| Comments | << >>

このブレードは、その細長い形状ゆえ、従来のバズやフラップテイル、スウィッシャーなどとは全然異質の「ポロポロリン」という感じのサウンドを奏でる。そのサウンドを活かすには基本的にただ引きが効果的ではあるが、本体がひっくりかえってしまうような超速引きや、逆にデッドスロー引き、またはステイ、トゥイッチ、ジャークなど、様々なアクションでバイトが得られる。川などでは、弱めの水流でも回転するので、ステイはより有効。
 
また、特筆すべきは、曲げ方によってサウンドが柔軟に変化すると言うこと。例えば大きく曲げると、バイブレーションも増大し、比例して音もでかく、大袈裟になる(当然、曲げ過ぎは×。音も出なくなり、回転も悪くなる。)。ぜひいろいろな曲げ方をお試しいただきたい。
元に戻る