自負している。彼女が何と言うか知れないが・・・。ま、しかし、そこから先の発想だとか、表現だとか、そういう部分に至ってはやつの才能を認めないわけにはいかないな。

 ぜひ買ってやって下さい。

wings.jpg

Wings Over America

 そういう俺も負けてはいられないので、本日はウィングスを聴きながら、せっせと次のルアーのフライヤーとか、詳細とかを作るのである。

 それにしてもやっぱりウィングスはこのライブ・アルバムがいい。中高生当時はこれ、アナログの3枚組みで、高くて手が出なかった。友だちのを聴かせてもらったり、豪華なジャケットの中味を覗かせてもらったり、そりゃもう羨ましかったもんだ。

 内容だって、これはもうビートルズ以降のポール・マッカートニーのひとつのピークと言っていいだろうと思う。Venus and Mars / Rock Show / Jetのメドレーに小躍りし、The Long And Winding RoadやYesterdayに涙する。これら込みの29曲は充実のヴォリュームである。

 さて、俺が作るルアーも、そんな風に中高生の憧れになったりはしないだろうか。Slapphappy Shad Grandeは連休明け、10日前後のリリースとなる。

Slphp-Shd-GRD-Top.jpg

Slapphappy Shad Grande [Prop & Flap]
スラップハッピー・シャッド・グランデ [プロップ&フラップ]

Length:133mm
Weight:1 1/2 oz class

ラッカー・フィニッシュ

with Tres Cactus #1/0

Color:
Prop(with Eddy Prop)
Aztec Fish Fluorescent Pink(AF-FP)
Metal Scale Black(MS-BK)
Bone Tobacco Sunburst(BN-TSB)
Flap(with Pick Flap)
Aztec Fish Chartreuse(AF-CH)
Metal Scale Gold Side(MS-GS)
Psyche Oikawa(PO)

¥9,450
(本体価格¥9,000)

リトリーブによって可動式リップがリズムを刻み、独特の曵き波をともなってウォブリングする、スラップハッピー・シャッドにグランデ登場。1.5ozクラスの圧倒的な存在感で強烈にアピール!

プロトタイプは昨夏(2010年)以降、琵琶湖で数本、奈良のダムでも1本の50upを獲るなど、充分な実績。

プロップ・バージョンはエディー・プロップがチョリチョリと回転して水を切りつつ若干控えめにボディーをウォブリング、フラップ・バージョンはピック・フラップが水を受けチャキチャキと左右に、そしてそれとは反対方向にテールがくねくねと振れる。それぞれに特有のサウンドとアクションが時には釣果に差をもたらせることも。

こんなに大きなプラグで実際にバスが釣れてしまう、ちょっとした驚きを、このプラグによってぜひ味わっていただきたい。そうすれば、バスフィッシングってやっぱりおもしろい、とあらためて思っていただけることでしょう。そしてあなたはルアーフィッシングの原点に返る。


Slaphappy, Slapp Happy & Slapphappy:
Slaphappy は「(パンチを食って)ふらふらの; 上きげんな; でたらめの」と言うようなパンチ・ドランカー状態をさす言葉で、そこから派生して呑気で楽天的な生き方を表す言葉として用いられる。
また一字違いのSlapp Happyは70年代初頭に端を発する一部で伝説的なバンド。アメリカ、イギリス、ドイツの混成ユニットで、そのボヘミアン的音楽性はプログレッシブでポップでアバンギャルドである。

Slphp-Shd-GRD-flyer.jpg
  • (2011-04-30 19:13:59)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275